2018年2月15日 更新

命の危機を乗り越えた”ゆるぎない闘志”!スノボ男子HP・平野歩夢が2大会連続の「銀メダル」

14日、平昌冬季オリンピックで「スノーボード男子ハーフパイプ」決勝が開催されました。命の危機を乗り越え、平野歩夢選手が2大会連続で「銀メダル」を獲得!競技2本目には、予選で封印させていた”最高難易度”の「ダブルコーク1440」の連続技を披露するなど「95.25」点をマークする大健闘。決勝に至るまでの平野選手の競技と、選手生命を脅かした大怪我を乗り越えてきた”奇跡のエピソード”を振り返ってみましょう

254 view お気に入り 0

「ソチ五輪」銀の平野歩夢が銀メダルを獲得!

平昌冬季オリンピック第6日の2月14日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、日本からは、前回『ソチ五輪』で銀メダルを獲得した平野歩夢(19)、片山来夢(22)、戸塚優斗(16)の3人が出場しました。

スノーボード・男子ハーフパイプ:競技メモ

ルール 雪の斜面を半円状に掘り下げたコースの中で、縁から5〜7回ジャンプする高さや回転技の難度、着地を競う。雪上車でつくられた全長約190メートル、深さ6・8メートルのコースを使用する。
順位決定 予選は2回、決勝は3回演技してベストスコアで争う。6人の審判が1人100点満点で採点し、最高点と最低点を除いた4人の審判の平均点が得点となる。予選の上位12人が決勝へ進出する。
 (76464)

そして、『ソチ大会』銀メダルの平野歩夢選手が、2回目で「95.25」をマークし、2大会連続で銀メダルに輝きました!
 (76407)

スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得し、競技後のセレモニーで日の丸を掲げる平野歩夢選手(14日、韓国・平昌にて)
決勝に至るまでの平野選手の競技を振り返ってみましょう。
平野は1回目、最初のジャンプは5・8メートルまで飛躍。続いて今大会初めて軸をずらして縦に2回転、横に4回転する「ダブルコーク1440」の大技を組み込み成功したが、この大技より1回転少ないダブルコーク1080の着地でバランスを崩して尻もちをつき、35・25点と得点が伸びなかった。
平野選手は、2本目には予選で封印させていた、縦横にひねりながら4回転する最高難易度の「ダブルコーク1440」の連続技に成功。続いて、半回転少ない「ダブルコーク1260」や「バックサイド1260」の連続技を組み込み、完璧にメイク。
2回目は最初のエアは5.5メートル。DC14の連続技に成功。さらに半回転少ないダブルコーク1260の連続技を組み込んだ。優勝した先のXゲームと同じ構成で95・25点の高得点をマーク。
 (76456)

2回目、エアを決めトップに立った平野選手=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)
65 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「伝説のすた丼屋」から期間限定の『ワイルドすたみな焼きすき丼』好評発売中!

「伝説のすた丼屋」から期間限定の『ワイルドすたみな焼きすき丼』好評発売中!

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営する株式会社アントワークス(所在地:東京都中野区、代表取締役:早川 秀人)は、 2月下旬から全国の店舗(一部店舗除く)にて『ワイルドすたみな焼きすき丼』を発売中。早速ボリュームいっぱいの期間限定メニューをレポートしてきました♪
SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

不適切動画が相次いで投稿されることがメディアやSNSで問題になっています。一度、拡散された動画というのは半永久的にネット上から消えないので、”デジタルタトゥー”と呼ばれています。さらには、個人情報が特定されてしまうケースもあるのだとか。4年前につまようじ動画を投稿したAさん。本人に取材すると4年前の投稿動画が未だに苦悩に満ち「人生の障害」になっているといいます。取り返しのつかないその”恐怖”とは?
根深いコンプレックスからの解放!有村藍里、美容整形を受けたことを告白 ”大変貌”にSNSは?

根深いコンプレックスからの解放!有村藍里、美容整形を受けたことを告白 ”大変貌”にSNSは?

タレントの有村藍里さんが「ザ・ノンフィクション」に出演。美容整形の手術を受けた様子が放送され、自身のブログでも手術を受けたことを告白しました。彼女は有村架純さんの実姉ですが、長年、口元のコンプレックスを抱えていることから、抜歯や矯正など、約5年かけて試行錯誤していたようです。さらにネットの誹謗中傷などを受けて以来、人前で笑うことも怖くなっていたそう・・。彼女の勇気ある行動にネットなどからも大反響が
2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

ノミネート作品や受賞者にダイバーシティ(多様性)が反映された今年の「アカデミー賞」授賞式。毎回、話題になるのが、スターたちが、どんなジュエリーを身に着け、どんなドレスで登場するのか、ということ。最注目されていたレディー・ガガ。意外にも黒のシックな装いだった理由は?男性陣で注目を集めた人は?今年はパンツ・スーツを採用する若手女優も多い傾向に。話題となったハリウッドのトレンド色やファッションを一挙公開
2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

第91回目となる「アカデミー賞」(通称:オスカー)授賞式が、2月24日(米時間)に、ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催されました。中でも注目を集めた「主演男優賞」「主演女優賞」「歌曲賞」「作品賞」の4部門を詳しくまとめます。今回は、30年ぶりに司会者不在、前哨戦では読み切れなかった”予想外の結果”など・・波乱が起こった様子。必見!受賞者の中のスピーチで”オスカーNo.1”をさらった人もご紹介

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事