仕事の基本ホウレンソウ「報告・連絡・相談」から交代|人材が育つ「かくれんぼう」

仕事の基本ホウレンソウ「報告・連絡・相談」から交代|人材が育つ「かくれんぼう」

あなたの会社では何が基本になっているでしょうか。社会人の基本と言われるホウレンソウ「報告・連絡・相談」は、もう必要ないかもしれないとの声も。ホウレンソウでは「人」が育たない場合も考えられるようです。今のスピードある企業にあわせて、今度は「かくれんぼう」が良いのではないかという意見もあります。ホウレンソウの基本と、かくれんぼうが良い場合の理由をご紹介いたします。
ビジネス運気も上がる「笑顔」がもたらす大効能|口角をアップし脳内物質を出そう

ビジネス運気も上がる「笑顔」がもたらす大効能|口角をアップし脳内物質を出そう

「幸福だから笑う」のではなく、「笑うから幸福」なのです。そうです、笑顔はできなくても笑顔の「フリ」をするだけで寿命が7歳も延びるという大効能が伝えられています。そして30歳より40歳と、年齢とともに笑顔が減っているというのを実感しているでしょうか。子どもは1日400回もの笑顔をみせる天才です。「ビジネス運気」も上がると言われるその大効果を得ない手はありませんね。
毎日50個のアイデアが生まれる「アイデアマラソン」ノート|具体的思考のトレーニング

毎日50個のアイデアが生まれる「アイデアマラソン」ノート|具体的思考のトレーニング

無数にアイデアが毎日飛び出したら、それだけでビジネスの社会で活躍できそうです。ここに、毎日たった15ー30分行う事からスタートしていけば、1日50個のアイデアも可能かもしれません。具体的思考のトレーニングと言われる「アイデアマラソン」は、樋口健夫博士が考案したオリジナル発想法。とにかく簡単に緩く始められそうですよ。
仕事であなたの評価を格段に上げる「賢語」けんご|ビジネス上級者としての語彙力

仕事であなたの評価を格段に上げる「賢語」けんご|ビジネス上級者としての語彙力

日本語は難しいもので、日本人だからといって完璧に使える人はほとんどいないともいいます。その中で、こんな風に使えれば、ビジネスシーンにおいて上司や取引先にも、「こいつデキるな」と思われる言葉があります。それが「賢語」(けんご)だといいます。漢字の通り、賢く見えることは、印象をアップさせる大事なことですね。今すぐ使えるいくつかをご紹介いたします。
パソコン操作が“何倍”も早くなる|作業に疲れない簡単基本ショートカットキー

パソコン操作が“何倍”も早くなる|作業に疲れない簡単基本ショートカットキー

今さらですが、パソコンのショートカットキーを使いこなしているでしょうか。超!スピードがアップしますので、使わない手はありませんね。意外と使っていない方が多いようなので、簡単で頻繁に使う作業に適したショートカットキーから使ってみてはいかがでしょうか。デスクワークの時間短縮だけではなく、無駄な動きをしないので疲れ方もかわりますよ。
お金持ちになりたい人は“自制心”が断固必要|高収入、資産を手に入れる唯一の条件

お金持ちになりたい人は“自制心”が断固必要|高収入、資産を手に入れる唯一の条件

「自制心」それは、高学歴、高収入、高資産、健康長寿。全てを手にすることができるのではないか。なぜそう言えるのかは、有名な「マシュマロ・テスト」から導かれています。お金持ちになりたければ、富裕層にあこがれるのであれば、健康で長生きをしたいと願うのであれば、必要なのは断固「自制心」をお届けいたします。
ビジネスの「くるぶし男子」は賛成VS反対|アンクルパンツはクールビズのお洒落なのか

ビジネスの「くるぶし男子」は賛成VS反対|アンクルパンツはクールビズのお洒落なのか

「クールビズ」が世にでてきてから、今年で13年目にもなるのですね。クールビズも毎年流行が見え隠れするほど浸透している様子ですが……。今、超人気になっている「くるぶし男子」に対して、「ビジネス」では賛成の肯定派と断固反対の否定派が存在しています。あなたは、くるぶし男子のアンクルパンツ(ボトム)をどう思いますか?最低限の着崩しマナーもあわせてご紹介します。
仕事が「デキる人」か見分けられる“たった1つ”|その相槌(あいづち)で見抜かれる

