2018年1月30日 更新

Facebookグループで「強いコミュニティ」構築|2018年は熱いフェイスブックグループに

今回は、ますます利便性が向上するであろうという「Facebook(フェイスブック)グループ」について取り上げました。これから価値が高くなるかもしれない最高のコミュニティ作りを、「Facebookグループ」で構築する方法をご紹介いたしますね。繋がるコミュニティづくりとして、高い評価も得られているFacebookグループを活用できればニッチなコンテンツになる可能性があるかもしれません。

1,357 view お気に入り 0
Free photo: Human, Observer, Exhibition - Free Image on Pixabay - 2944064 (74541)

Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグ氏は「世界中の人と人を身近にする」というミッションのもと、「Facebookグループ」の機能を拡充することを示しています。
Facebookに実装されている様々な機能の一つが「Facebookグループ」です。
Free illustration: Marketing, Megaphone, Market - Free Image on Pixabay - 3111733 (74533)

今回は、ますます利便性が向上するであろうという「Facebookグループ」について取り上げました。

最高のコミュニティ作りを、「Facebookグループ」で構築する方法をご紹介いたしますね。もしかしてメルマガ以上の結果を残している方もいるかもしれません。
以前は「Facebookページ」と、「Facebookグループ」を間違ってしまうと聞きましたが、最近は使いこなしている方が多いので、少ないかもしれませんが「別もの」です。

「FacebookグループとFacebookページの違い」

FacebookページはFacebookのユーザーでなくても誰でもアクセスできる開かれたページですが、Facebookグループは基本的にメンバーしかアクセスできない閉じたページです。
Facebookページは、全Facebookユーザー、Facebookを使用していない人でも見れる。Facebookグループの「基本」は見れませんが、3つの中から設定を選択できます。※後で別途ご紹介します。
FacebookページはGoogleやYahoo!などの検索サイトの検索結果に表示されますが、Facebookグループは検索サイトでヒットすることはありません。
Facebookページは双方向のコミュニケーションを取りにくい一方で、Facebookグループはチャットやファイル共有機能を活用して双方向のコミュニケーションを取りやすい設計になっています。
Free photo: Personal, Network, Social Media - Free Image on Pixabay - 3108155 (74532)

Facebookページもコメントなど残すこともできますが、相手が基本「人」として作成されているページはあまりなく、コミュニケーションはとりにくいとも言えます。

ココ▼が、イメージとして、分かりやすいかもしれませんね

Facebookページにいいね!をしてくれた人は「ファン」、Facebookグループに参加してくれた人は「メンバー」となり、コミュニティに対する関わり方が異なります。
どちらも、Facebookの個人アカウントとは別につくることができます。共通としては、Facebookページ、Facebookグループともに、複数作ることができます。

どちらが、どの目的で作成されやすいかと言えば↓
企業や有名人などが、情報発信を主たる目的として利用したいならFacebookページ、
同じ目的や興味を持った人同士でコミュニケーションを深めていきたい場合はFacebookグループが適していると言えるでしょう。
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「おじさんLINE」と「Facebookおじさん」の特徴|若者が探す“おじさんのいないSNS”

「おじさんLINE」と「Facebookおじさん」の特徴|若者が探す“おじさんのいないSNS”

そもそも、SNSは若者のものだったといいますが、ソーシャルメディアの拡大には年齢層の拡大は必要なこと。しかし、女子高生や若い女子は、「おじさんLINE」ごっこで遊び、「Facebookおじさん」に違和感をもっており、おじさんのいないSNSはどこか探して移動をしています。キモイといわれる〇〇おじさんとは、どんな特徴があるのでしょうか。「おじさんLINE」「Facebookおじさん」を取り上げてみました。
2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

無くてはならない日々チェックが日課でもあるSNS。ソーシャルメディアは右肩上がりの状況ですね。そして変化もはやく、あっという間に使用もユーザー層も移動しています。最新2017年5月更新のSNS業界が今どのようになっているのかをご紹介します。今回は、Facebook、Twitter、Instagram、LINEを選んでみました。どのくらいのユーザー数なのかを含めてお届けいたします。
世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

米Facebookが、先日発表した利用者数「世界人口の4人に1人」が利用!まさにマンモスクラスになっているのがわかります。どこから来た数字なのかは2017年1月から3月期決算による算出で、月間利用者数19億3600万人と、20億人目前まで迫っている増加です。他の主力SNSと比較しても、Facebookがマウントをとっているとしか言えない増加です。この力なにが利用と売上をあげているのでしょうか。
Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebook(フェイスブック)は、ブランディングツールとして多くの人が利用していますね。そして、やっぱり気になる「シェア」の獲得方法。最近シェアの多い〇〇診断コンテンツは、なぜ多くシェアされるのでしょうか?また、ある投稿の中には、驚く数字で再生されている動画もあります。Facebookで「1万シェア」数以上獲得した事例も、あわせてご紹介します。
フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

最近の話題では、テレビ業界がもう「停滞」しているように思えているかもしれません。しかし、ソーシャルが模倣を試みるほど、市場は十分な"利益”が出ているといいます。コマーシャルを見ていても、大手企業の広告がよく目にはいります。まだ広告出稿は、TVが中心な様子。それは、どこも欲しい枠ですね。Facebook(フェイスブック)では、動画の提供を拡大し、テレビ広告用の予算を呼び込もうとしています。ここの手段を行う前にすべきことは「視聴する時間」だと指摘。詳しくは本文でご紹介いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水


おすすめの記事

今注目の記事