ソーシャル

ソーシャル

ソーシャルの記事 最近投稿された記事

YouTube(ユーチューブ)あの2曲が「30億回」再生突破|アーティストはいくら稼げるのか

YouTube(ユーチューブ)あの2曲が「30億回」再生突破|アーティストはいくら稼げるのか

2つのミュージックビデオが、YouTube(ユーチューブ)で30億回という突き抜けた再生回数を記録! ルイス・フォンシとダディー・ヤンキー「Despacito」、ウィズ・カリファ「シー・ユー・アゲイン(featチャーリー・プース)」の2曲。YouTubeでの報酬がグッと下がったとはいえ、今もなりたい職業の候補になるユーチューバー。30億回再生となると、いったい「いくら」稼ぐことができたのでしょうか。
インターネットの現状“サイバー攻撃の多い国ランキング”|世界初スマホ14万台乗っ取り事件も

インターネットの現状“サイバー攻撃の多い国ランキング”|世界初スマホ14万台乗っ取り事件も

今年に入ってサイバー攻撃・ハッカー・乗っ取りなどインターネットのセキュリティ問題も追及されてきました。米国の企業から、「インターネットの現状 / セキュリティ」(2017年第1四半期)が発表されました。この中では、攻撃元国世界ランキング と攻撃のターゲット上位10カ国が発表。そして世界初となるスマホ140万台乗っ取りサイバー攻撃は、無料アプリから配布されていると見られています。あなたは被害者にも加害者にも、なっていないでしょうか。
Socialzine公式LINE@登録キャンペーン|登録“するだけ”でビットコインをもらっちゃおう

Socialzine公式LINE@登録キャンペーン|登録“するだけ”でビットコインをもらっちゃおう

完全無料で読めるソーシャルまとめマガジン「Socialzine」は、SNSで今話題の最新情報がまとめてチェックできるアプリも新登場!記念してLINE@登録キャンペーンを実施します。ただ登録するだけで、あの「噂」のビットコインがもらえるチャンス!
管理者 | 715 view
SNSは「コメント欄」で残念な人がバレる!|3つの事例「ソーシャル」をなめてはいけません

SNSは「コメント欄」で残念な人がバレる!|3つの事例「ソーシャル」をなめてはいけません

SNS(ソーシャル)で書き込みを入れることがあると思います、SNSNのコメント欄はなめてはいけません。ちょっとしたことのつもりでも、SNSはあなたを知らない人までも届けてしまうものです。ちょっと、辛口ですが「残念な人」をご紹介します。
Facebook(フェイスブック)が急成長した秘訣|世界をよりオープンにつなげるミッション

Facebook(フェイスブック)が急成長した秘訣|世界をよりオープンにつなげるミッション

Facebookは「2017年6月末時価総額が約4380億ドル」ユーザー数「20億人超」という最大のSNS。この急成長を本当に支えたものは何でしょうか。それは、フェイスブックCEOザッカーバーグ氏自身のミッションである「世界をよりオープンにつなげる」こと。今、「ミッション」という意識を持つ人が少なくなっている時代だといいます。あなたの会社、あなたは、ミッションについて改めて何を感じるでしょうか。
YouTuber(ユーチューバー)の収入大暴落|それでも“好きなことで”生きていく

YouTuber(ユーチューバー)の収入大暴落|それでも“好きなことで”生きていく

2016年12月には、フォーブスでも第2回目の「世界で最も稼ぐユーチューバー(YouTube Stars)」と題したランキングまで発表していました。世界のトップたちは、1年間の収入額がおよぞ7,050万ドル(約80億円)だったといいます。今や、子どもたちのなりたい職業にまであらわれるYouTuberですが、事情が激変しており「大暴落」している様子。最新の状況をご紹介します。
新SNSポストツイッター「マストドン」大人気|ツイッターより移動するユーザー増

新SNSポストツイッター「マストドン」大人気|ツイッターより移動するユーザー増

今、大ブレイクしている熱いSNSをすでにご存じでしょうか。ポストツイッターとも称され、TWITTERと同じく、つぶやくSNS「マストドン」が、日本でユーザー数が激増中。今までのSNSには、あまり見られなかった特徴があり、ツイッターから流れているということも言われています。企業も上手に活用している放送会社もあるという「マストドン」をご紹介します。
2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

