2017年10月8日 更新

事故物件を見抜くコツは? 前の住人が「自殺した・殺された・孤独死した」という怪しい部屋を借りないために

「前の住人がココで死んだらしいよ」。幽霊や怪談話の定番ですが、現代ではあながち嘘ではないかもしれません。うつ病による自殺者は増え、老後の孤独死も増えています。借りようとしている部屋が「事故物件」でないと誰が言えるでしょう。どうすれば事故物件を見抜けるのでしょうか?

547 view お気に入り 0

●事故物件を借りないために・・・

前の住人が自殺した・・・殺された・・・孤独死した・・・
こうした話は幽霊や怪談などだけではありません。
実際に普通に貸し出されているアパートやマンションでそうした事件が「ある」という事です。

もちろん、事故物件に必ず幽霊が出たり、怪しいサイコパス隣人がいたりするワケではありません。

ただ、心理的に暮らしにくい部分はあるでしょう。
どうすれば不動産屋さんから事故物件を借りずにすむのでしょう?
Free photo: Ruin, Old House, Decay, Old - Free Image on Pixabay - 2573079 (56090)

前の入居者が殺害された、自殺した、孤独死したなどの「事故物件」。心理的にそこに暮らしにくい要因のある物件として認められており、不動産の売買や賃貸の際には、買主や借主への告知義務が発生する。
事故物件公示サイト『大島てる』を運営管理されています。衝撃的な内容で思わず自宅や実家の近辺を検索してしまいましたが、どんな経緯でこのような取り組みを始められたのですか。
 慣れない一人暮らし、家族と離れる寂しさ――。この春、家族を残して関西に転勤してきた人も多いだろう。健康をどう維持するか、子どもとのきずなをどう保つかなど、単身赴任者には独身時代の一人暮らしとは違った気苦労や不安がある。
Free illustration: Kitchen, Lichtraum, Gallery - Free Image on Pixabay - 1687121 (56094)

自分らしく人生を終えるために元気なうちから備えたい――。そんな「終活」の裾野が広がってきた。墓や葬儀について考えるだけでなく、身の回りの物を「断捨離」する生前整理を始めたり、入院などの際の身元保証を第三者に頼んだりするおひとり様が増えている。
日経ビジネス2015年9月14日号の特集は「あなたに迫る 老後ミゼラブル」。現代ニッポンに生きる誰もが直面しかねない「老後ミゼラブル」の現実を浮き彫りにした。誌上でも取り上げた「3大ミゼラブル」の1つが孤独死だ。
不動産屋は契約に関して、買主や借主への告知義務が発生します。
(これから自殺や孤独死があった事故物件が当たらない・・・)
そう安心して借りてしまう人もいるでしょう。

しかし、不動産業界では「告知義務があるのは1人まで」が常識です。
なかなか借り手が見つからない物件は、社員が入居者という事にして以後の事故物件の告知をせずに済ませているケースも実際にあるようです。
Free photo: Stop Child Suicide - Free Image on Pixabay - 2369245 (56098)

自分がかつて住んだ懐かしい実家を片づける、親の残したモノたちを整理する──。高齢の親を持つ子供の多くが、いつかは直面する悲しく辛い問題だ。そして、いざ親を亡くし、実家や親の遺品を片づけようとした時、残された子供たちはそれらにまつわる思い出の強さから、整理や処分をする踏ん切りがつかなくなるという。
過去に自殺や不審死、殺人などの起きた通称・事故物件を渡り住む異色のお笑い芸人、松原タニシ(35)が12日未明、東京・六本木ニコファーレを皮切りに全国怪談ツアー(9月27日まで)をスタート。
 厚生労働省は21日、自殺に関する成人の意識調査の結果を公表した。「自殺したいと思ったことがある」と答えた人は23.6%に上り、2012年の前回調査より0.2ポイント上昇した。相談ダイヤルなど行政の対策が認知されていない実態も明らかになった。
 人生をリセットしたい。そんな思いに駆られることはありませんか。思い通りにならない時や八方塞に悩まされた時は、過去を振り返って「ああ、一からやり直したい」と思ってしまうもの。ただ、そう簡単にやり直せるものではありません。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高齢者の孤独死・ゴミ屋敷を招く「ゴミ出し難民」が各地で深刻化!?

高齢者の孤独死・ゴミ屋敷を招く「ゴミ出し難民」が各地で深刻化!?

ニュースで騒がれる事もあるゴミ屋敷。周りの事を考えない偏屈な方が引き起こす自己中心的な行動。そう考える人もいますが、ゴミ屋敷の中には「ゴミを捨てたくても捨てられない」という「ゴミ出し難民」もいるようです。高齢者に多く、健康被害を引き起こし、孤独死の原因となる可能性も・・・
鈴木康平 | 1,142 view
「実感なき好景気」を生きる現代は「いざなぎ景気」を越えた成長率!? なぜ賃金アップしないのか?

「実感なき好景気」を生きる現代は「いざなぎ景気」を越えた成長率!? なぜ賃金アップしないのか?

「景気は回復傾向にある」。政治家や経済の先生たちはそう言いますが、毎日働く人たちにとって景気回復は実感がありません。バブルやいざなぎ景気のように皆が幸せでお金に余裕のある生活がしたい。しかし、数字の上では現代の「実感なき好景気」は「いざなぎ景気」を越えるようで・・・
鈴木康平 | 1,202 view
半数が独身貴族になる未来が待っている!? 2035年の未来は少子化がより悪化!?

半数が独身貴族になる未来が待っている!? 2035年の未来は少子化がより悪化!?

20年後の未来はどうなっているでしょう?車が空を飛び、タイムマシーンがある?現実的に考えるとそんな夢のような話ではないようです。2035年には人口の半分が結婚せず、独身を貫いている。そんな鬱になるような予測が専門家によって導き出されています。なぜ「ソロモンの時代」が訪れてしまうのでしょう?
鈴木康平 | 986 view
「結婚にメリットがない」が科学的に証明された! ある意味独身が勝ち組!?

「結婚にメリットがない」が科学的に証明された! ある意味独身が勝ち組!?

結婚する事は精神的にも肉体的にも素晴らしい事。これは昔から古今東西で言われてきた事でしょう。結婚すれば家に帰って話し相手がいる温かい家庭が待っている。ウキウキしながら家に帰りたい・・・そう思えるサラリーマンはどれだけいるでしょう。結婚しないデメリットが科学的に証明されてしまい結果は悪化する一方です。
鈴木康平 | 3,221 view
「大学時代にやっておけばよかった」と社会人が後悔する7つの事!

「大学時代にやっておけばよかった」と社会人が後悔する7つの事!

学生時代は不思議と時間がゆっくり流れる感覚がありますが、有限に変わりありません。大学に入学し、楽しい時間を過ごしても4年という時間はあっという間に過ぎます。卒業し、社会人になった時に「学生時代にアレをやっておけばよかった」。そう後悔する7つの事を紹介します。
鈴木康平 | 1,102 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平