2019年2月1日 更新

2月2日は「フレンチ・クレープの日」ティファールイベントに乙葉と横溝菜帆ちゃんが登場!

フランスでは毎年2月2日になると、春の訪れを祝う「ラ・シャンドルール」というお祭りが開かれます。日本でも2017年の2月2日から「クレープの日」と制定して今年で3年目となりました。そこで、今年は1月31日、2月1日にわたり、都内で「クレープの日」を祝うイベントが開催されるにあたり1月31日、二子玉川ライズでオープニングイベントを行いました。

74 view お気に入り 0
フランスでは毎年2月2日に、春の訪れを祝う「ラ・シャンドルール」というお祭りが開かれ、自宅にたくさんの友人や家族が集まって、たくさんのクレープやガレットと焼いて皆で楽しく食べるという文化があります。

フランスのお祭りにちなんで、日本でも3年前から2月2日を「クレープの日」と制定し、様々なイベントを開催してきました。

今年は、東京・二子玉川の二子玉川ライズ ガレリアにて、1月31日、2月1日にわたりティファール「フレンチ・クレープデー」を開催中♫
 (106682)

オープニングイベントにはタレントの乙葉さんなどが登場

 (106685)

1月31日から開催しているイベントに駆けつけてくれたのは、タレントの乙葉さんや子役女優の横溝菜帆ちゃんのほか、フレンチシェフの木下威征。

会場では、フレンチチパンを使用したクレープやガレットのライブクッキングやトークショーなどを行いました。
 (106683)

「クレープは大好きですが、いざ家で作るとなると、生地を薄く伸ばしたりひっくり返したりする作業が難しいイメージで、あまり作らないかも。ですがこのフレンチパンなら上手にできそう」(乙葉)。
 (106687)

日本では、クレープというと甘いイメージがありますが、フランスではガレットといって朝食として食べることが多いんです。フランスの各家庭では一家に一台のフレンチパンがあるほどポピュラーな食べ物として定着しているんです(木下シェフ)
 (106684)

小学5年生の横溝菜帆ちゃんは、「私はいちごが大好きなので、このいちごのクレープは本当に美味しいです。こんなに簡単にクレープが作れるなんて思わなかったので、家に帰ってお母さんと一緒に作りたいです。友達もたくさん読んでみんなで一緒に食べたい」と笑顔でコメント。
 (106686)

ガレットやクレープを試食した乙葉も「忙しい朝に、お皿にパッと盛り付けできると、いい1日が始まる気がしますね。ニース風のガレットも家でチャレンジしたいです」と語りました。
メディア発表会では、フレンチシェフの木下威征氏が、乙葉と横溝にガレットとクレープの作り方を丁寧に伝授してくれた今年のイベント。

2月2日の「クレープの日」は家族や友達と皆で、手作りのクレープを作って「クレープパーティ」などで盛り上がってみてはいかがですか♫

socialzine最新情報はLINE@からお知らせ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部