大阪で震度6弱の地震・・引き続き警戒体制を|阪神大震災から学ぶ気を付けたい「通電火災」

大阪で震度6弱の地震・・引き続き警戒体制を|阪神大震災から学ぶ気を付けたい「通電火災」

18日朝に起きた大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震により、関西の鉄道各線は、安全点検などのため軒並み運行を停止するなど、鉄道ダイヤに大きな乱れが出ました。1995年に発生した阪神淡路大震災。原因が特定された建物火災の約6割が「通電火災」と呼ばれるものだったといわれます。なお、東日本大震災でも火災の過半数が「電気関係の火災」でした。今後、地震の被害による火災を防ぐためにできることは何でしょうか
1 件