あなたに眠る「サディスト」度|SNSのネット“いじめ”はサディズムが関係か

あなたに眠る「サディスト」度|SNSのネット“いじめ”はサディズムが関係か

ひっそり眠る「あなたのサディスト度」を知りたくありませんか?性的な感覚ではなく性格的な部分へのフォーカスです。ナルシシズム、サイコパシー、マキャベリアニズムの3要素に、サディズムも加えて研究されているようです。最近はSNSでもネット上で「いじめ」などを受けることがあるようですが、それはこのサディズムかもしれません。いくつかの問いの中に、あなたや気になるあの人は、当てはまるのでしょうか。
SNSは「コメント欄」で残念な人がバレる!|3つの事例「ソーシャル」をなめてはいけません

SNSは「コメント欄」で残念な人がバレる!|3つの事例「ソーシャル」をなめてはいけません

SNS(ソーシャル)で書き込みを入れることがあると思います、SNSNのコメント欄はなめてはいけません。ちょっとしたことのつもりでも、SNSはあなたを知らない人までも届けてしまうものです。ちょっと、辛口ですが「残念な人」をご紹介します。
高収入1,500万円以上vs低収入500万円未満の明らかな違い|FBメッセンジャーやアプリが連絡手段

高収入1,500万円以上vs低収入500万円未満の明らかな違い|FBメッセンジャーやアプリが連絡手段

高収入者を1,500万円以上とし、低収入者を500万円未満として、統計で分類調査したところ、あきらか違いがあったといいます。収入が高い人ほど、メールはFacebookのメッセンジャーやアプリを利用し、その利用時間帯なども異なるようですね。収入の高い人ほど整理された利用方法かもしれません。でもいつでも「できること」です、すぐにお試しいただけるのではないでしょう。
やってはいけないビジネスマン“心得”SNSタブー|出張先「ランチなう!」で情報漏洩

やってはいけないビジネスマン“心得”SNSタブー|出張先「ランチなう!」で情報漏洩

ランチなう、飯テロ、なにげにSNSへアップしている食べ物の写真。みんな投稿していますが、それはなかなか「危険」な投稿だということを知っているでしょうか。その料理で「どの土地にいるのか」さえわかってしまうこともあります。ビジネスマンなら、会社の機密情報だって推測されることもできてしまいます。間違って何かが入り込んでしまい問題になったことがあるのです。あなたは、情報を垂れ流ししていませんか?
2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

無くてはならない日々チェックが日課でもあるSNS。ソーシャルメディアは右肩上がりの状況ですね。そして変化もはやく、あっという間に使用もユーザー層も移動しています。最新2017年5月更新のSNS業界が今どのようになっているのかをご紹介します。今回は、Facebook、Twitter、Instagram、LINEを選んでみました。どのくらいのユーザー数なのかを含めてお届けいたします。
世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

米Facebookが、先日発表した利用者数「世界人口の4人に1人」が利用!まさにマンモスクラスになっているのがわかります。どこから来た数字なのかは2017年1月から3月期決算による算出で、月間利用者数19億3600万人と、20億人目前まで迫っている増加です。他の主力SNSと比較しても、Facebookがマウントをとっているとしか言えない増加です。この力なにが利用と売上をあげているのでしょうか。
Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebook(フェイスブック)は、ブランディングツールとして多くの人が利用していますね。そして、やっぱり気になる「シェア」の獲得方法。最近シェアの多い〇〇診断コンテンツは、なぜ多くシェアされるのでしょうか?また、ある投稿の中には、驚く数字で再生されている動画もあります。Facebookで「1万シェア」数以上獲得した事例も、あわせてご紹介します。
SNSフォローされる理由は「内容」|主役は“ユーザー”調査結果から読み解く

SNSフォローされる理由は「内容」|主役は“ユーザー”調査結果から読み解く

SNS(ソーシャル)、企業でも個人でもビジネスにかかせないツールになっていますね。しかし、実際にはフォロワーを増やすことができないという声もチラり。そんな方に、最新の「調査データー」をもとに、ユーザーが求めて“フォロー”するきっかけはなにかをご紹介します。SNSを荒らす空気が読めない企業にならないよう、そして大事なのは「SNSの主役はユーザーさん」ということです。
“うざい”と思われない「LINE、企業アプリ、メール」|調査からわかるユーザーに求められる配信

“うざい”と思われない「LINE、企業アプリ、メール」|調査からわかるユーザーに求められる配信

データー分析を提供しているエクスペリアンジャパン株式会が「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017」を発表しました。今回の調査は、やはりメールだけではなく、利用がひろがるアプリやLINEも対象としています。利用の実態、関心度、そして気になるユーザーの使い分けも明らかになりました。ユーザーがチャンネルに「求める情報」、そして「うざい」と思われないための取組に焦点をあてている記事をご紹介します。
フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

最近の話題では、テレビ業界がもう「停滞」しているように思えているかもしれません。しかし、ソーシャルが模倣を試みるほど、市場は十分な"利益”が出ているといいます。コマーシャルを見ていても、大手企業の広告がよく目にはいります。まだ広告出稿は、TVが中心な様子。それは、どこも欲しい枠ですね。Facebook(フェイスブック)では、動画の提供を拡大し、テレビ広告用の予算を呼び込もうとしています。ここの手段を行う前にすべきことは「視聴する時間」だと指摘。詳しくは本文でご紹介いたします。
10 件