「くまのパディントン」マイケル・ボンドさん死去 売れ残りのぬいぐるみとの出会いから生まれた物語

「くまのパディントン」マイケル・ボンドさん死去 売れ残りのぬいぐるみとの出会いから生まれた物語

英児童文学「くまのパディントン」生みの親、マイケル・ボンドさんが先月27日、91歳で亡くなりました。同作は、彼が妻にプレゼントした、くまのぬいぐるみとの出会いによって生まれた物語。イギリスの作品らしいパディントンの紳士的な態度やその周りで起こる騒動が魅力の作品。世界中の子どもだけではなく大人のファンからも愛され続けてきました。テレビアニメ化や実写映画化もされ、来年は実写映画2作めが公開予定でした
海老蔵、涙こらえ千秋楽 妻との最後のお別れ。2人に愛を注ぐと誓う

海老蔵、涙こらえ千秋楽 妻との最後のお別れ。2人に愛を注ぐと誓う

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが25日、自主公演の千秋楽を迎えました。上演期間中の22日夜に乳がん闘病中だった妻・小林麻央さんが亡くなりましたが、海老蔵さんは翌日、緊急記者会見を開き、自らの口で妻の訃報を知らせました。最愛の妻を亡くしても休演することなく務めた千秋楽。舞台を懸命に務めることを誰よりも望んだのが麻央さんでした。その期待に応えて奮起し「改めてすごい妻を天から授かった」と思いをはせました
2 件