ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ジョブスのようにイノベーションを起こし、ビジネスで成功するために必要なのは「疑う力」。疑う力は、リスクに備え、潤滑な対人関係、そして人生の大きなチャンスをつかむことができるそうです。しかし日本の教育では「正しく疑う能力」が育たないのです。これからでもできる「正しい疑う力」の身につけかたをご紹介します。西洋哲学の“エポケー”、そして広告業界の“ブレスト文化”がヒントになります。
SNSで多くが発信「オレ超多忙」自慢の心理|忙しいこそがステータスシンボル

SNSで多くが発信「オレ超多忙」自慢の心理|忙しいこそがステータスシンボル

豊かな富を持つ人は、あくせく働かなくてもいい「暇」が昔のステータスでした。しかし、最近は「忙しさ盛り」という、メガ級の多忙さをアピールすることが自慢だといいます。研究結果からも、忙しさこそが現代における「ステータスシンボル」なのだそう。そして、メガ盛りする年代層もあるようです。SNSでも多く発信される「オレは超多忙」の自慢。いったいそれは“なぜ”でしょうか。
本当の一流リーダーが必要な3つの心得|ビジネスマンの出世成功術は推薦される管理職

本当の一流リーダーが必要な3つの心得|ビジネスマンの出世成功術は推薦される管理職

リーダーというと、どんな人を思い出すでしょうか。会社の中、部署内の自分の上司でしょうか。中小企業であれば、社長や会長まで対象がのびるかもしれません。「経営者」で例えても、実際にできている人が少ないと記されています。あなたが、“自分の上”を超えるためにも、そして人から「推薦される」リーダーになるためにも、知っておいていい心得があります。今回は「経営者」だけに拘らない“リーダー”像をご紹介します。
そこまで考えてやるべきものなのか?女性社員への「差し入れ」のコツ

そこまで考えてやるべきものなのか?女性社員への「差し入れ」のコツ

女性社員との円滑なコミュニケーションや高い評価を得るためには、「差し入れ」をうまく活用するのが大事なんだそうです。ただ単に渡せば良い、という代物ではなく、チョイスや渡し方まで含めた活用方法とは、一体どういったものなのでしょうか。
山岡ソースケ | 33 view
あなたの強みは本物か「4つの質問」で売れる自分を見極める|18種類自分の強みを知る

あなたの強みは本物か「4つの質問」で売れる自分を見極める|18種類自分の強みを知る

老後も働かなければならない人が増えています。いくつまでも稼げる人は40代、50代の生き方や過ごし方が大事だとか。自分が必要な人間になるためには、あなたが「売れる人」として存在できるストレングスファインダーは何かです。またある4つの質問にYESと答えられるのか。政治でも言われ続けてきたストレングスファインダー「自分の強み」を見つける方法(診断)、あなたの強みの要は何かご紹介します。
Gmail便利機能「知らない使わないのは損」100%活用|今さら聞けないgmail“初心者むけ”

Gmail便利機能「知らない使わないのは損」100%活用|今さら聞けないgmail“初心者むけ”

ビジネスでもプライベートでもGmailをお使いの方は多いのではないでしょうか。gmailは豊富な機能がたくさんあり、実際に全部を使いこなせていないかもしれませんね。こんなのがあったら「ちょっと便利」で、しかも簡単に設定できてしまうGmailの機能をご紹介します。「今さら聞けないGmail活用|初心者むけ」前編です。スター機能他、面白いほど便利なGmailはあなたの作業を軽減してくれますよ。
昇進できる人「5つ」の特徴|あなたの“出世意欲”は満足していますか

昇進できる人「5つ」の特徴|あなたの“出世意欲”は満足していますか

あなたには「出世意欲」がありますか? と質問されて「ハイ」答える人が半数以上います。では、希望通り自己評価通り「昇格」している人はどのぐらいるのでしょうか。なぜだか、ビジネスの社会で成功してきた「昇進」できた人には共通とも言える特報がありました。9つの特徴から「5つ」に絞ってご紹介いたします。
人をイラッとさせる不快な3つの言葉|ビジネスでもライフでも禁句の口癖

人をイラッとさせる不快な3つの言葉|ビジネスでもライフでも禁句の口癖

心理学者の話によると、5人に1人はほぼ毎日“腹の立つ”ことがあると答えていたといいます。誰が見ても特別に嫌なことをするわけではなく、なぜか分からないけど「イラっ」とさせる人がいるのです。気が付かない間に、相手の空間に不快な空気がながれる「口癖」があるかもしれません。人をイラッとさせる用語を3つご紹介します。
ドイツ人がお手本「仕事を先延ばしするスキル」がいい|ビジネスの成功はコントロールと時間

