2018年6月21日 更新

立ち飲みビストロ「富士屋本店グリルバー」が三軒茶屋に復活!

三軒茶屋で釣り堀跡と呼ばれて親しまれていた「富士屋グリルバー」は6月3日、GEMS三軒茶屋にグランドオープンしました。早速、酒豪のための最新情報をチェックしてきました♪

126 view お気に入り 0
富士屋本店グリルバーは、東京・三軒茶屋の釣り堀跡地と呼ばれ、親しまれていた場所で営業をしていて、口コミで話題となって連日大盛況でしたが、建物の老朽化のため閉店。

しかし、今回、新たに、三軒茶屋に以前のグリルバーを彷彿とさせる「富士屋本店グリルバー」が6月3日からオープンしました。
 (87254)

「築地からその日に仕入れた新鮮な食材を使って調理するメニューが人気です。毎日仕入れた新鮮な食材によっても変化することので、飽きのこないメニューが楽しめるのもみなさんに愛されている理由の一つなのではないでしょうか」(店長)。

新鮮なお料理にぴったり合う、店長がオススメするドリンクメニューは、「自家製サングリア」です。

「今の時期は、オレンジ、りんご、バナナの3つの種類で展開しています。うちのサングリアは、赤ワインやシナモン、そして旬のフルーツをつかって手作りで仕上げています。
普通は、使用したフルーツは処分してしまうお店も多いと思うのですが、富士屋本店では、フルーツもジャムにしてさらにフルーツを味わってもうらえるように工夫していますので、ほかにはなく、とても濃厚ですよ」(店長)。


キッチンを客席が囲むコの字のカウンターも魅力のひとつ

店内に入ってまず、目に飛び込むのは、オープンなキッチンカウンター。
そのまわりを囲んでいるのがコの字型の客席です。

ここではキッチンで調理をするシェフの動きを間近に見ながら、ライブ感覚で調理している姿が臨めるんです。

 (87255)

お料理はビストロ料理を軸にリーズナブルな前菜から高級食材を使った幅広い品々が並びます。

中でも1番人気のある定番メニューは、「牛レバームース」(300円)。

小さなコーンにレバームースがたっぷり入っていて、見た目もとても可愛いんです。
しかし可愛い見た目とは裏腹に、レバームースの本格的な濃厚さに思わず感激してしまいます。

牛レバーソースと相性が良いのはポルトガルの白ワイン。ぜひマリアージュを楽しんで見てくださいね。
 (87257)

東京・渋谷の飲兵衛の聖地として、愛され続けている老舗の「富士屋本店」はもともと酒屋さんから始まりました。「富士屋本店グリルバー」はここの系列店です。

だから、酒類のメニューも充実していてコスパも良いんです。
ソムリエがセレクトしたワインを中心に常に100種類ほどを取り揃えているので、お酒を選ぶのも飽きませんね。
お酒が好きな人がハマってしまう理由がわかりますね。

ちなみに渋谷店には吉田類も頻繁に訪れる?

渋谷にある富士屋本店は、1000円でもお酒が十分楽しめるリーズナブルなお店として有名です。


この地で約130年前に酒屋として営業を始めた同店は、約45年前にビルを建て現在の立飲みになったそう。だが、この店も渋谷の再開発の影響で数年後には閉店をせざるをえないのだとか。
初めての店に行くと、アレもコレも!とテンションが高まってしまう諸兄も多いだろう。しかも、この店の多くのメニューが1品500円以内で頼めるというコスパの高さ。でも、そこをグッと我慢して少しずつオーダーするのが『富士屋本店』での暗黙のマナー。
とにかくメニューもリーズナブルで、しかもどれも美味しすぎる。
ディープな店内に一歩足を踏み込むと、その魅力に虜になります。
ぜひこちらのお店もチェックしてみてくださいね。
店名:不二家本展グリルバー
所在地:東京都世田谷区太子堂四丁目23-11
ビル名:GEMS三軒茶屋(ジェムズサンゲンヂャヤ)
営業時間:平日17:00〜24:00
定休日:月曜日
TEL:03-6450-7322
アクセス:東急田園都市線「三軒茶屋」駅より徒歩2分
東急世田谷線「三軒茶屋」駅より徒歩2分
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部