仕事が「デキる人」か見分けられる“たった1つ”|その相槌(あいづち)で見抜かれる

ビジネスの場において「お!こいつ、デキる」と唸らせるのは、たった1つでいいのです。仕事のデキる人かどうか、見抜かれているのか、あなたが見抜くのか、どっが先になるでしょうか。できる人か見分ける“たった1つ”は実は「あいづち(相槌)」なのです。しかし、タブーとなるあいづちも存在しています。実体験をあわせてご紹介いたします。
40代からでも欲しい資格やスキル「三種の神器」|“時代に負けるな”ビジネスマンに告ぐ

40代からでも欲しい資格やスキル「三種の神器」|“時代に負けるな”ビジネスマンに告ぐ

IT、AIとこれからの社会に不安を抱いている方もいらっしゃるはずですが、定年まで俺は大丈夫と危機を感じていない方もいます。実際には、この時代の準備として「何か勉強しなくては」と模索している方もいますね。では何を学べばいいのでしょうか。「40代」は時代の変化に巻き込まれる年代かもしれませんね。ビジネスマンであれば、とっておいて役にたつかもしれない「三種の神器」から、スキルや資格を取り上げてみました。
ビジネスマンの器量がメールに露出「短く分かりやすい」書き方|気のきいたメール術

ビジネスマンの器量がメールに露出「短く分かりやすい」書き方|気のきいたメール術

仕事でもSNSやチャットを使うことが増えましたが、資料添付やお客様とのやりとりは、まだまだメール連絡が必要です。しかし、このメールが「くせ者」で、短ければ言葉不足で誤解を招き、長すぎれば何を言いたいのか伝わらない。ではどうしたら、メールを究極にわかりやすく、そして相手に失礼がないよう書けるのでしょうか。『気のきいた短いメールが書ける本』(中川路亜紀著)から、簡単なポイントをご紹介いたします。
神勝率9割のプロギャンブラーのぶき氏の「夢や仕事で成功」メソッド|マネーラインとプロライン

神勝率9割のプロギャンブラーのぶき氏の「夢や仕事で成功」メソッド|マネーラインとプロライン

神の領域と言われる勝率9割を達成した、さすらいのプロギャンブラー・のぶき氏が、人生を振りかえり成功へのメソッドを教えてくれました。仕事や夢で成功するために勝ち抜く大事な学びが、こめられています。夢や仕事で成功するためのコツ「マネーラインとプロライン」から「壁の超え方」まで。なかなか知ることができない人生の勝利者となれるコツを知ることができるのは、二度とないかもしれませんよ。
“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

誰が何と言おうとも「あなた」は悪くなく、相手が悪いと周囲が認めるようなことがあります。しかし、悔しいですが相手とバトルをしても、何も伝わらないことをご存じですね。相手の謝罪はなぜか無意味。「変えるべき点」を、わかってもらうのは簡単ではないのです。大事なことは、相手と「対話」をすること。もしも、あなたが優れたリーダーを目指すのであれば「対話力」が人を変えることを知っておくといいかもしれませんよ。
年収の高い人は「勉強」時間を確保|毎日30分確保と記憶の定着方法

年収の高い人は「勉強」時間を確保|毎日30分確保と記憶の定着方法

ビジネスパーソンはとにかく「時間」がありません。しかし、やるべきことだけをしていては、仕事のステップアップは望めません。社会人になると学ぶということ欲張りになる人と、全く手をださない人もいますが、実際に年収が高い人は、勉強する時間を確保しているという数字がでているのです。今回はこの大事な最低の貴重な30分を、どのようにとればいいのか。とった30分を最大限に記憶するとっておきの方法をご紹介します。
言ってはいけない「ヤバイ口癖」5つ|仕事ができない人・成功できない人の共通用語

言ってはいけない「ヤバイ口癖」5つ|仕事ができない人・成功できない人の共通用語

まったく気が付かないうちに「ヤバイ口癖」を言っていないでしょうか。仕事がデキない人、成功できない人は、わざわざ自分で「できない人」を作ってしまっています。「目標実現」の専門家として、オリンピック選手をはじめ経営者、7800人以上をサポートしてきた、メンタルコーチの大平信孝氏が、ヤバイ口癖5つを教えてくれました。
コミュニケーション能力の高い人が行う「意外」なこと|相手に合わせているのは1つ

コミュニケーション能力の高い人が行う「意外」なこと|相手に合わせているのは1つ

コミュニケーション力があると聞けば、真っ先に思いつくことは、どんなことがありますか?能力が高い方は、どこにいてもかわいがられますし、人から信頼を受け、人脈も広く、ビジネスの世界で目立つ存在であることが多いですね。何を隠そう、本当にコミュニケーション能力が高い方が一番相手に合わせていることは、ビックリするものなのです。
78 件