無くてはならない日々チェックが日課でもあるSNS。ソーシャルメディアは右肩上がりの状況ですね。そして変化もはやく、あっという間に使用もユーザー層も移動しています。最新2017年5月更新のSNS業界が今どのようになっているのかをご紹介します。今回は、Facebook、Twitter、Instagram、LINEを選んでみました。どのくらいのユーザー数なのかを含めてお届けいたします。
個人のパフォーマンスをあげる「使えるツール」|JINS MEMEやToggl

個人のパフォーマンスをあげる「使えるツール」|JINS MEMEやToggl

組織で考えて利用できるツールは数多くでています。今回は、個人が最大限にパフォーマンスをあげるためのツールを探してみました。何に集中をさせ、自己能力を高め最適な状況で力を発揮できるのかが、ビジネスでもプライベートでも左右する時代。これは「使える」かもしれないと、うなずけるツールをご紹介いたします。
世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

米Facebookが、先日発表した利用者数「世界人口の4人に1人」が利用!まさにマンモスクラスになっているのがわかります。どこから来た数字なのかは2017年1月から3月期決算による算出で、月間利用者数19億3600万人と、20億人目前まで迫っている増加です。他の主力SNSと比較しても、Facebookがマウントをとっているとしか言えない増加です。この力なにが利用と売上をあげているのでしょうか。
Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebook(フェイスブック)は、ブランディングツールとして多くの人が利用していますね。そして、やっぱり気になる「シェア」の獲得方法。最近シェアの多い〇〇診断コンテンツは、なぜ多くシェアされるのでしょうか?また、ある投稿の中には、驚く数字で再生されている動画もあります。Facebookで「1万シェア」数以上獲得した事例も、あわせてご紹介します。
SNSフォローされる理由は「内容」|主役は“ユーザー”調査結果から読み解く

SNSフォローされる理由は「内容」|主役は“ユーザー”調査結果から読み解く

SNS(ソーシャル)、企業でも個人でもビジネスにかかせないツールになっていますね。しかし、実際にはフォロワーを増やすことができないという声もチラり。そんな方に、最新の「調査データー」をもとに、ユーザーが求めて“フォロー”するきっかけはなにかをご紹介します。SNSを荒らす空気が読めない企業にならないよう、そして大事なのは「SNSの主役はユーザーさん」ということです。
ハッカー予告「iPhone」アイフォン強制リセット|5.6億台の自分スマホ対策

ハッカー予告「iPhone」アイフォン強制リセット|5.6億台の自分スマホ対策

この事実確認はまだ定かではありませんが、引き換えに仮想通貨ビットコインかイーサまたは、iTunesギフトカードを要求しています。アップルが応じない場合は、iPhoneをリセットし全て消すと言っているといいます。メルアドに関係している人はもちろ、iPhoneユーザーも万一に備えておくべきかもしれません。利用者はどうすべきか、少し念頭においておくことも保険としてあったほうがいいですんえ。「これはしておいたほうがいい」ことをご紹介します。
Instagram(インスタグラム)がSNS必須ツール|マーケター60%「ビジュアルコンテンツ」が重要

Instagram(インスタグラム)がSNS必須ツール|マーケター60%「ビジュアルコンテンツ」が重要

SNSで真っ先に思い出すのは何色のアプリでしょうか。2017年は、ますますビジュアルコンテンツの年になると伝えられています。ビジュアルコンテンツと言えば、堂々と名乗りをあげるのは、おそらくInstagram(インスタグラム)でしょうか。画像、動画、視覚に訴えるビジュアルコンテンツは、マーケターの60%が今年のマーケティングにおいて重要だと答えているそうです。企業はInstagram(インスタグラム)の導入は必須だというその理由もご紹介します。
“うざい”と思われない「LINE、企業アプリ、メール」|調査からわかるユーザーに求められる配信

“うざい”と思われない「LINE、企業アプリ、メール」|調査からわかるユーザーに求められる配信

データー分析を提供しているエクスペリアンジャパン株式会が「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017」を発表しました。今回の調査は、やはりメールだけではなく、利用がひろがるアプリやLINEも対象としています。利用の実態、関心度、そして気になるユーザーの使い分けも明らかになりました。ユーザーがチャンネルに「求める情報」、そして「うざい」と思われないための取組に焦点をあてている記事をご紹介します。
25 件

ソーシャルで人気のキーワード