2018年12月12日 更新

全国9カ所のスキー場「TポイントサービスとQRコード決済導入」でキャッシュレス化推進

今年も本格的な寒さがやってきました。冬になるとウィンタースポーツを楽しむ方も多いのではないでしょうか♪特にスキーやスノーボードは根強い人気のなか、今年は、9カ所のスキー場が新たな取り組みを開始しました♪

79 view お気に入り 0

全国7カ所のスキー場の施設全部をキャッシュレスに

全国にスキー場を7カ所運営する東急不動産グループと、Tポイントジャパンなどが提携して、「スキー場の施設全てをキャッシュレス化」する取り組みを開始しました。

スキー場で購入するリフト券の他に、売店やレストランなどの全ての支払いをスマートフォンだけで行う事ができる画期的な取り組みです。

バブル時代の全盛期を経て、スキー場に訪れる来場者は横ばいが続いている中、若者や訪日外国人をターゲットとして、来場者を増やすのが狙いで、今年から始まっています。

今年初の取り組みとして、東急不動産のグループ会社が運営する北海道のニセコや栃木県のハンターマウンテンなど全国7カ所のスキー場で始まったキャッシュレス化によって、利便性をアピールしています。

 (102602)

先日、群馬県沼田市たんばらスキーパークにて、関係者を集め記者発表会を行いました。

東急グループのスキー場では、昨シーズンまでに、nanacoやWAONといった小売店系のICカードを使った決済サービスを既に導入してきたが、今年からは、キャッシュレス化を推進するため「QRコード決済」や「Tポイントサービス」を導入しました。
「バブル期と比べて、国内のスキーマーケットは今後も横ばいが続いている傾向にあります。そんな中、ITの活用を活性化して利便性を図り、アジア各国から訪れるスキーヤーの獲得に繋げていきたい」(東急グループ担当者)。
 (102603)

日本のスキー場として初の取り組みとなるのは、ネットスターズが提供するマルチ決済プラットフォーム「StarPay」の導入。

東急リゾートサービスは、「StarPay」の仕組みを活用し、中国人旅行者向けのスマートフォンサービス決済サービス「WeChatPay」と「Alipay」を導入する事で、中国圏からの訪日観光客の利便性の向上を図ります。
 (102604)

スマホをかざすだけでメニューが選べるのも嬉しい

 (102605)

スキー場で人気のけんちんうどんもキャッシュレスで購入する事ができるから、小銭をジャラジャラと持ち歩かなくてもいいんです♫

スキー場に遊びに行って、お金を落としてしまう人は、もうそんな心配をしなくても、たっぷりとスキーを楽しむ事ができますね♪
 (102606)

日本人のユーザー向けにも「LINE Pay」などのQR決済サービスを導入しているから、スキー場で現金を持ち運ぶ時代はもう古くなる?

スキー場で決済する全ての商品にTポイントが貯まるお得感

 (102609)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部