伊藤淳史 “脳内スマホ人間”に? 木曜ドラマ主題歌に、三浦大知の新曲が決定

伊藤淳史 “脳内スマホ人間”に? 木曜ドラマ主題歌に、三浦大知の新曲が決定

本日7月6日にスタートの「脳にスマホが埋められた!」は、森ハヤシが脚本を手がける1話完結型の“SFヒューマンドラマ”。企画を務めた鈴木おさむは「現実では電車でみんなスマホをいじってるのに、ドラマの電車のシーンだと誰も持ってない」という光景を目にしたことから、着想を思いついたそうです。また「内容で勝負しているのおすすめ」とPRしました。また主題歌には、三浦大知の新曲「U」が決定するなど話題に上がっています
人を愛しすぎる姿がクセになるドラマ「奪い愛、冬」ラスボス?倉科カナの“不敵な笑み”が最高視聴率! 続編望む声も

人を愛しすぎる姿がクセになるドラマ「奪い愛、冬」ラスボス?倉科カナの“不敵な笑み”が最高視聴率! 続編望む声も

倉科カナが主演するドロドロの恋愛ドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系列、毎週金曜23:15〜 ※一部地域を除く)が、ついに、3月3日に最終回を迎えました。カオスな争いに「ツッコミが追いつかない・・!」とネット上をざわつかせるなど、早くから話題に上りました。そんな、”ドロキュン”(ドロドロした恋愛)という新語を生み出した?ドラマ「奪い愛、冬」を振り返ってみましょう!
つるの剛士さん、育休宣言に「もうねえな。帰ってくる場所」でも実は「イクメン」嫌い|家庭と職場の板挟みになり「イクメンブルー」

つるの剛士さん、育休宣言に「もうねえな。帰ってくる場所」でも実は「イクメン」嫌い|家庭と職場の板挟みになり「イクメンブルー」

2度目の育児休暇ならぬ「家族休暇」を取得した、つるの剛士さん。「イクメン」という言葉が世の中に広まるにつれ、世の中の風潮として「イクメンにならなければならない」とプレッシャーを感じ、苦しむ男性もいるようです。 さらに近頃では「イクメンブルー」という現象まで起きている、とのことです。しかし、つるのさんは「『スーパー親』なんてあり得ない」と断言しています。つるのさんの育児から家族の絆と深めるためのヒントを考察してみましょう!
3 件