2017年4月1日 更新

新卒就活に親同伴は当たり前!?大学生の保護者はなぜ就活生と一緒に行くのか?

大学生の就職活動は今後の人生に大きな影響を与えます。新卒一括採用が多い大手企業を考えれば、失敗は許されない。そんなプレッシャーを感じる大学生も多いはず。社会人として最初の試練ですが、親が就職活動に同伴する例が増えています。一昔前なら考えらませんが、エントリーシートを書いたり、面接にまで同行したりする。これが今時の就活なのでしょうか?

2,311 view お気に入り 0

●親同伴の新卒就活は当たり前!?

 人手不足がつづく中、採用で家族へのアプローチに力を入れる企業が増えている。就活で保護者の意向を気にする学生は半数近くにのぼり、親の反対で内定を辞退する学生も少なくない。

欲しい人材を採用するには本人の気持ちを固めるだけでは不十分だ。就活のカギを握る親心をつかむための「過保護採用」の現場を追った。
Free photo: Baby, Couple, Wedding Rings, Woman - Free Image on Pixabay - 1150109 (14579)

大学3年生になると就職活動を意識する人も多いでしょう。
卒業後の生活がかかっているので本人も必死のはず・・・

しかし、そこに親が関わってくるという事実は本当に熱心か疑ってしまいます。
社会人経験がある両親のサポートはとても参考になりますが、親同伴の就職活動は本当に正しいのでしょうか?
 「親が就活に口出ししてきます。過保護じゃないでしょうか」――。就活探偵団にこんな悲鳴が舞い込んできた。我が子の就活に「何か力になりたい」と思う親は多いだろう。

しかし、最近は思いが強すぎるのか、過干渉となって子の就活をぶち壊す親、さらには子の自由を奪ってしまう「毒親」のようなケースすらあるという。親が絡んだ就活の最新事情を取材した。
 今年10月のある晴れた土曜日、私は娘の通う大学に足を運んだ。娘はある私立大学の3年生。そう、現役の就活生である。その日は大学で就活生の保護者のための就職懇談会が開催されたのだ。行ってみて驚いた。
Free illustration: Business, Internet, Web, Technology - Free Image on Pixabay - 1012761 (14583)

1つの例として「親が勝手に就活サイトにログインし、エントリーする企業を決める」
これは実際に行われているようです。

社会人経験があり、子供の長所や短所を熟知している親。
自分なら子供の能力が活きる会社をピックアップできる。
そう思っている人もいるのかもしれません。
就活用語として定着した「オワハラ」だが、一方で最近の企業採用担当者を悩ます言葉が「オヤカク」である。

「オワハラ」とは、「就活終われハラスメント」の略で、企業が就活学生に内定を出す際や内定を出した後に、「他社への就職活動をやめさせる、あるいは他社の内定を辞退するよう迫る行為」のこと。
そうした就職塾側も親心をくすぐるような口説き文句を使っている。「小学校、中学校、高校と塾や予備校にいくら費やしてきたんですか?いい大学へ入れるためですか?
こうした「オヤカク」は、内定辞退を防ぐだけでなく、親を味方につけることで入社後の早期転職を抑制する効果も期待されているようだ。
Free illustration: Heart, Love, Puzzle, Missing Part - Free Image on Pixabay - 1745300 (14588)

次に問題になっているのが履歴書やエントリーシートを親が書く事です。
自分で考えるのが大変で、手間もかかるのが就職活動の履歴書やエントリーシート。

しかし、考えてみれば親に「自分の強みや弱み」、「志望動機」を書かれるのです。
ちょっと考えれば恥ずかしいですが、実際に行っている人も多いのかもしれません。
2018年卒(現大学3年生)の就職活動が3月から始まって約3週間が経ちました。当事者を子に持つ親たちは、毎日のようにスーツに身を包んで出かけていく娘・息子にどう声をかけたらよいのか、戸惑う瞬間もあることでしょう。
極端な例かもしれませんが、面接に同行する親もいるようです。
密室の中で行われる面接。
自分の子供がどういう質問をされるのか?

チェックしたい気持ちはわかりますが、企業としてはそういう親をもつ大学生を本当に採用したいのでしょうか?
思わず、疑問に思ってしまいます。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

就活で4社に1社が不採用結果を出さない現実 「サイレントお祈り」を人事担当者はなぜしてしまうのか?

就活で4社に1社が不採用結果を出さない現実 「サイレントお祈り」を人事担当者はなぜしてしまうのか?

不採用通知を出さない「サイレントお祈り」が新卒就活で問題になっています。「今後のご健闘をお祈り申し上げます」という「お祈りメール」も問題だが、相手が何も言ってこないサイレントお祈りも気分が悪いモノ。なぜ企業はこうした習慣を生み出したのでしょうか?
鈴木康平 | 920 view
2017年のブラック企業大賞が続々発表される! NHKやヤマト運輸などノミネート企業の言い分は?

2017年のブラック企業大賞が続々発表される! NHKやヤマト運輸などノミネート企業の言い分は?

従業員に精神面や身体的な負担を与え、労働環境やノルマ、就業規則などを改善しない「ブラック企業」。会社員のうつ病など精神面での不安、離職率など大きな問題になっています。日本に数あるブラック企業の中でも特に有名、さらに過労死などの問題を起こした「ブラック企業大賞2017」が発表されました。
鈴木康平 | 2,733 view
コンビニや飲食店など「人手不足」を拗らせる悪質アルバイト ゆとり世代・さとり世代にどう対応?

コンビニや飲食店など「人手不足」を拗らせる悪質アルバイト ゆとり世代・さとり世代にどう対応?

アルバイトやパートの求人倍率は1.8倍となり、完全な売り手市場となっています。それにともないコンビニや飲食店などサービス業ではアルバイト不足が問題になっています。時給を上げても大学生やフリーターが集まらない。人手不足をどう解消すればいいのか?
鈴木康平 | 1,736 view
面接官に気に入られるための就活生のウソ たくさん盛る事は許されないのか?

面接官に気に入られるための就活生のウソ たくさん盛る事は許されないのか?

就職活動では誰しも小さな嘘をつくもの。「御社が第一希望です!」と「すべり止めで受けました」では面接官の印象はかなり違う。就職活動は嘘をつくのが学生・面接官が暗黙の了解にしているのかもしれません。それでも嘘は嘘。どこまで許され、どこまで許されないのが常識の範囲なのでしょうか?
鈴木康平 | 806 view
面接で落ちるNG志望動機 サークルリーダーやボランティア活動は就職活動のアピールになりませよ

面接で落ちるNG志望動機 サークルリーダーやボランティア活動は就職活動のアピールになりませよ

「上から目線で話している」、「本当にウチの会社に入りたいのかな?」。書類選考や面接で必ずと言っていいほどある志望動機。人事の面接官を不愉快にさせるNG志望動機を書く人がたくさんいます。就職や転職活動を成功させるために、確認しておきましょう。
鈴木康平 | 1,840 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平