あぐらを組まない“マインドフルネス”の方法|ビジネスパーソンが職場でできる瞑想術

あぐらを組まない“マインドフルネス”の方法|ビジネスパーソンが職場でできる瞑想術

あまりにも有名な瞑想「マインドフルネス」ですが、毎日実践している方は、どのぐらいいるのでしょう。「あぐらをかいて座り静かに20分、30分と刻む瞑想」だけが重要ではないようです。職場でも簡単にできる座禅をしないマインドフルネスもあったのです。睡眠・疲れ・イライラ・ストレスなどの解消。反対に脳のパフォーマンスを上げるといわれているマインドフルネスを日常に取り入れるチャンスかもしれませんよ。
SOCIALZINEの志水 | 557 view
エリートが行う瞑想のススメ|脳はボーッとしているだけで60~80%消費する“マインドフルネスには理由があった” 

エリートが行う瞑想のススメ|脳はボーッとしているだけで60~80%消費する“マインドフルネスには理由があった” 

スペックのいいパソコンを入手しようとも、優れたシステムを使おうとも、最終的に要になるスペックは自分自身の「脳」です。あなたの最高のIT(脳)は、最高のパフォーマンスを維持できていますか?ボーッとしていても、“何も”しなくても、それだけで脳は60~80%も消費している可能性があるのです。脳だけの休み方があり、エリートはそれを知っているからこそマインドフルネス(瞑想)を取り入れているといいます。著者:久賀谷 亮氏の『世界のエリートがやっている 最高の休息法』でも語られる「脳」を知れば、焦りがおきるかもしれません。有限な時間に最高のパフォーマンスを発揮できれば、明日からでもあなたも「エリート」に昇格です。
SOCIALZINEの志水 | 1,214 view
2 件