2018年4月25日 更新

浜田雅功、Amazonに初参戦!”バブル時代にもなかった”バラエティー番組「戦闘車」に自信

浜田雅功や千原ジュニアら総勢18名が出演するバラエティ番組「戦闘車」が、10月6日よりAmazonプライム・ビデオにて配信!この番組は、車好きの芸能人が浜田軍とジュニア軍に分かれ、各々の“戦闘車”に乗り込んで様々な試合に挑む“デンジャーテイメント(デンジャー×エンターテイメント)”。ドライバーの腕はもちろん、度胸や根性が試されるものばかり。また、その映像のスケールの凄さに早くも期待が集まっています

772 view お気に入り 0
お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功とお笑いタレントの千原ジュニアが、Amazonプライムビデオの新作オリジナル・バラエティーシリーズ『戦闘車』をスタートさせることが明らかになりました。
 (48640)

『戦闘車』メインビジュアル
浜田さんは、本作がAmazonオリジナル番組初登場となります。
 (48642)

ちなみに、相方の松本さんは、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』をシーズン3まで配信中。

本シリーズは、個性豊かな10人の芸人たちが芸人のプライドを懸け、賞金1000万円を競う “密室笑わせ合いサバイバル”となっています。

“デンジャーテイメント”『戦闘車』

同番組は、車好きで知られる芸能人たちが自ら各々の“戦闘車”に乗り込み、命がけで様々な試合に挑む空前の“デンジャーテイメント(デンジャー&エンターテイメント)”。
本作は、“デンジャーテイメント(デンジャー×エンターテイメント)”と銘打ち、18名の芸能人が、浜田雅功が率いる浜田軍と千原ジュニアが率いるジュニア軍に分かれて自動車合戦を繰り広げるバラエティー番組。
芸人、レーサー、ミュージシャン、アイドル、俳優といった様々なジャンルから集まった総勢18人がそれぞれ「浜田軍」と「ジュニア軍」に分かれ、”スピード”、”度胸”、”根性”が試されるカーバトルが展開されるようです。
浜田軍メンバーは、岩橋良昌(プラス・マイナス)、小沢仁志、渚(尼神インター)、勝俣州和、佐田正樹(バッドボーイズ)、千原せいじ、山本圭壱(極楽とんぼ)、脇阪寿一の8名。
 (48647)

佐田正樹(バッドボーイズ)
対するジュニア軍メンバーは、板倉俊之(インパルス)、庄司智春(品川庄司)、南明奈、原田龍二、藤本敏史(FUJIWARA)、松岡充、武藤敬司、脇阪薫一の8名。
 (48645)

松岡充
この面々が、壁ギリギリに止まれるかを競う「寸止めの関」、鉄球や爆弾などの難所をくぐり抜ける障害物レース「地獄街道」、"走り幅跳び"で飛距離を競う「浪漫飛行」、ぶつけ合って土俵から押し出すか戦闘不能になるまで戦う「相撲DEATH」という全4試合を繰り広げる。
 (48665)

岩橋良昌(プラス・マイナス)
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ストイックすぎ市原隼人、浜ちゃんへ暴走?役作りは”奇人の域” 心掛けるセルフコントロールとは

ストイックすぎ市原隼人、浜ちゃんへ暴走?役作りは”奇人の域” 心掛けるセルフコントロールとは

10月26日放送の「ダウンタウンなう」の人気企画「本音でハシゴ酒」に、俳優の市原隼人が出演。演技にストイックなことで知られる市原さん。ケンカのシーンでも一切手を抜かないため、共演シーンで胸ぐらをつかまれた経験のある俳優仲間から衝撃の証言が。さらに、どのくらいの熱量か、確かめるため、浜ちゃん相手に再現されると視聴者からも反響が!その後も、公私ともに市原さんの“やりすぎ”エピソードが次々披露されました
ダウンタウン浜田に“激似”の「男梅蔵」とCM共演?”ノーリアクション王決定戦”が発端

ダウンタウン浜田に“激似”の「男梅蔵」とCM共演?”ノーリアクション王決定戦”が発端

松本は浜田に黙って、キャンディーやグミなどの「男梅」(ノーベル製菓)シリーズのキャラクター“男梅蔵”とのCM共演を企画したことを暴露する。CMは「滝修行篇」などでおなじみ。そんな中、CMキャラクターとの共演を勝手にオファーされていたことが発覚しました。きっかけは6月25日放送の「ノーリアクション王決定戦」。リアクションを我慢する浜田の顔が「どう見ても『男梅』にしか見えない」と盛り上がり、今回、番組側からノーベル製菓にオファーを出した。
瞬間的に”トップYouTuber”になった松居一代 彼女の狙いは?

瞬間的に”トップYouTuber”になった松居一代 彼女の狙いは?

ブログやツイッターなどを駆使して夫の俳優・船越英一郎の病気や不倫疑惑など衝撃的な発信を連発する女優・松居一代。彼女は今月から現在まで5本の告発動画をYouTubeに投稿し、再生回数は計800万回を超えています。また不倫主張の他に「週刊文春にだまされた」といった「被害」を発信。さらに新たな発信の場として「LINE@」のアカウントも開設。こういった動きに対し芸能界からも様々なコメントが寄せられています
尼神インター、東京進出で”覚悟と涙”の日々を告白!意外な素顔に迫る

尼神インター、東京進出で”覚悟と涙”の日々を告白!意外な素顔に迫る

この春に大阪から東京に引っ越してきた、お笑いコンビ・尼神インターの誠子と渚。8日放送の「深イイしゃべくり毒舌合体SP」でVTR出演したときに東京進出への覚悟や相方への想いを語ってくれました。現在バラエティー番組で引っ張りだことなっている渚。「お笑いとして違うと思ったことがない」と最高の信頼を寄せる相方、誠子から持ち掛けられ東京進出を決めたといいますが、早くもホームシックにかかっている様子です。
「ダウンタウン」が生み出してきた新語。笑いの癖でコンビの相性を検証

「ダウンタウン」が生み出してきた新語。笑いの癖でコンビの相性を検証

デビューから35年も経った今なお、若手芸人にとってあこがれの存在「ダウンタウン」。現存している言葉をアレンジして、「新語」として誕生させてしまう技をもっている松本人志さん。皆さんもどれか一度は聞いたことのある「新語」について振り返ってみましょう!20日に放送された日に放送された日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演した際には、笑う時のクセの違いから、専門家により「ダウンタウン」は、コンビとしての相性が「かなりいい」と診断される一幕がありました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事