“平成最後”の漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」決勝進出者、発表!あなたの予想は?

“平成最後”の漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」決勝進出者、発表!あなたの予想は?

“平成最後”の漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」決勝進出者が、ついに発表されました!今年は”9組”が決勝に出場。そして、敗者復活戦を勝ち抜いた1組を加えて、10組で争われます。毎年ごとに挑戦者の数は増え、今大会には4640組がエントリー。視聴者からの注目度の高さがうかがえます。本日の準決勝には、26組が出場していました。見事、決勝戦の出場を獲得した9組の喜びのコメントもまとめていきます
空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

”歯に衣着せぬ”率直な物言いが、何かと話題の社会学者の古市憲寿。メディアやSNSなどで、度々”炎上”騒ぎを起こしていますが、本人は、いつも変わらぬ姿勢を貫いています。バラエティ番組では、密着取材が組まれ、幅広すぎる交友関係や、嫌いな人への持論も紹介され、注目を集めました。一見”ドライすぎる”ようにも見える発言に対し、視聴者からの”共感の声”が集まる理由とは?“炎上履歴”を振り返りながら読み解きます
有吉も絶賛!お笑い芸人・ごみ清掃員の著書が大反響”生活の縮図”ゴミから見える日本社会とは?

有吉も絶賛!お笑い芸人・ごみ清掃員の著書が大反響”生活の縮図”ゴミから見える日本社会とは?

ごみ清掃員と二足のわらじを履いているお笑い芸人「マシンガンズ」の滝沢秀一の著書「このゴミは収集できません」が、発売開始後、すぐに重版となるほどの大反響と話題です。清掃員の仕事を通して、感じたこと・分かったことなどを、著者は、まずSNSで配信し、多くのフォロワーを獲得。また、業界人からの評価も高く、有吉弘行がツイッターで絶賛したことから、ネット上でも話題に。滝沢が語る“ゴミから見える日本社会”とは?
「ENGEIグランドスラム」で発表された“売れてないけど本当は面白い芸人”ランキングに反響

「ENGEIグランドスラム」で発表された“売れてないけど本当は面白い芸人”ランキングに反響

9月30日「ENGEIグランドスラムLIVE」が生放送され、お笑い芸人1000人アンケートによる「本当に面白いと思う芸人ベスト10」が発表されネットで反響を呼んでいます。2015年から始まった同番組は「M-1グランプリ」や「キングオブコント」など名だたるお笑いの賞レースの優勝者や決勝進出者が集結。まるで本物の劇場でネタを見ているかのようなライブ感を作り出す同番組。今回、生放送に踏み切ったワケとは?
島田紳助が絶賛する“西の女帝”上沼恵美子が語る「M-1グランプリ」の舞台裏と”あの涙”の真相

島田紳助が絶賛する“西の女帝”上沼恵美子が語る「M-1グランプリ」の舞台裏と”あの涙”の真相

今年「M-1グランプリ 2017」の決勝で、結成15年のコンビ「とろサーモン」が優勝しました。実は毎回、審査員の”評価”も話題となっています。その中でも絶妙な辛口コメントを飛ばしていた“西の女帝”と呼ばれる上沼恵美子。翌日、自身のラジオ番組で「昨日は何回か行かしてもらった中で、一番上手な採点をした。自信がある。」と振り返りました。島田紳助が常々絶賛しているという彼女の採点ポイントをきいてみましょう
チュートリアル解散危機の過去。「コンビ内格差」の告白に応援の声

チュートリアル解散危機の過去。「コンビ内格差」の告白に応援の声

21日に放送された「八方・陣内・方正の黄金列伝」に、お笑コンビ「チュートリアル」がゲスト出演して語ったエピソードが話題になっています。番組では福田さんが、2006年にM-1で優勝してテレビの仕事が増えた頃に抱えていた悩みが語られました。福田さんは、漫才では自分がツッコミを担当しているものの、ピンでの仕事が増えた徳井さんに対して、自分の不甲斐なさから「置いて行かれる」と感じていたことも明かしました
M-1グランプリに出場?!菅田将暉と桐谷健太がW主演で芸人へ|又吉直樹『火花』映画化に期待の声!監督は板尾創路

M-1グランプリに出場?!菅田将暉と桐谷健太がW主演で芸人へ|又吉直樹『火花』映画化に期待の声!監督は板尾創路

お笑い芸人・ピースの又吉直樹さんによる小説『火花』が映画化されることが14日、明らかになりました。 11月から全国東宝系で公開されます。『第153回芥川龍之介賞』を受賞した『火花』は、夢を抱きながらも漫才の世界でくすぶっている青年・徳永と、強い信念を持った天才肌の先輩芸人・神谷が出会い、壁にぶつかりながらも自分の道を歩もうとする様を描いた青春物語。監督に板尾創路さん。キャストに菅田将暉さんと桐谷健太さんがW主演で芸人役と早くも話題となっています。
「中川家」赤ちゃんとお父さんへの”神対応”と賞賛の嵐|兄弟コンビの生い立ちと笑いの原点を辿る

「中川家」赤ちゃんとお父さんへの”神対応”と賞賛の嵐|兄弟コンビの生い立ちと笑いの原点を辿る

お笑いコンビ「中川家」のライブでの対応がSNSで称賛されています。 「赤ちゃんは泣くのが仕事」 舞台でみせた神対応が賞賛の嵐となり話題になっています。 2人は、「第10回ベスト・プラウド・ファーザー賞in関西」にて受賞されたこともありました。プライベートでも良きパパ達なのでしょうね! そんな魅力たっぷりの中川家の生い立ちと「貧乏から笑いに」変えてしまう秘訣を探ってみましょう。
8 件