Facebook(フェイスブック)ニュースフィードに流れる情報ルール|広告動画アルゴリズムの最新

Facebook(フェイスブック)ニュースフィードに流れる情報ルール|広告動画アルゴリズムの最新

毎日情報が流れてくるFacebook。でも、フェイスブックのニュースフィードで表示される基準をご存じでしょうか。「いいね」の数か、シェアの数なのか。そんな単純ではないようなのです。今や個人でも動画広告が主流になってきていますが、ここでも重要視される基準はにているようです。あなたが普段見ているFacebookのアルゴリズム最新情報をご紹介します。逆に自分が発信する側から見ても役にたつかもしれませんよ。
YouTuber(ユーチューバー)の収入大暴落|それでも“好きなことで”生きていく

YouTuber(ユーチューバー)の収入大暴落|それでも“好きなことで”生きていく

2016年12月には、フォーブスでも第2回目の「世界で最も稼ぐユーチューバー(YouTube Stars)」と題したランキングまで発表していました。世界のトップたちは、1年間の収入額がおよぞ7,050万ドル(約80億円)だったといいます。今や、子どもたちのなりたい職業にまであらわれるYouTuberですが、事情が激変しており「大暴落」している様子。最新の状況をご紹介します。
Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebook(フェイスブック)は、ブランディングツールとして多くの人が利用していますね。そして、やっぱり気になる「シェア」の獲得方法。最近シェアの多い〇〇診断コンテンツは、なぜ多くシェアされるのでしょうか?また、ある投稿の中には、驚く数字で再生されている動画もあります。Facebookで「1万シェア」数以上獲得した事例も、あわせてご紹介します。
Instagram(インスタグラム)がSNS必須ツール|マーケター60%「ビジュアルコンテンツ」が重要

Instagram(インスタグラム)がSNS必須ツール|マーケター60%「ビジュアルコンテンツ」が重要

SNSで真っ先に思い出すのは何色のアプリでしょうか。2017年は、ますますビジュアルコンテンツの年になると伝えられています。ビジュアルコンテンツと言えば、堂々と名乗りをあげるのは、おそらくInstagram(インスタグラム)でしょうか。画像、動画、視覚に訴えるビジュアルコンテンツは、マーケターの60%が今年のマーケティングにおいて重要だと答えているそうです。企業はInstagram(インスタグラム)の導入は必須だというその理由もご紹介します。
フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

最近の話題では、テレビ業界がもう「停滞」しているように思えているかもしれません。しかし、ソーシャルが模倣を試みるほど、市場は十分な"利益”が出ているといいます。コマーシャルを見ていても、大手企業の広告がよく目にはいります。まだ広告出稿は、TVが中心な様子。それは、どこも欲しい枠ですね。Facebook(フェイスブック)では、動画の提供を拡大し、テレビ広告用の予算を呼び込もうとしています。ここの手段を行う前にすべきことは「視聴する時間」だと指摘。詳しくは本文でご紹介いたします。
5 件