2017年11月14日 更新

イタリア人サッカー選手もKO!「神ボディ」エミリー・ラタコウスキーがネットで批判?

類まれな美しいプロポーションのモデルで女優のエミリー・ラタコウスキー。彼女の美貌に”伊達男”のサッカー選手も”ノックアウト”。彼女のようなスレンダーボディにグラマラスな胸は「憧れ」の的と言いたいところですが”胸が大きすぎる”せいで女優の仕事がこないと漏らして話題を集めています。今の時代「セクシーさ」を売りにすることに反感を覚える人たちも多いのだとか。そんな中、ある写真がネットで議論を起こしています

1,711 view お気に入り 0
 (40563)

私にとって、「セクシー」とは”一種の美しさ”であり、”一種の自己表現”。それが、讃えられるものであり、素晴らしい女性ということよ。
「To me, "sexy" is a kind of beauty, a kind of self-expression, one that is to be celebrated, one that is wonderfully female.」

ソーシャルメディアで過激なセクシー投稿?

元々モデルだったエミリーは、ロビン・シックとファレル・ウィリアムズの「Blurred Lines(ブラード・ラインズ)」で印象的に登場したことで、一躍有名になりました。
↓↓↓

Robin Thicke - Blurred Lines ft. T.I., Pharrell

その後女優として『ゴーン・ガール』や『アントラージュ』に出演、『ウィー・アー・ユア・フレンズ』ではザック・エフロンと共演。

また昨年は、キム・カーダシアンと一緒に撮った”トップレス”のセルフィーをアップしたことでも話題になりました。↓↓↓
そのことで、ネットユーザーから「ソーシャルメディアで過剰にセクシーな投稿をしている」と批判も受けていました。
 (40565)

それに対し、「反感を買っても私は気にしないわ。だって、私は自分の意見を繰り返し説明していると思っているから」とエミリー。

セクシーな恰好しても「私はフェミニストよ」

何かとツッコミどころのある彼女ですが、「セクシュアリティ」が自信を与えるものであることは認めているようです。

彼女は、米ファッション誌「アルーア」8月号のインタビューに応じ、女性問題、政治等について語りました。
「私にとって、自信を持ったうえで、ひとりの女性として誰かのものになると表現するいかなる人も、男女同権論者(フェミニスト)なのです」
現在26歳のエミリーは、ありのままの自分の生きかたを通じて、フェミニズムとセクシュアリティについては、”共存(共感)する考え”を持っているようです。
「表面的に見れば、自分は矛盾に満ちた生き方をしている」とラタコウスキーさんは、アルーア誌に語った。
62 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事