神勝率9割のプロギャンブラーのぶき氏の「夢や仕事で成功」メソッド|マネーラインとプロライン

神勝率9割のプロギャンブラーのぶき氏の「夢や仕事で成功」メソッド|マネーラインとプロライン

神の領域と言われる勝率9割を達成した、さすらいのプロギャンブラー・のぶき氏が、人生を振りかえり成功へのメソッドを教えてくれました。仕事や夢で成功するために勝ち抜く大事な学びが、こめられています。夢や仕事で成功するためのコツ「マネーラインとプロライン」から「壁の超え方」まで。なかなか知ることができない人生の勝利者となれるコツを知ることができるのは、二度とないかもしれませんよ。
“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

誰が何と言おうとも「あなた」は悪くなく、相手が悪いと周囲が認めるようなことがあります。しかし、悔しいですが相手とバトルをしても、何も伝わらないことをご存じですね。相手の謝罪はなぜか無意味。「変えるべき点」を、わかってもらうのは簡単ではないのです。大事なことは、相手と「対話」をすること。もしも、あなたが優れたリーダーを目指すのであれば「対話力」が人を変えることを知っておくといいかもしれませんよ。
年収の高い人は「勉強」時間を確保|毎日30分確保と記憶の定着方法

年収の高い人は「勉強」時間を確保|毎日30分確保と記憶の定着方法

ビジネスパーソンはとにかく「時間」がありません。しかし、やるべきことだけをしていては、仕事のステップアップは望めません。社会人になると学ぶということ欲張りになる人と、全く手をださない人もいますが、実際に年収が高い人は、勉強する時間を確保しているという数字がでているのです。今回はこの大事な最低の貴重な30分を、どのようにとればいいのか。とった30分を最大限に記憶するとっておきの方法をご紹介します。
言ってはいけない「ヤバイ口癖」5つ|仕事ができない人・成功できない人の共通用語

言ってはいけない「ヤバイ口癖」5つ|仕事ができない人・成功できない人の共通用語

まったく気が付かないうちに「ヤバイ口癖」を言っていないでしょうか。仕事がデキない人、成功できない人は、わざわざ自分で「できない人」を作ってしまっています。「目標実現」の専門家として、オリンピック選手をはじめ経営者、7800人以上をサポートしてきた、メンタルコーチの大平信孝氏が、ヤバイ口癖5つを教えてくれました。
コミュニケーション能力の高い人が行う「意外」なこと|相手に合わせているのは1つ

コミュニケーション能力の高い人が行う「意外」なこと|相手に合わせているのは1つ

コミュニケーション力があると聞けば、真っ先に思いつくことは、どんなことがありますか?能力が高い方は、どこにいてもかわいがられますし、人から信頼を受け、人脈も広く、ビジネスの世界で目立つ存在であることが多いですね。何を隠そう、本当にコミュニケーション能力が高い方が一番相手に合わせていることは、ビックリするものなのです。
AI時代「食いっぷち」のある人|6割以上の仕事が存在危機

AI時代「食いっぷち」のある人|6割以上の仕事が存在危機

5年後か10年後か20年後か、いずれAIとの共存で、仕事の65%は存在しないものになると言われています。では、AI時代でも、生き抜ける「人」はどんな人なのでしょうか。「AIで無くなる仕事があるのではなく、人が受け持つ割合が変化」するのが、本当の意味だといいます。機械が苦手な4つはどんなことなのでしょうか。
「男に嫌われる男」と「女に嫌われる女」|男と女には、それぞれのルールがあった

「男に嫌われる男」と「女に嫌われる女」|男と女には、それぞれのルールがあった

特別な意味ではありませんが、「男に好かれる男」「女に好かれる女」は、どこにいても人気を集めるタイプでもあります。子供の世界でも、大人の社会にいても、嫌われるよりは好かれたほうが絶対得です。しかし、逆に必ず「嫌われてしまうタイプ」がいるのは、男と女の性によるルールがあったのです。性別で“どうしても嫌われる”特徴をご紹介します。
人生“後悔”する年代は「40代」|ターニングポイントを後悔しない方法

人生“後悔”する年代は「40代」|ターニングポイントを後悔しない方法

定年後のビジネスマンに聞くと、多くの人が人生のターニングポイントは40代だと答えるといいます。もっと強く言うなら、そこが人生の分岐点だと言えるのかもしれません。40代に隠された集中して起こりうるゾーンがあるのかもしれません。これから40代をむかえる方も、過ぎてしまって振り返るのも、今爆弾をかかえているかもしれないあなたにも、改めて読んで欲しいと強く願います。
仕事のデキる人「欠かさない習慣」|評価されるための何気ない極意

