平成最後の「名付けランキング」最近は脱”キラキラ”?芸能人に好まれる”シワシワネーム”とは?

平成最後の「名付けランキング」最近は脱”キラキラ”?芸能人に好まれる”シワシワネーム”とは?

時代によって変遷していく赤ちゃんの名付け。”平成最後”となる、2018年に生まれた子供の名前をまとめた「生まれ年別の名前調査」の結果を企業が発表しました。そのランキングから分かったことをまとめます。実は、”世間の声”も赤ちゃんの名付けに大きく影響しているようですが、ほかにも、名付けには”世相”が反映されていることも調査で分かりました。名付ける親の”思い入れ”も大事ですが、結局、もっと大事なことは?
林修先生、キラキラネームと学力の低さは「相関性がある」と持論「命名」で最も大切なのは?

林修先生、キラキラネームと学力の低さは「相関性がある」と持論「命名」で最も大切なのは?

予備校講師でタレントの林修氏が、24日放送の「林先生が驚く初耳学」に出演。林氏は、キラキラネームに関して「ひとつ強く言っておきたいのは、子供には全く責任はない」と断ったうえで”キラキラネーム”と学力には「ある程度の相関性がある」との持論を展開。また「特定できない名前を付けることが、固有名詞の在り方に則しているのか?」とも。「個性的・誰ともかぶってない」に固執しない”個性重視”の命名を覆す考えとは?
2 件