ライフ

ライフ

ライフの記事 最近投稿された記事

身に覚えなく「痴漢!」と言われたら、あなたは?|逃走し亡くなった男性“命とり”の言葉

身に覚えなく「痴漢!」と言われたら、あなたは?|逃走し亡くなった男性“命とり”の言葉

もしも、あなたがまったく身に覚えのない濡れ衣で「痴漢です!」と車内で声をあげられたら……。そうして逃げたために、ひかれて命を落とした男性のニュースがありました。実際に、こうした逃走話が幾つかあるのです。本当に何もしていないのに間違われるリスクは、生活の中で隣り合わせ。「逃げないで!」本当に何もしていない時、どうすべきなのか、弁護士さんからの注意をご紹介します。
夏の酷暑が続く“二度と涼しい夏はこない“|シュミレーション(スパコン)予測の未来図

夏の酷暑が続く“二度と涼しい夏はこない“|シュミレーション(スパコン)予測の未来図

「今年は猛暑」などと聞きますが、“あれ?毎年聞いているような……”。すでに日本は「酷暑」となっており、2005年頃のシュミレーション予測の通りに悪い状況へ進んでいるのです。改善されたとしても東京の夏は「涼しく」ならないという日本。夏は100日も続く暑さ、2020年から2050年は、半年が夏となり、「巨大台風」「ゲリラ雨」「熱波」など痛ましい予測。そんな恐ろしい未来の図を取り上げました。
サブカルチャー「日活ロマンポルノ」が復活した理由|作品性の高さと時代への対応力

サブカルチャー「日活ロマンポルノ」が復活した理由|作品性の高さと時代への対応力

2016年11月から今年まで行われた、5人の実力派監督で復活させた「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の5作品。4月に丸の内TOEIにて、さらに一挙上映で復活を遂げました。この時代で日活ロマンポルノは、なぜ復活が必要だったのでしょうか。今女性客も増えているというロマンポルノのサブカルチャー力をご紹介します。
紅茶を飲用した結果”集中力”が42%高まった真相とは?

紅茶を飲用した結果”集中力”が42%高まった真相とは?

なぜか、仕事中にデスクに向かっていても集中できないってときってありませんか? 仕事に集中したり勉強に集中したりする時間だとわかっているのに、なおさら物事に向き合えない。 そんな時は、温かい紅茶やアイスティを飲んでみてはいかがでしょうか。 紅茶を飲用することで深い集中力を発揮できることが明らかになったんです。 そこで今回は、品川女子学院との協働で行った研究結果をピックアップしてみました。 この夏は紅茶を意識して飲まなきゃ損しますよ。
自己不信(不信感)3つの克服方法|成功達成には才能よりも自信

自己不信(不信感)3つの克服方法|成功達成には才能よりも自信

どんなひとでも、自分自身に対する不信感を持ったことはないでしょうか。自らを疑う行為は、社会の中で守るために必要ですが、しかし過度な不信感は成功を邪魔するかもしれません。それでは、この自己不信(不信感)は、どうにか対応できないのでしょうか。ありましたよ、克服方法をいくつかご紹介します。
夏休みに行きたい!コスパ抜群のオススメスポット5選

夏休みに行きたい!コスパ抜群のオススメスポット5選

社会人になると夏休みが取れる日程も限られてしまいますよね。しかし、諦めてはいけませんよ。近場にはコスパのよいオススメスポットがたくさんあります。都内に住んでいる人必見!都心から50㎞圏内にあって気軽に遊びに行ける関東圏おでかけスポットを厳選してみました。
「男に嫌われる男」と「女に嫌われる女」|男と女には、それぞれのルールがあった

「男に嫌われる男」と「女に嫌われる女」|男と女には、それぞれのルールがあった

特別な意味ではありませんが、「男に好かれる男」「女に好かれる女」は、どこにいても人気を集めるタイプでもあります。子供の世界でも、大人の社会にいても、嫌われるよりは好かれたほうが絶対得です。しかし、逆に必ず「嫌われてしまうタイプ」がいるのは、男と女の性によるルールがあったのです。性別で“どうしても嫌われる”特徴をご紹介します。
人生“後悔”する年代は「40代」|ターニングポイントを後悔しない方法

人生“後悔”する年代は「40代」|ターニングポイントを後悔しない方法

定年後のビジネスマンに聞くと、多くの人が人生のターニングポイントは40代だと答えるといいます。もっと強く言うなら、そこが人生の分岐点だと言えるのかもしれません。40代に隠された集中して起こりうるゾーンがあるのかもしれません。これから40代をむかえる方も、過ぎてしまって振り返るのも、今爆弾をかかえているかもしれないあなたにも、改めて読んで欲しいと強く願います。
ひとつだけあった!「IQ」流動的知能を高める習慣|脳がバリバリ活発化する方法

