なぜ「社畜」が主人公の漫画がサラリーマンの心を捉えているのか?出世物語ではなくブラック企業の人間がより身近な新しいヒーローなのか?

なぜ「社畜」が主人公の漫画がサラリーマンの心を捉えているのか?出世物語ではなくブラック企業の人間がより身近な新しいヒーローなのか?

サラリーマンたちが読むビジネスマンが主人公の漫画に異変が起きています。「課長島耕作」のように才能や度胸を持ち、出生街道を駆け上がる主人公ではなく、ブラック企業に勤める社畜がビジネス漫画の主人公で人気を集めています。
鈴木康平 | 334 view
稼げる人“3つの考え方”お金は自分そのもの|漫画家の三田紀房氏「儲けたいと思わないかぎり、一生儲からない」

稼げる人“3つの考え方”お金は自分そのもの|漫画家の三田紀房氏「儲けたいと思わないかぎり、一生儲からない」

『インベスターZ』『エンゼルバンク』『砂の栄冠』など、“お金”がカギとなる漫画を手掛けている三田紀房氏。彼いわく「儲けたいと思わないかぎり一生無理」だと語ります。そして、稼ぐ・儲ける・収入アップ、これらを全部含めて、必要なあることが見えてきました。「お金とは自分そのもの」であり、通帳残高が自分の価値?必要な考え方3つを探ってみました。あなたのその考え方は貧乏人になりませんか?
SOCIALZINEの志水 | 596 view
2 件