2017年1月8日 更新

部活休養日を文部科学省が全国教育委員会に通知 先生の休日はどう変わる?

文部科学省は1月6日、学校教員の部活動の労働時間を減らすために、部活動の休養日を設ける通知を全国の教育委員会などに出しました。 ブラック部活と呼ばれ、休む暇もない学校の先生。これからどのように変化するのでしょうか?

831 view お気に入り 0
学生時代は土日も学校に行き、部活動に汗を流した人も多いでしょう。
せっかくの休みに部活なんて……そう心で思っているのは生徒だけではありません。
学校の先生も休日返上で部活指導に取り組んでいるのです。

その部活動に休養日を設けること。
それが文部科学省から全国の教育委員会に通知されました。

●ブラック部活に教育委員会が警告!

文部科学省は6日、全国の中学校が運動部活動の休養日を設けるよう求める通知を都道府県教育委員会などに出した。昨年の調査で5校に1校が休養日を設けず、教員の負担になっている実態が判明。
Free photo: American Football, Sport - Free Image on Pixabay - 63109 (880)

あくまで通知なので決定ではありません。
しかし、今後の過酷でブラック企業並みと言われる学校の先生の部活動に影響を与えるでしょう。
学校教員の業務負担軽減策として、文部科学省とスポーツ庁は6日付で、部活動の休養日を適切に設けるよう求める通知を全国の教育委員会などに出した。
1週間で休養日を設けていない学校は意外と多いです。出席するのが当たり前……そう考えられていた土日の部活が変わろうとしています。
過度な部活動に起因する教員の長時間労働は、そのつらさから“ブラック部活”などともいわれている。政府が「働き方改革」に取り組む中、部活動をはじめとした教員の課外活動のあり方も問われ始めた。
先生の仕事は授業や部活動の指導だけではありません。
生徒が問題を起こせば、それに対応する必要もあります。
身体1つでは足りない……そうした現実があるようです。
Free photo: Education, A Good Idea, An Array Of - Free Image on Pixabay - 548105 (884)

 文部科学省は13日、学校教員の長時間勤務の改善策をまとめた。大きな負担とされる部活動については、2017年度末までに休養日の設定などを盛り込んだガイドラインをつくる。給食費の徴収・管理業務を学校から自治体に移管する方針も打ち出した。
家族旅行の予定を立てようとしても、お子さんは部活動の日程が詰まっていて、なかなか時間が取れないかもしれません。部活動は、先生方にも長時間労働を強いる一因になっています。
生徒の自主的な活動が体裁の部活動。しかし、見えない力は参加して当たり前の雰囲気を学校全体に感じさせます。

●先生もツラい・・・最近の部活

中学、高校の部活動について文部科学省は、生徒にとっても、教員にとっても負担が重すぎるとして、休養日を設けることなどを柱に、来年度にもガイドラインを策定するという。文科省は現状をどう捉え、何を見直そうとしているのか。
教育の一貫として定着している部活動だが、その存在は教員に重い負担となっている。2015年には現役教員らが「部活問題対策プロジェクト」を立ち上げ、「教師に部活の顧問をする・しないの選択権を下さい!」と署名活動を開始。現在2万8000件を超す賛同者が集まっている。
お金の問題が全部ではありませんが、手当があまりにも低すぎます。
休日返上で生徒の指導をする先生にはもっとお金を使ってもいいような気もしますが……
Free photo: Glass Ball, Glass, Ball, About - Free Image on Pixabay - 1547291 (889)

 教員の長時間勤務を解消しようと、文部科学省が省内チームを発足させて、改善策を検討している。特に教員の負担とされる部活動に焦点を当て、休養日を設けることを浸透させたい考えだが、部活動を重視する考えも根強く、どこまで実効性が伴うのか不透明だ。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

部活動の強制参加が止まらない! 先生も学生も疲れるのになぜブラック企業化したのか?

部活動の強制参加が止まらない! 先生も学生も疲れるのになぜブラック企業化したのか?

放課後に好きな事をやる・・・中学生や高校生の頃、放課後に部活に燃えた人も多いでしょう。しかし、最近ではやりたくもないのに強制参加し、身体と心を痛める生徒が増えています。先生も休みである土日が消え、プライベートの時間もない。なぜ部活動はブラック企業化したのでしゅう?
鈴木康平 | 1,037 view
高齢フリーターの末路・・・プライドが高く、公務員試験も落ちた彼らに未来はあるのか?

高齢フリーターの末路・・・プライドが高く、公務員試験も落ちた彼らに未来はあるのか?

アルバイトやパートで生活するフリーター。若者が就職するまでの繋ぎのイメージがありますが、30歳を過ぎても続ける「高齢フリーター」が増えています。政府の対策も見直しを求められています。
socialzine管理部 | 4,663 view
パワハラで仕事を辞めたい・・・上司か?自分か?ブラック企業が悪いのか?放っておくと仕事が原因でうつ病などの精神病になるかもしれません・・・

パワハラで仕事を辞めたい・・・上司か?自分か?ブラック企業が悪いのか?放っておくと仕事が原因でうつ病などの精神病になるかもしれません・・・

職場の人間関係が上手くいかず、パワハラに悩んでいる人がたくさんいます。毎日のように繰り広げられる上司や先輩からの暴言の数々。次第に精神が病み、うつ病などを引き起こすかもしれません。
socialzine管理部 | 805 view
転職は35歳からでも成功します!向いてる人の特徴は?失敗する人の原因は?

転職は35歳からでも成功します!向いてる人の特徴は?失敗する人の原因は?

35歳を過ぎたら転職しなから今の会社にしがみ付くしかない……そう考えるのはもったいないです。転職に成功する人・しない人の特徴をチェックして自分の可能性を信じましょう。
socialzine管理部 | 1,189 view
食べ残された給食になぜ異物が混入されていたのか? 老舗弁当会社が犯した許されない罪

食べ残された給食になぜ異物が混入されていたのか? 老舗弁当会社が犯した許されない罪

神奈川県大磯町立中学校の給食が大量に食べ残された問題。その給食にはプラスティック片、虫などのゴミが紛れ込んでいました。学生の大切な時間の1つである給食。飲食業として許されない異物混入を犯してしまった老舗弁当会社。なぜ、こんな会社に長年給食作りを依頼してしまったのか?
鈴木康平 | 588 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平