2017年2月6日 更新

成功者や大富豪はしている「仕組み」|一般人の3つのデメリット

成功者や大富豪者と一般人の大きな違いは、ストレートに「仕組み」をいかに考えるかだといいます。一般人の考え方や働き方には最大デメリットが3つあるようです。このままでお金持ちにはなれない?サラリーマンでもお金持ちにはなれる、その「仕組み」にフォーカスしてみました。

612 view お気に入り 0
 (3560)

多くの人が「サラリーマン」と言われ、
日々同じ時間に同じ道を歩き似たような昼食をとり
似たような時間を24時間繰り返す。
と、言われれば当たり前だろう、会社員なんだから。
と呟きたくなります。

一般人がなぜ一般人のままなのかは「時間を提供」しているからだと言います。
では、富豪といわれる人たちは何を基本にマネタイズしているのでしょうか?
それは「仕組み」
Free photo: Apple, Education, School, Knowledge - Free Image on Pixabay - 256263 (3561)

ちょっと前には、どこでも見かけた黒い表紙
大富豪が実践しているお金の哲学とう書籍に書かれていたひとつからご紹介します。

ただ、サラリーマンだから富豪になれない!なんてことはないのです。

富豪者や成功者と一般人の違い

一般人は、時間でお金を稼ぐ
小金持ちは、運でお金を稼ぐ
大富豪は、仕組みでお金を稼ぐ
確かに、私の周りにいる成功しているお金もちには、
共通している「仕組み」をつくる才能が凄い。
アイディアを一気に出し続け、そのへんを総ざらいにしていきます。
Free photo: Fire, Sparks, Golden Fire - Free Image on Pixabay - 1905608 (3562)

「収入が増えない……」と嘆く人に共通しているのは、お金に対して受け身の立場でいることだと思います。
常に雇い主の庇護(ひご)下にいて自分が提供する役務の対価としてお金をもらう。
ここが「耳に痛い」ところかもしれません↓↓↓
Free illustration: Mistake, Error, Mathematics - Free Image on Pixabay - 1966460 (3563)

それが当たり前だと思っていると、大半の人はいざお金を稼ごうと思っても時給を上げることか、仕事を掛け持ちすることしか思い付かないのが実態です。
正社員であろうとアルバイトであろうと、時給で働く行為は基本的に自分の「時間」を雇用主に売っていることになります。
Free photo: Workers, Construction, Site - Free Image on Pixabay - 659885 (3564)

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水