2017年2月19日 更新

成功者への道は早起きから!成功者が早起きする理由

毎日家を出るギリギリに起きて せわしなく1日をスタートしていませんか? 遅くまで仕事に追われたり、つい夜更かしをしてしまい 朝スッキリ起きられない… いつも時間がない、と心の余裕も失っていませんか? 日中を活動的に、効率的に過ごすために 成功者はみんな朝早く起きています。 そんな早起きを身につけ時間のゆとりを持ちましょう。

340 view お気に入り 0
投資家でテレビの経済番組の司会も務めるケビン・オレイリーや、米ヴォーグ誌の編集長アナ・ウィンター、オバマ大統領などを含め、実に数多くの成功者たちが、夜明けに起床し、仕事に出かけていきます。
「週90時間働け」と言ったスティーブ・ジョブズや、「起業家は週100時間働け」と言い切るイーロン・マスクあたりになると、朝も昼も夜もなければ、休みも関係ない。
スターバックスの創業者ハワード・シュルツは朝四時半に起きて、まず妻のためにコーヒー(当然エスプレッソ?)を淹れ、朝6時には出社して、夜7時には自宅に帰るというし、アップルのCEОティム・クックもやはり朝4時半に起きて、部下にメールを送ったのち、夕方五時にはジムに行って身体を鍛えることが日課だという。
ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズニーのCEOボブ・アイガーは4時半から読書を…と、成功者にはそれぞれの朝習慣があります。
成功者として名のある人はみんな
朝の時間を大切にしていることがわかりますね。
Free photo: Man, Reading, Touchscreen, Blog - Free Image on Pixabay - 791049 (2202)

早起きすることで得られるメリットとは?

早起きの最大のメリットは自分の時間を有効的に使えることです。朝から晩まで仕事だけで終わってしまう場合でも、朝早くに起きることで自分の時間として使うことができるんですね。
朝の心は研ぎ澄まされています。つまり、困難なことを行うのに最適な時間なのです。
Free photo: Ham Ninh, Phu Quoc, Vietnam, Island - Free Image on Pixabay - 1050828 (2206)

穏やかな朝の空気は、瞑想や考えごとをするのに最適で、平穏な気持ちになれます。
早起きすることで、朝食も余裕を持って食べることができます。代謝も上がり、エネルギッシュな気持ちを持てるのです。
私たちは夜に最もクリエイティブになり、朝に最も生産的になるそうです。夜に生み出したクリエイティブなアイデアを、朝に実行してみては?
Free photo: Break, Breakfast, Corporate, Cup - Free Image on Pixabay - 18987 (2210)

朝は穏やかで静かな時間。
成功者はこの時間を有効につかっているんですね。
朝に時間があると朝食もゆっくり摂ることができます。
1日を活動的に過ごすためには健康体であることが大切です。
早起きをすることで健康まで手に入れられることは嬉しいですね。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

高野葵 高野葵