2018年3月17日 更新

【ショック】キャプテン翼の新しい友達がヤバイと話題に!

「ボールは友達」でお馴染みのキャプテン翼。国内外に多くのファンを持ち、あの世界最高のプレイヤー、メッシ選手も大ファンととして有名だ。そんなサッカー漫画の金字塔キャプテン翼に、この度新しい友達ができました。

61 view お気に入り 0

キャプ翼2が新枠「ライジングサンセイ」で登場

 (79622)

㈱サンセイR&D(梅村尚孝代表取締役)は3月14日、都内台東区のショールームにて、パチンコ新台「CRキャプテン翼 黄金世代の鼓動」の内覧会を開催した。
シリーズ機第2弾である本機は、枠に多数のギミックを埋め込んだ新筐体「ライジングサンセイ」での登場。チャンス時は専用楽曲と共に最頂部で上昇、回転、展開と勝利を最大限に祝福し、臨場感を醸し出す圧倒的音圧を体感できる次世代筐体に仕上がった。また、「3DINFINITY」と名付けられた裸眼3D演出はギミックとイルミパネルの融合により限りない奥行き感を表現し、今まで体感したことのない空間リアリティを追求した作りとなっている。
上昇、回転、展開での祝福に圧倒的な音圧。

さらには裸眼での3D演出にイルミパネル。

まさに圧巻の出来栄えのCRキャプテン翼。

CRもここまで来たかという印象を受けますね。
スペックは初回突入率50%のV確ループタイプ。確変中は世界大会を舞台に、日本がシュートを決めれば16R確変が確定し、対戦国が決めれば4R通常といった分かり易いサッカー試合が繰り広げられる。通常大当たり終了後は安心の時短100回転付き。
筆者はこの辺りの詳しい話を知らないのだが、非常に興味をひかれる内容になっているのではないだろうか。

シュートが決まれば確変、なんていうのも、サッカーらしさが見えて良い。

まるでリアルの日本代表がゴールを決めた時のような感動が、お店でも繰り広げられるのかもしれまない。

ただ、一言いわせてください……。

 (79614)

学生のくせにパチンコと友だちになってんじゃねぇ!

未成年立ち入り禁止だぞ、ここは!

めっちゃ不良少年じゃねぇか!

サッカーボールはどこにやったんだよ!

まとめ

Free illustration: Think About, Salaried Worker - Free Image on Pixabay - 1184858 (79623)

広告が言いたいこともわかるし、まぁこのキャッチコピーしかないだろうとも思う。

でも、何と言うか越えてはならない一線が越えられてしまった感じがして、とても心苦しい気持ちになりました。

socialzine最新情報はLINE@からお知らせ

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【戦慄】「鬼ごっこしよう。しないと殺す」→数を数えている間に逃走して無事

【戦慄】「鬼ごっこしよう。しないと殺す」→数を数えている間に逃走して無事

不審者や危険な事件があった時に通知が入る緊急情報サービス。毎度毎度衝撃的なニュースが飛び込んでくるのだが、今回もかなり衝撃的な通知が入ってきました。
山岡ソースケ | 64 view
【衝撃】中国で「レンタル彼女」開始|料金は20分17円!

【衝撃】中国で「レンタル彼女」開始|料金は20分17円!

リア充なんて言葉が出来てからもはや久しいが、こうして名前を付けて嘲笑するような気風は、裏を返せば嫉妬心ゆえとも言えるだろう。そんな感情のなれの果てか、中国で驚くべきサービスが開始されました。
山岡ソースケ | 82 view
【世界の仰天ニュース】アメリカの中学校教師、授業で仔犬をカミツキガメに食べさせ、問題に!

【世界の仰天ニュース】アメリカの中学校教師、授業で仔犬をカミツキガメに食べさせ、問題に!

日本ではちょっと考えられないような世界の仰天ニュースを紹介します。今回の舞台はアメリカの中学校。そこで行われた授業内容がエグすぎると、批判が殺到しています。
山岡ソースケ | 62 view
【世界の仰天ニュース】死亡したと勘違いされた女性、生きたまま棺桶に!脱出を試みるもそのまま死亡……

【世界の仰天ニュース】死亡したと勘違いされた女性、生きたまま棺桶に!脱出を試みるもそのまま死亡……

世界に目を向ければ、日本国内ではそうそうお目にかかれないような事件が起こっています。今日のニュースはブラジルから。衝撃的で悲惨な事件でありながらも、おいおいマジか、とも思ってしまうようなバカバカしさが詰まったその事件の顛末とは?
山岡ソースケ | 142 view
トランプ大統領とフェイスニュースの問題点 インターネット上にある偽ニュースを見分けられるか?

トランプ大統領とフェイスニュースの問題点 インターネット上にある偽ニュースを見分けられるか?

事実無根のニュースがインターネットやSNSに流れると、信じた人が拡散し、受け取った人が真実だと思い、また拡散・・・それがフェイクニュースの問題点です。フェイクニュース作成者が考える人気あるジャンルは「アメリカトランプ大統領関係」のモノが多いようです。
鈴木康平 | 74 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