「第61回グラミー賞」授賞式開催!日本人クリエーター作”アメリカ社会の風刺”MVが最優秀獲得

「第61回グラミー賞」授賞式開催!日本人クリエーター作”アメリカ社会の風刺”MVが最優秀獲得

「第61回グラミー賞」が、2月11日(日本時間)に開催されました。今回、最多受賞となったのは4部門で受賞したチャイルディッシュ・ガンビーノと、ケイシー・マスグレイヴス。次いで3部門で受賞したのは、レディー・ガガとブランディ・カーライル。また、最優秀新人賞を受賞したのはデュア・リパ。日本で特に話題となったのが、東京都出身のヒロ・ムライの最優秀MV部門。彼がMVを監督したガンビーノの楽曲への思いとは?
開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

世界最高峰!音楽の祭典「グラミー賞」が間近に迫っています。第61回(2019年)となる今回の授賞式は、2月10日、日本時間11日に開催。近年のアメリカで重要視されているのが“Diversity(多様性)”というテーマ。グラミー賞にも大きな影響を及ぼし、今回は幾つかの変更点が生じています。グラミー賞主要4部門を中心に、今最も注目アーティストや楽曲などをチェックして、来る授賞式を楽しみにしていましょう
ミレニアルズ世代の“新星美女歌姫”デュア・リパ来日!ブルゾンちえみの“完コピ”MVを称賛

ミレニアルズ世代の“新星美女歌姫”デュア・リパ来日!ブルゾンちえみの“完コピ”MVを称賛

単独ライブのため来日している「ミレニアルズ世代」の“新星美女歌姫”デュア・リパ。8日放送の「スッキリ」に出演し、自身のヒット曲「New Rules」を生披露しました。さらに、ブルゾンちえみ率いるユニット「Royal Flush」が完コピしたMVについても言及!カルヴィン・ハリスとコラボをしたり、ボーダレスな価値観を支持する姿勢は、まさに現代のポップ・アイコン。そんな彼女の魅力に迫ってみます
3 件