2018年12月3日 更新

新年の挨拶はスマホかSNS?変化する日本の慣習”来年から出さない”予告「終活年賀状」が話題

”平成最後”となる今年。年賀状の販売が開始しました。さて、その年賀状が年々と頭を悩ませる問題に?実際、長年親しんできた年賀状のやりとりについて考える人は多く、お墓の整理、金融関係の整理、死ぬまでにやりたいことを叶えていくなどの「終活」に加え、そのあらたな形態として、今「終活年賀状」が注目を集めているようです。人間関係を整理したいから?高齢のため?事例を通して、その理由や方法についてまとめていきます

153 view お気に入り 0

今年も悩む?「年賀状」

今日で11月も最後。平成最後となる今年の年賀状の販売が開始しました。
 (101387)

2019(平成31)年の年賀はがきの引受開始は12月15日(土)からになるそうです。

そして来年は元号が新しく変わる年でもありますよね。
12月に入ると、師走ならでは、クリスマス、忘年会などの飲み会の付き合いも増え、いつも以上に疲れが溜まる人も多いことでしょう。
 (101388)

そんな中、郵便局のHPを確認すると「年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ2018年12月25日(火)までに差出しをお願いします」とのこと。

やっぱり今年もそうなんだ・・・
「元旦に到着するためにはクリスマスまでに投函を!」と追い立てられるのが「年賀状」ではないだろうか。
 (101389)

仕事の繋がりがあり、仕方なく出している人もいれば、それこそが年末の恒例行事と楽しみにしているという人、ただの生存確認となっている人もいるだろう。

年賀状を出す人の数は年々減少傾向に?

さて、年末になると頭を悩ませる?年賀状ですが、実際の売れ行きはどうなのでしょうか。
2019年用の年賀はがき当初発行枚数は、24億21万2,000枚であったと日本郵政株式会社が発表した。
 (101392)

18年用の当初発行枚数については25億8,600万8,000枚であり、前年と比べて7.2%の低下となっている。
新元号のスタートは19年5月からであるため今回が平成最後の年賀状となるが、年賀状を出す人の数は年々減少傾向にある事が窺える。
 (101391)

年賀状に対する個人の意欲が低下している事が伺えますね。

また加えて、19年分からの年賀はがきが”10円の値上げ”となった事も原因の一つという見方もあるようです。
71 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バテるのは夏だけじゃない・・冬に感じる”倦怠感”や”疲労感”の正体「冬季うつ病」原因と対策

バテるのは夏だけじゃない・・冬に感じる”倦怠感”や”疲労感”の正体「冬季うつ病」原因と対策

12月は、クリスマス、忘年会、年末年始など・・イベントが盛りだくさん待ち受ける季節。せっかくの楽しい時期なのに、「毎年この季節は、体調がすぐれないなぁ」なんていう方も少なくないのではないでしょうか。実はその症状、この季節に多くの人がかかると言われている「冬バテ」が原因かもしれません。どんな症状を指すのでしょうか?今回はそんな「冬バテ」の予防法について、また、寒い季節を健康に過ごす秘訣もご紹介します
2018年「インスタ流行語大賞」を発表!約40万語から”厳選人気20ワード”と解説を一挙公開

2018年「インスタ流行語大賞」を発表!約40万語から”厳選人気20ワード”と解説を一挙公開

今年もあと残すところとなり、平成最後の年末を迎えます。2018年はSNSの中でもインスタグラムの利用者が、より急増して、若者を中心に“インスタ映え”という言葉が、より使われた一年となりました。SNSマーケティングを手がける企業が、インスタで若者を中心に使用されたワードの内、約40万語の中から「インスタ流行語大賞」として”20ワード”を発表!その厳選した人気ワードと、その意味の解説と共にご紹介します
「フレッシュネスバーガー」没メニューから”激ウマ”一品、ダレトク復活!人気Best3も振り返り

「フレッシュネスバーガー」没メニューから”激ウマ”一品、ダレトク復活!人気Best3も振り返り

5日放送の「有吉弘行のダレトク!?」の「没メニューレストラン」企画がSNS上で話題に。この企画は商品開発者の力作であっても、何等かの理由で、惜しくも却下された「没メニュー」を紹介し、有吉さんやゲストに試食してもらい、選ばれた1品を実際に販売するというもの。今回は「フレッシュネスバーガー」が参戦!一番美味しい没メニューを期間限定で販売してもらうことに!そんなフレッシュネスの人気ベスト3もご紹介します
「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

生活雑貨ストア「ロフト」が、1月より展開してきたバレンタイン広告にある騒動が・・。「女の子って楽しい」とのコンセプトながら、ウェブCMでは登場する女性らが実は”不仲”と示唆するシーンが多数登場。動画をめぐりSNSで「女性蔑視を感じて不愉快」などと疑問視する声が上がり、ロフトは、その後広告を取り下げました。しかし、この風刺的なCMを楽しいと思った人もいたようです。そんな今回の騒動について振り返ります
開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

世界最高峰!音楽の祭典「グラミー賞」が間近に迫っています。第61回(2019年)となる今回の授賞式は、2月10日、日本時間11日に開催。近年のアメリカで重要視されているのが“Diversity(多様性)”というテーマ。グラミー賞にも大きな影響を及ぼし、今回は幾つかの変更点が生じています。グラミー賞主要4部門を中心に、今最も注目アーティストや楽曲などをチェックして、来る授賞式を楽しみにしていましょう

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事