2017年6月26日 更新

男性の「開脚ブーム」魅力の理由が分かった!|メタボ解消・疲労回復にも効果的「開脚ストレッチ」

「開脚ブーム」なんですね。さぞ、しなやかな曲線美、美しいS字ラインの女性が180度開脚を練習しているだと思っていました。いやいや、静かにブームかもしれない「男性」からの熱い関心があるといいます。その理由は、その効果でしょうか。メタボ対策や取り切れない疲れ解消など、試してみる価値がありそうですよ。「男」の開脚方法もご紹介いたします。

2,818 view お気に入り 0
Free photo: Woman, Act, Girl, Naked, Abstract - Free Image on Pixabay - 945822 (32714)

今、“開脚ブーム”と呼ばれる状況が続いている。それを牽引しているのは、バレリーナのような美しい180度開脚にあこがれる女性たち……と思いきや、じつは世の男性たちも開脚に対して高い関心を寄せているという。
「開脚」というと、何となく“女性向けのもの”というイメージを持つ人が多いと思います。かくいう私もそうでした。女性が理屈抜きで「きれいな180度開脚をしたい!」と望むのに対し、やや理屈っぽい傾向のある男性の場合、「開脚なんかやって何の意味がある?」と冷めた目で見ているだろう、と。
ホルモンバランスと筋肉量の影響で、男性は股関節の筋肉が硬くなりがちです。けれども、女性に比べ狭くて縦長な形の骨盤は、開脚動作に向いているように思います。日頃「あぐら」をかくなど、男性は股を開く動きにじつは慣れ親しんでいるのです。
Free photo: Fitness, Female, Model, Stretch - Free Image on Pixabay - 956642 (32718)

日常の「こんな動き」「トレーニング」など様々な“良い”と言われることは多いのですが、
また同じじゃない?これもブームなんでしょう。

そういいたくなるかもしれませんが、開脚ストレッチは少々別の場所にいるようです。
なぜなら、股関節は体の中で肩の次に動かしやすい関節で、体でもっとも筋肉が集まっている部分だからです。
開脚で得られるメリットはいろいろありますが、1つは見た目が変わることです。仕事上でも相手の信頼感を得るには、すっきりした姿勢は大きな武器になりますが、この信頼感を揺るがし、実年齢よりも老けて見られる要因の1つになるのが「ねこ背」でしょう。
では、単刀直入に早く「言ってほしい」効果。開脚すると何に対して効力を得られるのでしょうか?
一例をあげると、結果的に老けこまない体が手に入るようです↓↓↓
Free photo: Active, Athletic, Exercise, Female - Free Image on Pixabay - 84646 (32716)

①「猫背」が治る……実年齢よりも老けて見られる要因の1つ
②「腰痛に効果」……体の痛みがとれる
③「慢性的な疲れがとれる」……筋肉の中を通っている血管やリンパ管の圧迫を解消
④「メタボが解消」……結果的に体が軽くなり、動きやすくなる

①実年齢よりも老けて見られる猫背

ねこ背は、無理に背筋を伸ばしたりしても治りません。背骨の根元にあたる股関節が硬くなっていることで、腰が丸まってしまっているからです。
例えるなら、股関節は“体の土台”。股関節が硬くなって腰が丸まった状態は、基礎工事をしていない土地にビルを建てたようなもので極めて不安定です。開脚に取り組むことで体の土台、つまり股関節に柔軟性が出てくれば、安定性のある体勢に調整しやすくなり、背筋が正しい状態に収まってくるのです。
Free photo: Stretching, Sports, Woman, Athlete - Free Image on Pixabay - 498256 (32715)

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏バテならぬ「隠れ秋バテ」90%も自覚なし|秋バテ諸症状とセルフ診断に解消法

夏バテならぬ「隠れ秋バテ」90%も自覚なし|秋バテ諸症状とセルフ診断に解消法

疲れやすい、食欲もない、だるい、眠れない、病院に行くほどでもないような気がする。ただの「疲労」かもしれないと思っている“あなた”に。もしかして、その症状は「秋バテ」かもしれませんよ。驚く数字ですが、約90%の人が自覚なしという「隠れ秋バテ」のひとりかもしれません。秋バテ症状や自己診断チェックと、改善方法などご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 315 view
カロリー制限ダイエット3つのデメリット|ダイエットの常識「カロリー神話」は崩壊している

カロリー制限ダイエット3つのデメリット|ダイエットの常識「カロリー神話」は崩壊している

今でも信じていますか?「カロリー神話」。ダイエットというと、真っ先に思い浮かぶのは「カロリー制限」でしょうか。しかし最新の研究によって、すでに180度見解が変わっているとされています。そして、カロリー制限ダイエットには「3つのデメリット」があると伝える『カロリー制限の大罪』を上梓した山田悟医師からの記事を取り上げました。
SOCIALZINEの志水 | 425 view
トランス脂肪酸アンチ!! 無添加に拘る木村屋はアンパンだけじゃなくクリームパンも美味い!! 

トランス脂肪酸アンチ!! 無添加に拘る木村屋はアンパンだけじゃなくクリームパンも美味い!! 

アンパンといえば木村屋と言われるくらい1つのブランドとして定着しています。しかし、木村屋はアンパンだけじゃなく、無添加のクリームパンもコンビニで人気です。袋パンを作る食品メーカーとしては珍しい無添加への拘り。3月に販売したクリームパンは1日約7000コを販売しました。
鈴木康平 | 1,375 view
「ハンドスピナー」はなぜ大人気ホビーになった? ユーザーのYouTube投稿や遊び方など異例尽くしの玩具を見る!

「ハンドスピナー」はなぜ大人気ホビーになった? ユーザーのYouTube投稿や遊び方など異例尽くしの玩具を見る!

電池も充電も必要なく、スマホゲームとの連動もない。そんなシンプルで昔のレトロゲームをどこかイメージさせるハンドスピナー。おもちゃメーカーが広告に力を入れたわけでもなく、ユーザーのYouTube投稿によりブームを引き起こしました。どんなホビー商品なんでしょうか?
鈴木康平 | 1,008 view
芥川賞と直木賞の受賞が決定! 第157回沼田真佑氏の『影裏』が芥川賞 佐藤正午氏の『月の満ち欠け』が直木賞に選ばれました!

芥川賞と直木賞の受賞が決定! 第157回沼田真佑氏の『影裏』が芥川賞 佐藤正午氏の『月の満ち欠け』が直木賞に選ばれました!

第157回「芥川賞」に沼田真佑氏の『影裏』、「直木賞」に佐藤正午氏の『月の満ち欠け』が選ばれました。2人は初受賞。芥川賞は主に無名・新進作家に送られ、直木賞は新進・中堅作家が対象となります。受賞者である2人には正賞として時計、副賞として賞金100万円が与えらました。
鈴木康平 | 255 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水