梅雨のシーズン「絶対に盗まれない傘」がTwitterで話題!ユーモアあふれるアイデアは必見

梅雨のシーズン「絶対に盗まれない傘」がTwitterで話題!ユーモアあふれるアイデアは必見

これから梅雨のシーズンに入るので、傘を持ち歩く機会が多くなるかと思います。雨の日、職場やお店の傘立てから自分の傘を取ろうとしたら、なかった!・・・そんな苦い経験をしたことのある人もいるのではないでしょうか。実は、盗難だけではなく、画一的なデザインのビニール傘などのために取り違いも起こっている現状のよう。そんな心配を吹き飛ばす、画期的なアイディアがTwitterで話題に!ぜひ参考にしてみてくださいね
芸能人に広がる「ヘアドネーション」ブームとは?世界一髪の毛が長い女子高生の決意に感謝

芸能人に広がる「ヘアドネーション」ブームとは?世界一髪の毛が長い女子高生の決意に感謝

モデルでタレントのダレノガレ明美がツイッターを更新し世界一髪の毛の長い10代としてギネス世界記録に認定された女子高生が、彼女のツイートをきっかけに「ヘアドネーション」に髪の毛を寄付することを決意したことを知り、喜びの言葉を表しました。ヘアドネーションとは?認知度はまだ低く、需要と供給のバランスが取れていない現状のようですが、実は、積極的にヘアドネーションに参加している女性芸能人は意外に多いようです
HKT48指原莉乃が受けた「ICL」視力矯正手術って?レーシックとの違いや注意呼びかける声も

HKT48指原莉乃が受けた「ICL」視力矯正手術って?レーシックとの違いや注意呼びかける声も

アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃さんが3月7日、小さなレンズを眼の中に入れて視力を矯正する「ICL」手術を受けたことを、Twitterで報告しました。近視・遠視・乱視までをも矯正する治療法といわれている「ICL」(眼内コンタクトレンズ)。実は、「レーシック」に代わる新しい治療法として近年、注目されているようです。そんな「ICL」のメリット・デメリットについて、専門家の意見を聞いてみましょう
「私は醜い」とつぶやく6歳の娘へ歌手ピンクが贈った”VMAスピーチ”に称賛

「私は醜い」とつぶやく6歳の娘へ歌手ピンクが贈った”VMAスピーチ”に称賛

今年もMTV「ビデオ・ミュージック・アワード」が開催。最近のアワードは、印象的なスピーチにも注目が集っています。ツィッターをチェックしてみると、今回の主役は、米歌手のP!nk(ピンク)のスピーチが話題となっていました。彼女は「ヴァンガード賞」を受賞し、家族とともに来場。今や2児のママでもありますが「私は醜い」とつぶやいた娘に贈った言葉を受賞スピーチで明かし、自身を愛することの大切さを伝えてくれました
真木よう子がスポーツ紙に抗議!ひそかに削除されていた?“過激ツイート”の内容とは

真木よう子がスポーツ紙に抗議!ひそかに削除されていた?“過激ツイート”の内容とは

女優の真木よう子が20日、東スポWebに掲載された記事に対してツィッター上で苦言を呈しました。現在、主演を務めるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が打ち切りになるばかりか、女優廃業の危機を迎える可能性が高いと報道されたといいます。実は同ドラマは、今月17日に平均視聴率がワースト記録を更新。ですがピンチの原因は、この低視聴率ではなく彼女のTwitterでの発言というので事態はより深刻に・・・
宇多田ヒカルの新曲「大空で抱きしめて」特設サイトに”投稿”したらレイアウトが変化?

宇多田ヒカルの新曲「大空で抱きしめて」特設サイトに”投稿”したらレイアウトが変化?

今月10日に配信開始の宇多田ヒカルの楽曲「大空で抱きしめて」の特設サイトがオープンしました。これは、彼女の新曲歌詞に対するファンの反応が楽めるもの。サイト上からTwitterに感想が投稿でき、その反応がリアルタイムで可視化されます。ファンがどの歌詞に反応したかによりサイト上のデザインレイアウトが変化するユニークな仕組み。また同曲はサントリー天然水のテレビCMソングとして使用され注目を集めています
山寺宏一「彼氏とデートなう。」に使っていいよ。SNSに大反響!

山寺宏一「彼氏とデートなう。」に使っていいよ。SNSに大反響!

TwitterなどSNS上で度々「彼氏感」というキーワードが拡散されています。主に若手のイケメン俳優の写真とともに、女性ファンたちが「彼氏感がすごい」などとつぶやき、彼女になったことを妄想して楽しむというもの。そんな“彼氏感”ブームに乗じ、声優・山寺宏一さんも一枚のショットを投稿したところ、投稿3時間で7万リツイートを超え、さらにTwitterのトレンド入りするなど大きな話題となっています
茂木健一郎、あの”炎上騒動”を大反省!「オワコン」発言を解説

茂木健一郎、あの”炎上騒動”を大反省!「オワコン」発言を解説

脳科学者の茂木健一郎氏は今年3月、ツイッターで「日本のお笑い界は本当に終わっている」と発言し、ネットでは批判で大炎上しました。番組「しくじり先生」に出演し「妙な正義感を振りかざす面倒くさいヤツだった」と反省。お笑いの多様性を認め「日本には日本のお笑いの文化がある」と振り返りました。また、この「オワコン発言」後、お笑い界の大御所・西川きよしさんから直接電話がかかってきたことを告白する一幕もありました
8 件