2017年4月23日 更新

褒めても、叱ってもダメ“ゆとり世代”の人材育成|30代も含む実は広い「ゆとり世代」の11特徴

「ゆとり世代」が社会人の中で増えてきているところですが、対応に悩んでいる先輩はいないでしょうか。課題とされる「部下の育て方」ですが、ゆとり世代と言われる年齢は実はものすごく幅広く、今の30代も含まれるのでははないかとも言われています。褒めるだけでは駄目、叱ってもダメな、隠されている特徴。もしかして「ゆとり世代」の11特徴に当てはまる部下がいるかもしれません。本当にどう育成すべきかも含めてご紹介いたします。

2,402 view お気に入り 0
ゆとり世代に多く見られる自称・褒められて伸びるタイプだが、その心理は「褒められたい」よりも「叱られたくない」であるように思う。理由はこの世代が抱える2つの特徴にある。
「ゆとり世代」と呼ばれる人たちが社会に出始めたころから、新人や若手に関する評価が変わり始めた。ゆとり教育を受けているのは1987年度以降に生まれた子どもである。
ゆとり世代と言われて「ふざけんじゃないよ」そう気を悪くするかもしれませんが、
ここは一般社会で言われている大まかな該当者としてお許しください。
確かに、「本当にゆとり世代だね」という方もいれば、そうでない方もいます。
また、学校教育でゆとりも、たった1年だけ教育をうけた世代もいます。
ひとくくりにするのは心外かもしれませんが、教育という場で受けた影響が
多少なりとも残る世代間は数パーセントでも残っている可能性はあるかもしれません。
 (18800)

ゆとり教育の期間中に学校教育を受けた世代は、
1987年4月2日生まれ~2004年4月1日生まれと言われています。
1980年の小学校から「ゆとり教育」が実施された年代が、
ゆとり世代とも言われている場合もあります。
さらには1980年の教育課程から現在の30代も含まれているという説もあります。

ここは、世間で言う“ゆとり世代”の特徴も併せてご紹介いたしますので、
部下の中に該当する方がいるなら、チェックしておくのもよいかもしれませんね。

ゆとり世代と言われる人の「特徴と傾向」

 (18799)

彼らは物心ついたころから低成長の成熟社会で生きてきたため、上昇志向は低い。一方で、ソーシャルメディアがインフラとなっていて、ネット上で様々な人とつながることが日常になっている。
すでに第一陣の世代から多くが社会人になっていると思われます。
その特徴と傾向は、以下の項目に整理されるといいます。↓↓↓
 (18802)

1「特徴」まじめ、優秀、素直、勉強熱心、語学堪能、プレゼンテーション能力高い
2「姿勢」指示待ち、教えられる待ち姿勢、報・連・相がない、
3「志向」自信過剰、自己主張、結果をすぐに求める
4「意欲」上昇志向が弱い、積極性・向上心がない、あきらめが早い
5「対応」上下関係をわきまえない・タメ口をきく、上の世代と交わらない
6「メンタル」打たれ弱い、怒られると極度に萎縮する、ストレスに弱い
7「責任」リスクを取らない、責任を負うことを避ける
8「個性」無難、面白みがない、おとなしい、枠にはまっている
9「ペース」客観的、達観、無関心・他人事、マイペース
10「対人」ドライな関係を求む、飲み会に来ない、会社への忠誠心が弱い、すぐに辞める
11「重視」仕事以外の趣味や自己啓発の時間を大切にしている、定時に帰る

参考: ゆとり世代社員のトリセツ…変わるべきはあなた! : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160519-OYT8T50049.html?from=y10
 (18803)

しかし、これらをすべて持ち合わせた人材がいるのかというと、実はそうではない。様々な組み合わせがある。そして、代表的なタイプは、三つに集約できる。

①うしろ向き

一つめは、「とにかく後ろ向き型」の人材だ。志望企業に入社できなかったという事情の人も一部にはいるが、働くということ自体に後ろ向きの人も多い。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「孤独死が怖い!!」 独りぼっちで死ぬのがイヤなアナタに江原啓之が届ける言葉のパワー

「孤独死が怖い!!」 独りぼっちで死ぬのがイヤなアナタに江原啓之が届ける言葉のパワー

離婚や癌宣告、配偶者の死、未婚・・・私たちの生活は数十年前とは違い、独りぼっちで死ぬ環境が整いつつあります。自由度が高まり、幸せの定義が曖昧な時代。独りぼっちで死ぬ事が「不幸」と思っていませんか?そんなアナタに江原啓之氏が届けたい言葉。これらを紹介します。
鈴木康平 | 895 view
ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

時間やお金に余裕がでたら人間は誰かのために行動を起こしたくなるのかもしれません。それは大学生などの学生かもしれませんし、社会人や主婦、シニア世代という事もあるでしょう。ボランティアを始めるのは人間的に素晴らしいですが、「何からスタートすればいいの?」と迷ってしまう人も多いでしょう。そんなボランティアの始め方を紹介します。
鈴木康平 | 623 view
昇進できる人「5つ」の特徴|あなたの“出世意欲”は満足していますか

昇進できる人「5つ」の特徴|あなたの“出世意欲”は満足していますか

あなたには「出世意欲」がありますか? と質問されて「ハイ」答える人が半数以上います。では、希望通り自己評価通り「昇格」している人はどのぐらいるのでしょうか。なぜだか、ビジネスの社会で成功してきた「昇進」できた人には共通とも言える特報がありました。9つの特徴から「5つ」に絞ってご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 1,841 view
職場で必須スキル「女性を褒める」方法|オンナの心に刺さらない男の3つの誤解

職場で必須スキル「女性を褒める」方法|オンナの心に刺さらない男の3つの誤解

職場にいる女性を敵にまわす必要はありません。中には実権を握る女性もいることもあり、味方になってくれるほうが何かといいのはお分かりかと思います。しかし、女性の心分からず苦戦している方もいるのではないでしょうか。女性を上手に褒めることは大事なスキルです。あなたが思い込んでいるその褒め方は、女性にとって不快指数がマックスになっているかもしれません。
SOCIALZINEの志水 | 2,078 view
仕事の基本ホウレンソウ「報告・連絡・相談」から交代|人材が育つ「かくれんぼう」

仕事の基本ホウレンソウ「報告・連絡・相談」から交代|人材が育つ「かくれんぼう」

あなたの会社では何が基本になっているでしょうか。社会人の基本と言われるホウレンソウ「報告・連絡・相談」は、もう必要ないかもしれないとの声も。ホウレンソウでは「人」が育たない場合も考えられるようです。今のスピードある企業にあわせて、今度は「かくれんぼう」が良いのではないかという意見もあります。ホウレンソウの基本と、かくれんぼうが良い場合の理由をご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 44,637 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水