2017年2月7日 更新

ソーシャルメディアの「新領域」|機能をはたしていますか?オウンドソーシャルメディア成功術

新聞や雑誌やテレビ、ラジオの時代だったマスメディアからデジタルメディア、ソーシャルメディアと移りました。しかし最近の成功には「新領域」が頭を出し始めています。ユーザーの心をつかみ、難しさを突破し、そして数字をたたきだすという動き。今世界が求めるソーシャルメディアの世界とは?企業でなくても個人でも可能ではないでしょうか?思わず、私もやってみよう!と思えたものです。詳しくは本文でご紹介です。

79 view お気に入り 0
Free illustration: Touch Screen, Mobile Phone - Free Image on Pixabay - 1023967 (3704)

マスメディアからデジタルメディアへ、企業のマーケティング予算の配分が大きく変化している。中でもソーシャルメディア・マーケティングへのシフトが増加傾向にある。
なぜ企業はソーシャルメディア・マーケティングに取り組み、試行錯誤を続けているのか。
Free illustration: Network, Rectangle, Board, Rings - Free Image on Pixabay - 1989141 (3700)

読んでいただいている方には、とても詳しい方がいるかもしれませんが、
もしなんとなく忘れちゃったな、、という方向けにご紹介していきます。

マスメディアとはマス コミュニケーションのこと。
具体的には、新聞・雑誌・テレビや、ラジオなどの媒体。
デジタルメディアとは、パソコンなどを用いたウェブサイト、電子メールなどの伝達経路のこと。近年では携帯電話もデジタルメディアに含まれるようになってきた。
マスメディアとソーシャルメディアの決定的な違いや特徴を整理しながら、先行企業が今注目しているソーシャルメディアの新領域に迫る。
Free photo: Web Design, Facebook, Facebook Page - Free Image on Pixabay - 1953128 (3701)

世界がネットワークに求める難しさ

マス広告の効果低減が叫ばれて久しいなか、マーケティング予算の配分が大きく変化しています。
アメリカでは、2013年にインターネット広告収入がマスメディアの広告収入を超えて以降、その差は年々広がっています。日本でも昨年、上場企業各社のマーケティング予算配分において、デジタルメディアの占める割合が最も高いという調査結果が発表されました(*1)。
上場企業のマーケティング予算の配分は、デジタル>アナロ...

上場企業のマーケティング予算の配分は、デジタル>アナログ>マスメディアの順 | 日経BPコンサルティング

上記のアンケート用語定義
3区分の平均を算出すると、デジタルが3.9割、アナログが3.3割、マスメディアが2.9割という構成比である。デジタル系の予算に配分する割合が8割や9割など大きい企業が多く、0割や1割など割合が小さい企業が少ないことを反映している。これとは逆の結果がマスメディアへの予算配分であり、デジタルとマスメディアの中間に位置するのがアナログへの予算配分である。
「マスメディア」とは、新聞/雑誌/ラジオ/テレビの4媒体における、利用費と制作費とします。
「デジタル」とは、インターネット媒体における、利用費と制作費とします。
「アナログ」とは、折込/DM/屋外/交通など、「マスメディア」「テジタル」に分類できない媒体の利用費と制作費とします。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

米Facebook(フェイスブック)が社会インフラ化宣言|“5つの課題を提示”マーク・ザッカーバーグ氏

米Facebook(フェイスブック)が社会インフラ化宣言|“5つの課題を提示”マーク・ザッカーバーグ氏

米国ドナルド・トランプ政権の誕生を招いたとされ、偽ニュースの発信源として批判を浴びてきたFacebook(フェイスブック)が新たなビジョンを発表しました。最高経営責任者CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は、FBの社会インフラ化宣言をし、5つの課題を提示。新たなプログラムで“偽ニュース”の拡散防止に向けた対策も導入したとされています。facebook(フェイスブック)上で世界中の人々を“つなぐ”ためだけではない、目指す社会とは?
エゴは人生の落とし穴|心の中に潜む“優越感・思い上がり”に支配されない方法

エゴは人生の落とし穴|心の中に潜む“優越感・思い上がり”に支配されない方法

エゴは「誰にでも存在」しています。ある時ムクムクと起き上がり、“思い上がり”や“必要以上の優越感”は、あなたの足を引っ張り突き落とす危険にかわります。ビジネス、ライフスタイル、名誉と、大切な人生を落としてしまう「失敗」に終わるもの。本来は気持ちを良い意味で欲情させ進み続ける言動力になるはずですが……人に恵まれない、仕事に恵まれない、お金がない、親の教育が悪い、など外部の責任にしているのは、自分の中の“エゴ”だともいいます。エゴに支配されないコントロール方法をご紹介します。
ビジネスマンの勝者に多い“アウトプット優先”|成功にはインプット優先を今すぐやめよう

ビジネスマンの勝者に多い“アウトプット優先”|成功にはインプット優先を今すぐやめよう

スキルアップに必ずでてくる「インプット」と「アウトプット」ですが、この比率は意見が分かれています。しかし、“大人”になりビジネス(ネットも含め)で成功するためには「アウトプット」優先が必要だといいます。本当のアウトプット方法と、その効果にせまります。ビジネスで成功している人のほとんどは「やってみよう」のアウトプット型だといいます。あなたも今日から正しいアウトプットを行ってみませんか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水