ひとつだけあった!「IQ」流動的知能を高める習慣|脳がバリバリ活発化する方法

「IQ」には、結晶性知能(結晶性一般能力)と、流動的知能(流動性一般能力)という2つのタイプがあると言われています。実は、このIQは、あることで“高く”することができるとわかったというのです。しかも、難しいと言われる流動的知能を高める習慣は、たったひとつ。すぐにでも行える習慣は時間もかからず日常的に自分で行うことができものなのです。早速脳がバリバリ活発化する方法をご紹介します。
間違っています「夢の見つけ方」|スティーブン・スピルバーグ氏が語る“ささやき”

間違っています「夢の見つけ方」|スティーブン・スピルバーグ氏が語る“ささやき”

夢を真剣に受け止めたことがあるでしょうか。そして、きらびやかに登場すると思っているかもしれません。やり続けること、そして夢は、「通常は呼びかけてこない」というスティーブン・スピルバーグ氏。本当に叶えられていないのなら、「夢の見つけ方」が間違っているのかもしれません。なぜなら、夢はほとんど“ささやき声”で語り掛けてくるというのです。監督業を夢の生業とするスピルバーグ氏から教えてもらいましょう。
日本人の4割も「睡眠負債」に昼寝で返済|免疫低下・うつ・ガン疾病をリスクヘッジ

日本人の4割も「睡眠負債」に昼寝で返済|免疫低下・うつ・ガン疾病をリスクヘッジ

日本人の4割は「睡眠負債」だと言われ、とれている人は、どのぐらいいるのでしょうか。免疫機能の低下・うつ・ガンなど疾病につながる可能性もある睡眠負債。たまったものを返済する方法の中に「昼寝」があげられています。最近はヤフーさんでも、「畳のスペース」までもが出来ているようで、昼睡眠を推奨しているようですね。睡眠負債と昼寝の推薦もご紹介。社内で昼寝を浸透させれば、会社の成績もあがるかもしれませんよ。
男性の「開脚ブーム」魅力の理由が分かった!|メタボ解消・疲労回復にも効果的「開脚ストレッチ」

男性の「開脚ブーム」魅力の理由が分かった!|メタボ解消・疲労回復にも効果的「開脚ストレッチ」

「開脚ブーム」なんですね。さぞ、しなやかな曲線美、美しいS字ラインの女性が180度開脚を練習しているだと思っていました。いやいや、静かにブームかもしれない「男性」からの熱い関心があるといいます。その理由は、その効果でしょうか。メタボ対策や取り切れない疲れ解消など、試してみる価値がありそうですよ。「男」の開脚方法もご紹介いたします。
減量に失敗している人へ「寝不足」は太りやすくなる|3つのホルモンとの関係

減量に失敗している人へ「寝不足」は太りやすくなる|3つのホルモンとの関係

何をしても痩せないあなたのお助けになるかもしれません。その大切に蓄積しているお肉は、もしかして睡眠不足で蓄えられたかもしれません。寝不足と肥満の関係が話題になっていましたが、寝不足も、寝すぎもダメな理由は、ホルモンの分泌が大きな影響をあたえているようです。本気で痩せたい方は、今夜からどうか「眠って」ください。
仕事のデキる人は、女性にモテる「いい男」の特徴|モテないより、モテたほうがいいに決まってる!

仕事のデキる人は、女性にモテる「いい男」の特徴|モテないより、モテたほうがいいに決まってる!

「どうしたらモテるのだろうか」永遠に不滅の話題なのかもしれません。仕事にモテモテの男性は仕事がデキる人で、しかも女性からもモテるといいます。特別イケメンでなくても、いえちょっと外見が悪くても「なぜかモテる」人もいるのはなぜ?モテる男の条件を取り上げてみましたが、日本男性が「不足」していることもあるそうですよ。いつだって「モテないより、モテたほうがいい」にきまってますからね。
一流になりたければ「心の筋肉」をつける“5分”の筋トレ|ハードワーカーが多い一流人の心

一流になりたければ「心の筋肉」をつける“5分”の筋トレ|ハードワーカーが多い一流人の心

なぜだろう、一流の人は多少のことでは心が折れない。それはもともと強いのか、メンタルが鍛えられているからなのか……「心の筋肉」をつけるということですが、日本では昔より武道や忍耐といったことがあり、根性で片づけてしまいがちです。しかし、欧米では30年以上前から研究されているようで、自分の能力を発揮するために「心の筋肉」を鍛えるという方法があるのです。それも、所要は1日たった数分しかかからないようなのです。その方法をご紹介いたします。
91 件

ライフで人気のキーワード