仕事のデキる人「欠かさない習慣」|評価されるための何気ない極意

不思議なもので、同じ仕事をしているはずなのに、出世の早い人や評価の高い人がいます。本当に「同じこと」をしているのでしょうか。何気ない欠かさない習慣があり、早くに評価をうける言動があるといいます。それは、自ら行える簡単なちょっとしたことと、キーマンとの距離感なのです。たった「それだけ」を行えばいいという、知らないと損する習慣をご紹介します。
クラウドソーシングで働き方が激変|人手不足補うネット“400万人”に迫る

クラウドソーシングで働き方が激変|人手不足補うネット“400万人”に迫る

働き方が変わってきていると言われていましたが、近年は目まぐるしく変化しているようです。いわゆる「クラウドソーシング」が分かりやすいでしょうか。インターネットで仕事をする人が“400万人”に迫る勢いだと日本経済新聞でも取り上げられています。たった3年で2.6倍ですので、どこでも苦悩している採用担当。大事な人手不足の助けになってきているようですよ。日本でも大きな成長であり、個々のライフスタイルが変化してきているようですね。
「エネルギーレベルに従う」効率と生産性を高める|空き時間で決めないスケジュール管理

「エネルギーレベルに従う」効率と生産性を高める|空き時間で決めないスケジュール管理

一般的に、スケージュールは、どう決めるでしょうか。「空き時間」でスケジュールを組み立てていくのが多いのではないでしょうか。しかし、それは生産性を上げるために最適な方法ではないといいます。一番良い組み立てかたは、「心+体」エネルギーレベルを時間に組み込んで決定する方法だとか。同じことをしているのに、なぜか今日は早く終わった経験はないでしょうか。それは個々に持つエネルギーレベルに従っているからのようですよ。
YouTuber(ユーチューバー)の収入大暴落|それでも“好きなことで”生きていく

YouTuber(ユーチューバー)の収入大暴落|それでも“好きなことで”生きていく

2016年12月には、フォーブスでも第2回目の「世界で最も稼ぐユーチューバー(YouTube Stars)」と題したランキングまで発表していました。世界のトップたちは、1年間の収入額がおよぞ7,050万ドル(約80億円)だったといいます。今や、子どもたちのなりたい職業にまであらわれるYouTuberですが、事情が激変しており「大暴落」している様子。最新の状況をご紹介します。
仕事のデキる人は、女性にモテる「いい男」の特徴|モテないより、モテたほうがいいに決まってる!

仕事のデキる人は、女性にモテる「いい男」の特徴|モテないより、モテたほうがいいに決まってる!

「どうしたらモテるのだろうか」永遠に不滅の話題なのかもしれません。仕事にモテモテの男性は仕事がデキる人で、しかも女性からもモテるといいます。特別イケメンでなくても、いえちょっと外見が悪くても「なぜかモテる」人もいるのはなぜ?モテる男の条件を取り上げてみましたが、日本男性が「不足」していることもあるそうですよ。いつだって「モテないより、モテたほうがいい」にきまってますからね。
オニツカタイガーの復活「アシックス倒産危機」を支えた男たち|尾山基氏学んだ「ふたりの父」

オニツカタイガーの復活「アシックス倒産危機」を支えた男たち|尾山基氏学んだ「ふたりの父」

中学1年生でジョン・F・ケネディのスピーチを丸暗記したというアシックス代表取締役会長兼社長CEO、尾山 基氏。彼が脳裏に受けたpragmaticとentrepreneurshipは、存在価値を示すごとに、わかったもう二人の立役者がいました。倒産危機から復活したアシックス(オニツカタイガー)は、尾山氏が学んだ「ふたりの父」の存在もあったのかもしれません。
仕事のできる人の必要条件「うまくに逃げる」」|人の仕事をしていませんか

仕事のできる人の必要条件「うまくに逃げる」」|人の仕事をしていませんか

もし、今「その仕事から逃げて」と、言われたとき、率直にどんな感想を持つでしょうか。「ズルい」とか「罪悪感がある」、「きたない」など、様々な感情が沸き上がってきますね。知らず知らずのうちに、頑張りすぎていたり、気が付けば人の分まで行い「自分がしなければならないこと」がわからなくなっていることもありますね。どんな人でも容量が決まっているはずですが、できる人は「適度」に逃げて、本来自分がすべき仕事を行っているのです。あなたは、人の分まで仕事を背負っていませんか・今時の時代、気が付けば人の分まで行っていないでしょうか。
83 件