ドイツ人がお手本「仕事を先延ばしするスキル」がいい|ビジネスの成功はコントロールと時間

多くは、仕事のできる人として「先延ばしにしない方法」が紹介されています。しかし、今回は真逆の「先延ばしにするスキル」が日本人には必要だというものです。お手本となるのはドイツ人。「時間厳守がすべてだ」という格言があるドイツは、時間には厳しい民族。しかし、そんな国が日本とは逆「キーワードは、コントロールと時間」。このスキルを実行できれば、ビジネスの成果を上げられるかもしれませんね。
転職希望や求職中じゃない人に“役立つ”求人情報|チェックすべき3つの理由

転職希望や求職中じゃない人に“役立つ”求人情報|チェックすべき3つの理由

求人情報と言えば、自分が仕事を探しているとき(転職を検討)に、チェックしてる方が多いのではないのでしょうか。主な目的は確かに「求人」ですが、実はここには“たっぷり”の情報が詰まっていることに気が付いていたでしょうか。自己啓発、自分チェック、世の流行りとこれからブレイクしそうなことなどが、みっちり感じることができてしまうオールマイティな情報誌なのです。「チェックすべき3つのワケ」を取り上げます。
あぐらを組まない“マインドフルネス”の方法|ビジネスパーソンが職場でできる瞑想術

あぐらを組まない“マインドフルネス”の方法|ビジネスパーソンが職場でできる瞑想術

あまりにも有名な瞑想「マインドフルネス」ですが、毎日実践している方は、どのぐらいいるのでしょう。「あぐらをかいて座り静かに20分、30分と刻む瞑想」だけが重要ではないようです。職場でも簡単にできる座禅をしないマインドフルネスもあったのです。睡眠・疲れ・イライラ・ストレスなどの解消。反対に脳のパフォーマンスを上げるといわれているマインドフルネスを日常に取り入れるチャンスかもしれませんよ。
ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

男も女も、「美意識が分からない人」は、仕事がデキない人だといいます。書籍『きれいでなければ稼げません』の著者:渡辺ゆきよ氏が説く“3つの美意識”は、「外見」「心」「所持品」。この中から「心」を抜粋し、してほしくない「脱落評価」に当てはまる悪い実例もご紹介します。ほんの少しの「微差」は、やがて数年で「大差」を生むそうですね。
仕事の基本ホウレンソウ「報告・連絡・相談」から交代|人材が育つ「かくれんぼう」

仕事の基本ホウレンソウ「報告・連絡・相談」から交代|人材が育つ「かくれんぼう」

あなたの会社では何が基本になっているでしょうか。社会人の基本と言われるホウレンソウ「報告・連絡・相談」は、もう必要ないかもしれないとの声も。ホウレンソウでは「人」が育たない場合も考えられるようです。今のスピードある企業にあわせて、今度は「かくれんぼう」が良いのではないかという意見もあります。ホウレンソウの基本と、かくれんぼうが良い場合の理由をご紹介いたします。
ビジネス運気も上がる「笑顔」がもたらす大効能|口角をアップし脳内物質を出そう

ビジネス運気も上がる「笑顔」がもたらす大効能|口角をアップし脳内物質を出そう

「幸福だから笑う」のではなく、「笑うから幸福」なのです。そうです、笑顔はできなくても笑顔の「フリ」をするだけで寿命が7歳も延びるという大効能が伝えられています。そして30歳より40歳と、年齢とともに笑顔が減っているというのを実感しているでしょうか。子どもは1日400回もの笑顔をみせる天才です。「ビジネス運気」も上がると言われるその大効果を得ない手はありませんね。
毎日50個のアイデアが生まれる「アイデアマラソン」ノート|具体的思考のトレーニング

毎日50個のアイデアが生まれる「アイデアマラソン」ノート|具体的思考のトレーニング

無数にアイデアが毎日飛び出したら、それだけでビジネスの社会で活躍できそうです。ここに、毎日たった15ー30分行う事からスタートしていけば、1日50個のアイデアも可能かもしれません。具体的思考のトレーニングと言われる「アイデアマラソン」は、樋口健夫博士が考案したオリジナル発想法。とにかく簡単に緩く始められそうですよ。
90 件