ビジネスマンの器量がメールに露出「短く分かりやすい」書き方|気のきいたメール術

ビジネスマンの器量がメールに露出「短く分かりやすい」書き方|気のきいたメール術

仕事でもSNSやチャットを使うことが増えましたが、資料添付やお客様とのやりとりは、まだまだメール連絡が必要です。しかし、このメールが「くせ者」で、短ければ言葉不足で誤解を招き、長すぎれば何を言いたいのか伝わらない。ではどうしたら、メールを究極にわかりやすく、そして相手に失礼がないよう書けるのでしょうか。『気のきいた短いメールが書ける本』(中川路亜紀著)から、簡単なポイントをご紹介いたします。
仕事のデキる人「欠かさない習慣」|評価されるための何気ない極意

仕事のデキる人「欠かさない習慣」|評価されるための何気ない極意

不思議なもので、同じ仕事をしているはずなのに、出世の早い人や評価の高い人がいます。本当に「同じこと」をしているのでしょうか。何気ない欠かさない習慣があり、早くに評価をうける言動があるといいます。それは、自ら行える簡単なちょっとしたことと、キーマンとの距離感なのです。たった「それだけ」を行えばいいという、知らないと損する習慣をご紹介します。
仕事のできる人の必要条件「うまくに逃げる」」|人の仕事をしていませんか

仕事のできる人の必要条件「うまくに逃げる」」|人の仕事をしていませんか

もし、今「その仕事から逃げて」と、言われたとき、率直にどんな感想を持つでしょうか。「ズルい」とか「罪悪感がある」、「きたない」など、様々な感情が沸き上がってきますね。知らず知らずのうちに、頑張りすぎていたり、気が付けば人の分まで行い「自分がしなければならないこと」がわからなくなっていることもありますね。どんな人でも容量が決まっているはずですが、できる人は「適度」に逃げて、本来自分がすべき仕事を行っているのです。あなたは、人の分まで仕事を背負っていませんか・今時の時代、気が付けば人の分まで行っていないでしょうか。
3 件