2017年3月23日 更新

ビリオネア数「史上初2,000人突破」|世界長者番付2017“の顔ぶれ

毎年発表される億万長者と言われるビリオネアのランク付け。資産総額10億ドル(約1130億円)以上の「ビリオネア」2017年版世界長者番付をもうご覧になりましたでしょうか?今回は、あの方の顔もあり、史上初2,000人突破!上は上だけで富を形成しているようですが、さすがの顔ぶれですね。

415 view お気に入り 0
世界長者番付2017、ビリオネア数は史上最多に | F...

世界長者番付2017、ビリオネア数は史上最多に | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

アメリカの経済誌「フォーブス」が2017年版の世界長者番付を発表した。今年はトランプ相場などの影響で、ビリオネア数が昨年の1,810人から233人増えて2,043人に。
しかも……これが「完全」な二極化↓↓↓
ここ1年で資産額が増加した人の数は、減少した人の3倍に達している。
Free illustration: Packs, Pile, Money, Finance - Free Image on Pixabay - 163497 (13059)

首位第1~5位

1位「4年連続」ビル・ゲイツ氏860億ドル

今年の番付では、資産総額を昨年の750億ドルから860億ドル(約9兆7000億円)に増やしたビル・ゲイツが、4年連続かつ過去23年間で18回目となる首位に輝いた。
ビル・ゲイツ氏の名言とも言われていますが、
「いまでもお金そのものには興味がない。
仕事と莫大な富と、どちらを選ぶと聞かれたら、仕事を選ぶ……(続)」
そんなゲイツ氏は、フォーブス誌に「ある点を超えたら富は意味を為さなくなる」とコメント。
【最新】フォーブス誌の世界長者番付2017:トランプ相...

【最新】フォーブス誌の世界長者番付2017:トランプ相場でビリオネア数は史上初の2,000人突破|U-NOTE [ユーノート]

2位「投資の神様健在」ウォーレン・バフェット氏756億ドル

2位には「投資の神様」として知られるウォーレン・バフェット氏がランクイン。バフェット氏はトランプ相場の恩恵をもっとも受けている人物の一人。
増加幅が2番目に大きかったのはウォーレン・バフェットで、資産額を昨年から148億ドル増やし、スペイン衣料品大手ザラの創業者アマンシオ・オルテガから2位の座を奪還した。
ウォーレン・バフェット - Wikipedia

ウォーレン・バフェット - Wikipedia

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「もったいない」に隠された本当の意味 あなたは知っていますか?

「もったいない」に隠された本当の意味 あなたは知っていますか?

2004年にノーベル平和賞を受賞したマータイさんが世界中に広めた日本の「もったいない」。 あなたは「もったいない」に秘められた本当の意味を知っていますか?
socialzine管理部 | 545 view
お金の基本「資産形成」と「資産運用」の違い|知っているようで知らないマネーの基本

お金の基本「資産形成」と「資産運用」の違い|知っているようで知らないマネーの基本

あなたは、「資産形成」と「資産運用」の違いをご存じでしょうか。資産(資金)を殖やすこととして使われる言葉ですが、意外とその違いを明確に認識している方は少ないかもしれません。人生無理なく楽しむためにも、自分と家族のライフプランを棚卸し、今重要視されている「資産形成」と「資産運用」をもう少し身近に感じてみるのは大切かもしれませんね。
SOCIALZINEの志水 | 672 view
キャビンアテンダントがオススメする世界の都市3選|死ぬまでに一度は行きたい!

キャビンアテンダントがオススメする世界の都市3選|死ぬまでに一度は行きたい!

仕事柄、世界中を飛び回っている国際線のキャビンアテンダント(スチュワーデス)。そんな百戦錬磨の彼女たちを持ってして、「死ぬまでに一度は行くべき!」といわしめる都市は一体どこなのか?調べてみました。
山岡ソースケ | 553 view
長財布にしてもお金持ちどころか貧乏になるかも!? 成功者と敗北者の違いは?

長財布にしてもお金持ちどころか貧乏になるかも!? 成功者と敗北者の違いは?

「お金持ちはお札や小銭を大切にするから長財布を愛用する」。お金持ちになるために折り畳みやがま口財布を止め、長財布に切り替える人が多いですが、本当に財布を変えればお金持ちになれるのでしょうか?もしかしたら逆にお金持ちではなく、貧乏人になってしまうかもしれませんよ。
鈴木康平 | 5,005 view
将来約254億円予測「カプセルホテル」最前線|狭い、しめった印象はもう古い

将来約254億円予測「カプセルホテル」最前線|狭い、しめった印象はもう古い

あなたの知っているカプセルホテルは、狭い、足がぶつかる、“しめった”印象、他にはどんな感想をもっているでしょうか。それはもう古いようで、3キーワード「価格」「柔軟性」「新しいデザイン」で拡大しています。実は日本の大阪が発祥のカプセルホテルは、世界中にひろがり、2022年末には2億2600万ドル(約254億円)に拡大すると予測されています。最前線のカプセルホテル事情をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 675 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水