史上最年少棋士の藤井聡太四段を分解|ずばぬけた勝負への執着で前に進む

史上最年少棋士の藤井聡太四段を分解|ずばぬけた勝負への執着で前に進む

史上最年少棋士で中学生プロ棋士の藤井聡太四段(14歳)が2日、デビュー以来の初めて黒星を喫し、連勝29でストップしました。「完敗でした」と報道陣へ答える姿は、年齢を感じない。この大物天才は、どう育ったのでしょう。藤井聡太四段が天才と呼ばれるまでの取材には、「新幹線で号泣した日」が記されていました。“負けてからが勝負”物事に限らず誰もが可能なのか、彼の「ずばぬけた勝負への執着」をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 195 view
1 件