2017年8月25日 更新

RAD野田洋次郎、松本潤×有村架純「ナラタージュ」主題歌手がける 歌うは17歳の女子高生?

10月7日公開の映画「ナラタージュ」予告編が公開され、野田洋次郎(RADWIMPS)が同作を実際に観て書き上げたというラブソングが主題歌となり話題に。同作は松本潤が主人公と”禁断の恋”に落ちるヒロインを有村架純が演じる小説の実写化。主題歌は現在17歳の現役女子高生のシンガー・adieuが歌います。彼女の歌声は、映画の企画を10年にわたり温めてきた行定勲監督と製作陣が思い描いていた通りと評判の様です

103 view お気に入り 0
「わたしには、あなたでした。」と想いあう2人が、どうしようもない運命だと知ってなおも抗いながら、不器用に恋を貫こうとする姿が映し出され、切なくも希望にあふれた楽曲が2人の恋路を包み込む。
そして、泉に想いを寄せ、一度は恋人になるも葉山を忘れられない泉への恋心と嫉妬に揺れる大学生・小野玲二役を坂口健太郎が務めるほか、さらに大人になった泉の同僚となる宮沢役を瀬戸康史が、葉山の妻・美雪役を市川実日子が務め脇を固める。

野田洋次郎作 ”珠玉”の恋愛ソング

また、主題歌「ナラタージュ」は24日より、各音楽配信サイトより先行配信リリース。
今作に共鳴した野田さんが、映画の映像を実際に観たうえで、書き上げたラブソングだそう。
同曲は野田洋次郎が作詞・作曲を担当し、水曜日のカンパネラ「ナポレオン」や柴崎コウ「そして僕は途方に暮れる」などを手がけてきたプロデュースチーム・Tokyo Recordingsが野田との共同アレンジャーとして参加した楽曲となっている。
透明感の中に優しさとあどけなさを混在させる彼女の唯一無二の歌声と、野田洋次郎・作詞作曲による楽曲とのめぐり会いは必聴だ。
なお現在、映画オフィシャルサイトでは同主題歌の歌詞が先行公開されています。↓↓↓
また、映画の公開直前となる10月4日(水)にはCDシングルとしてリリースされることが決定しています。
余談ですが、『ナタラージュ』の公式ツィッターには、美味しそうな食べ物の写真が盛りだくさん♪
撮影シーンの”裏側”が垣間見えるのも、醍醐味です。↓↓↓
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん