砂川啓介さん、認知症の妻を残して旅立つ|ひとりになった「ドラえもん」大山のぶ代さんは今

砂川啓介さん、認知症の妻を残して旅立つ|ひとりになった「ドラえもん」大山のぶ代さんは今

俳優の砂川啓介さんが7月11日、尿管がんのため死去しました。砂川さんは「ドラえもん」の声優だった大山のぶ代さんの夫で、2015年には大山さんが認知症であることを公表、介護をしていました。2人はおしどり夫婦として知られており、大山さんが認知症を患ってからは「娘のようになった」と愛し「君より先には死ねない」と介護を続けてきました。今、大山さんはどうしているのでしょうか。また現在の老老介護の現状について考えてみましょう
1 件