今後5.10年で「生まれる」仕事|ITの進化AIが登場しても必要な職業“コグニザント”が報告

今後5.10年で「生まれる」仕事|ITの進化AIが登場しても必要な職業“コグニザント”が報告

2014年オックスフォード大学が認定として発表した「あと10年で、消える職業・なくなる仕事」というタイトルは人々の関心を集めました。テクノロジーの進化はAIの登場でますますクローズアップされています。今回、消える職業を考えるのではなく、「生まれる職業」に着目してみました。人生をどう生きるのかは、個人差がますますひろがるものと思われます。10年先のあなたは、何をしている予定でしょうか。
AI時代「食いっぷち」のある人|6割以上の仕事が存在危機

AI時代「食いっぷち」のある人|6割以上の仕事が存在危機

5年後か10年後か20年後か、いずれAIとの共存で、仕事の65%は存在しないものになると言われています。では、AI時代でも、生き抜ける「人」はどんな人なのでしょうか。「AIで無くなる仕事があるのではなく、人が受け持つ割合が変化」するのが、本当の意味だといいます。機械が苦手な4つはどんなことなのでしょうか。
ホリエモンこと堀江貴文氏の一言「嫌な仕事はやらなければいい」|ホリエモンチャンネル働き方改革

ホリエモンこと堀江貴文氏の一言「嫌な仕事はやらなければいい」|ホリエモンチャンネル働き方改革

おなじみの、ホリエモンこと堀江貴文氏の、人気YouTube番組「ホリエモンチャンネル」。今回は【堀江貴文のQ&A「働き方変革!!」〜vol.785〜】から。今回登場する質問内容に、ホリエモンの優しい一言「嫌な仕事はやらなければいい」と発言。「言葉の力」と、そこに生まれる改革は、今後ロボットとともに歩くようになる人間社会の図式になるかもしれません。
ヒトから職を奪うなら「ロボットに所得税」賛成と反対|ビル・ゲイツ氏支持“ロボット税”

ヒトから職を奪うなら「ロボットに所得税」賛成と反対|ビル・ゲイツ氏支持“ロボット税”

「ロボットが人間から職を奪うのであれば、ロボットにも所得税を払わせるべき」という理論が持ち上がり、ロボット税について対立しています。企業は猛反対していますが、ビル・ゲイツ氏やノーベル賞受賞経済学者でもあるイェール大学のロバート・シラー教授は支持。分かれるその理由は?ゲイツ氏が述べるロボット税の使い道は?
4 件