Facebookグループで「強いコミュニティ」構築|2018年は熱いフェイスブックグループに

Facebookグループで「強いコミュニティ」構築|2018年は熱いフェイスブックグループに

今回は、ますます利便性が向上するであろうという「Facebook(フェイスブック)グループ」について取り上げました。これから価値が高くなるかもしれない最高のコミュニティ作りを、「Facebookグループ」で構築する方法をご紹介いたしますね。繋がるコミュニティづくりとして、高い評価も得られているFacebookグループを活用できればニッチなコンテンツになる可能性があるかもしれません。
「おじさんLINE」と「Facebookおじさん」の特徴|若者が探す“おじさんのいないSNS”

「おじさんLINE」と「Facebookおじさん」の特徴|若者が探す“おじさんのいないSNS”

そもそも、SNSは若者のものだったといいますが、ソーシャルメディアの拡大には年齢層の拡大は必要なこと。しかし、女子高生や若い女子は、「おじさんLINE」ごっこで遊び、「Facebookおじさん」に違和感をもっており、おじさんのいないSNSはどこか探して移動をしています。キモイといわれる〇〇おじさんとは、どんな特徴があるのでしょうか。「おじさんLINE」「Facebookおじさん」を取り上げてみました。
Facebook(フェイスブック)ニュースフィードに流れる情報ルール|広告動画アルゴリズムの最新

Facebook(フェイスブック)ニュースフィードに流れる情報ルール|広告動画アルゴリズムの最新

毎日情報が流れてくるFacebook。でも、フェイスブックのニュースフィードで表示される基準をご存じでしょうか。「いいね」の数か、シェアの数なのか。そんな単純ではないようなのです。今や個人でも動画広告が主流になってきていますが、ここでも重要視される基準はにているようです。あなたが普段見ているFacebookのアルゴリズム最新情報をご紹介します。逆に自分が発信する側から見ても役にたつかもしれませんよ。
SNSで多くが発信「オレ超多忙」自慢の心理|忙しいこそがステータスシンボル

SNSで多くが発信「オレ超多忙」自慢の心理|忙しいこそがステータスシンボル

豊かな富を持つ人は、あくせく働かなくてもいい「暇」が昔のステータスでした。しかし、最近は「忙しさ盛り」という、メガ級の多忙さをアピールすることが自慢だといいます。研究結果からも、忙しさこそが現代における「ステータスシンボル」なのだそう。そして、メガ盛りする年代層もあるようです。SNSでも多く発信される「オレは超多忙」の自慢。いったいそれは“なぜ”でしょうか。
Facebook(フェイスブック)が急成長した秘訣|世界をよりオープンにつなげるミッション

Facebook(フェイスブック)が急成長した秘訣|世界をよりオープンにつなげるミッション

Facebookは「2017年6月末時価総額が約4380億ドル」ユーザー数「20億人超」という最大のSNS。この急成長を本当に支えたものは何でしょうか。それは、フェイスブックCEOザッカーバーグ氏自身のミッションである「世界をよりオープンにつなげる」こと。今、「ミッション」という意識を持つ人が少なくなっている時代だといいます。あなたの会社、あなたは、ミッションについて改めて何を感じるでしょうか。
やってはいけないビジネスマン“心得”SNSタブー|出張先「ランチなう!」で情報漏洩

やってはいけないビジネスマン“心得”SNSタブー|出張先「ランチなう!」で情報漏洩

ランチなう、飯テロ、なにげにSNSへアップしている食べ物の写真。みんな投稿していますが、それはなかなか「危険」な投稿だということを知っているでしょうか。その料理で「どの土地にいるのか」さえわかってしまうこともあります。ビジネスマンなら、会社の機密情報だって推測されることもできてしまいます。間違って何かが入り込んでしまい問題になったことがあるのです。あなたは、情報を垂れ流ししていませんか?
2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

無くてはならない日々チェックが日課でもあるSNS。ソーシャルメディアは右肩上がりの状況ですね。そして変化もはやく、あっという間に使用もユーザー層も移動しています。最新2017年5月更新のSNS業界が今どのようになっているのかをご紹介します。今回は、Facebook、Twitter、Instagram、LINEを選んでみました。どのくらいのユーザー数なのかを含めてお届けいたします。
世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

米Facebookが、先日発表した利用者数「世界人口の4人に1人」が利用!まさにマンモスクラスになっているのがわかります。どこから来た数字なのかは2017年1月から3月期決算による算出で、月間利用者数19億3600万人と、20億人目前まで迫っている増加です。他の主力SNSと比較しても、Facebookがマウントをとっているとしか言えない増加です。この力なにが利用と売上をあげているのでしょうか。
Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebook(フェイスブック)は、ブランディングツールとして多くの人が利用していますね。そして、やっぱり気になる「シェア」の獲得方法。最近シェアの多い〇〇診断コンテンツは、なぜ多くシェアされるのでしょうか?また、ある投稿の中には、驚く数字で再生されている動画もあります。Facebookで「1万シェア」数以上獲得した事例も、あわせてご紹介します。
フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

最近の話題では、テレビ業界がもう「停滞」しているように思えているかもしれません。しかし、ソーシャルが模倣を試みるほど、市場は十分な"利益”が出ているといいます。コマーシャルを見ていても、大手企業の広告がよく目にはいります。まだ広告出稿は、TVが中心な様子。それは、どこも欲しい枠ですね。Facebook(フェイスブック)では、動画の提供を拡大し、テレビ広告用の予算を呼び込もうとしています。ここの手段を行う前にすべきことは「視聴する時間」だと指摘。詳しくは本文でご紹介いたします。
ビジネスツールとしてのTwitter Facebookに代わる新しい営業方法として私たちはどう活用すればいいのか?

ビジネスツールとしてのTwitter Facebookに代わる新しい営業方法として私たちはどう活用すればいいのか?

プライベートでよく使われるTwitter。なにげない一言をインターネットに呟く「ツイート機能」が便利で多くの人が使っているSNSです。日記や友達との連絡に便利なTwitterですが、ビジネスツールとして見ても便利な存在です。どんな活用方法があるのでしょうか?
鈴木康平 | 115 view
11 件