2017年4月22日 更新

ヒトから職を奪うなら「ロボットに所得税」賛成と反対|ビル・ゲイツ氏支持“ロボット税”

「ロボットが人間から職を奪うのであれば、ロボットにも所得税を払わせるべき」という理論が持ち上がり、ロボット税について対立しています。企業は猛反対していますが、ビル・ゲイツ氏やノーベル賞受賞経済学者でもあるイェール大学のロバート・シラー教授は支持。分かれるその理由は?ゲイツ氏が述べるロボット税の使い道は?

376 view お気に入り 0
Free photo: Doctor, Consulting, Office Hours - Free Image on Pixabay - 1193318 (18754)

2016年5月、欧州議会法務委員会のマディ・デルボー議員が、議会に提出した報告書でロボットに課税すべきとの考えを示した。
同議員は報告書でロボット普及によって不平等が拡大する懸念を強調し、「企業にはロボット工学とAI(人工知能)が業績にどの程度貢献しているかを報告させ、課税につなげる必要がある」と提案した。
[FT]ロボットへの課税にも一理あり(社説)  :日本...

[FT]ロボットへの課税にも一理あり(社説)  :日本経済新聞

この提案への反応は、ほとんどの人が否定的でした。

ローレンス・サマーズ元財務長官は、
「不平等を制限」するために課税するのは間違っていると発言。
シトカ・パシフィック・キャピタル・マネジメントの財務顧問Mike Shedlock氏も、
課税方法を例に何も解決はしないと述べています。

他にも否定する意見が出ている中、ビル・ゲイツ氏が支持しています。↓↓↓
ビル・ゲイツ氏やノーベル賞受賞経済学者でもあるイェール大学のロバート・シラー教授が、「ロボットが人間から職を奪うのであれば、ロボットにも所得税を払わせるべき」という理論から、「ロボット税」なるものを提案した。
AIで人の仕事が減ると言われている次世代。
課税すべき、いやすべきではないという論争は、問題と「線引き」が、とても難しいと感じます。
たとえば、ロボットは人間のパートナーだと言われることや、
そしてAIは必ずしもロボットの「かたち」をしているとは限りません。
倫理的なことや、課税をして税収をあげるためだけのことだと意見される内容も、
各専門家から見ていけば、当然の発言なのかもしれません。
しかし、ビルゲイツ氏が賛成する「課税」と、その税の使い方には、
ただ否定するだけの内容とは言い切れないところも感じます。
Free illustration: Man, Portrait, Human, Face, Head - Free Image on Pixabay - 1721463 (18755)

だがデルボー議員の主張を無視することはできない。実際にロボットが社会のさまざまな場面で普及し始めているからである。
課税に否定する理由、そしてビルゲイツ氏らが賛成する理由は?

多くの企業は猛反発

「ロボット法プロジェクト」では5つの主要目標(社会への技術の統合化、ロードマップ、分類学、哲学的・人類学的・社会学的な帰結、規制ガイドライン)を設定。
AIネットワークの構築や量子コンピューター、エコシステムの発展まで、幅広い領域にわたりロボット化が一段と進むと予測されている未来で、「人間とロボットが共存できる環境創り」を探求している。
Free illustration: Technology, Robot, Human, Hand - Free Image on Pixabay - 2025795 (18753)

しかしデルヴォー議員による「自動化によって創出された利益の報告を企業に義務づける」という提案は、多くの企業から猛反発を買う結果となった。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

AI時代「食いっぷち」のある人|6割以上の仕事が存在危機

AI時代「食いっぷち」のある人|6割以上の仕事が存在危機

5年後か10年後か20年後か、いずれAIとの共存で、仕事の65%は存在しないものになると言われています。では、AI時代でも、生き抜ける「人」はどんな人なのでしょうか。「AIで無くなる仕事があるのではなく、人が受け持つ割合が変化」するのが、本当の意味だといいます。機械が苦手な4つはどんなことなのでしょうか。
ホリエモンこと堀江貴文氏の一言「嫌な仕事はやらなければいい」|ホリエモンチャンネル働き方改革

ホリエモンこと堀江貴文氏の一言「嫌な仕事はやらなければいい」|ホリエモンチャンネル働き方改革

おなじみの、ホリエモンこと堀江貴文氏の、人気YouTube番組「ホリエモンチャンネル」。今回は【堀江貴文のQ&A「働き方変革!!」〜vol.785〜】から。今回登場する質問内容に、ホリエモンの優しい一言「嫌な仕事はやらなければいい」と発言。「言葉の力」と、そこに生まれる改革は、今後ロボットとともに歩くようになる人間社会の図式になるかもしれません。
2017年に話題にのぼるテーマを集めてみました!!注目3テーマは私達の生活をどう変えるのか?

2017年に話題にのぼるテーマを集めてみました!!注目3テーマは私達の生活をどう変えるのか?

2017年1月も終わりを迎えようとします。話題にのぼりそうなテーマがたくさんニュースやインターネットを騒がせています。今回は注目されている3テーマを集めてみました。
鈴木康平 | 270 view
今後5.10年で「生まれる」仕事|ITの進化AIが登場しても必要な職業“コグニザント”が報告

今後5.10年で「生まれる」仕事|ITの進化AIが登場しても必要な職業“コグニザント”が報告

2014年オックスフォード大学が認定として発表した「あと10年で、消える職業・なくなる仕事」というタイトルは人々の関心を集めました。テクノロジーの進化はAIの登場でますますクローズアップされています。今回、消える職業を考えるのではなく、「生まれる職業」に着目してみました。人生をどう生きるのかは、個人差がますますひろがるものと思われます。10年先のあなたは、何をしている予定でしょうか。
職場で必須スキル「女性を褒める」方法|オンナの心に刺さらない男の3つの誤解

職場で必須スキル「女性を褒める」方法|オンナの心に刺さらない男の3つの誤解

職場にいる女性を敵にまわす必要はありません。中には実権を握る女性もいることもあり、味方になってくれるほうが何かといいのはお分かりかと思います。しかし、女性の心分からず苦戦している方もいるのではないでしょうか。女性を上手に褒めることは大事なスキルです。あなたが思い込んでいるその褒め方は、女性にとって不快指数がマックスになっているかもしれません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水


おすすめの記事

今注目の記事