2017年4月21日 更新

あなたは人から“どう見られている”のか|自分がわかる簡単心理テスト

相手が自分のことを「どう思っているのだろう」そこで、悪く考えてしまい、一人で悩むこともあるかもしれません。日本人は、とかく人を気にしずぎだとも言います。では、最初から「自分がこう見られるかもしれない」と、自分で知っていたらどうでしょうか。ちょっと休憩に簡単な「心理テスト」をご紹介します。

2,358 view お気に入り 0
相手が何を考えているのか、また自分が周囲からどう思われているのか、そうしたことが気になってしまってモヤモヤすることがあるだろう。相手を知り、自分を知ることができれば、集団の中でうまく行動でき、ストレスが激減するはず。そのための「心理学」についてうかがった。
Free illustration: Group, Team, Outsider, Isolated - Free Image on Pixabay - 2212760 (18515)

他人からどう思われようとも「関係ない」そう思える時もありますが、
やっぱり気になる相手の動向。子供の頃は親の顔色を見て、クラスメイトの顔を見て、
見て気にして、見て気にして、そんな時代を過ごした方もいるのではないでしょうか。

同じ人種が揃うわけがないはずですし、過剰に反応してしまう自分にも
疲れを感じるという方もいますね。

ならば、最初から自分がこう見られるかもしれないと簡単に知っていれば、
少しでも対処しようがあるかもしれませんよ。
息抜きタイムに下記の設問をご紹介いたします。↓↓↓

「自分」を知るための、かんたん心理テスト

対人ストレスを減らすには、「周囲から自分はどんな人間に見られているか」を知ることも大事。次の心理テストで自分の本音や本性を自覚したうえで、職場の人間関係構築にうまく役立ててみよう。
Free photo: Woman, Camera, Hand, Lens - Free Image on Pixabay - 67127 (18521)

〇鳥の噂話〇

動物の言葉がわかる魔法の頭巾を手に入れたあなた。使ってみると、鳥があなたについて噂しているのを聞きました。その内容とは?

A 好ましい人だ
B 頼りになる人だ
C 楽しい人だ
D 優しい人だ
ここでA-Dで選択は完了していますでしょうか。
設問で分かることが、
「自分の天敵」
↓↓↓敵を知ることで成長できるということを改めて知るかもしれませんね
 (18525)

鳥たちの噂話はあなたが大切にしている価値観を表わすので、それに反することをしている人が苦手な相手、つまり「天敵」である。
A あなたを好きにならない人が苦手
B 頼りがいのない人が苦手
C 和を乱す人が苦手
D 怒りっぽい人が苦手
自分の天敵を自覚したら、思いきって自分から近づいてみましょう。「苦手なタイプ」というのは、単なるコミュニケーション不足(=食わず嫌い)のことも多いので、接点さえ持てば「こういう人だったのか」とわかって苦手意識がなくなる可能性も高まります。
Free photo: Beautiful, Blowing, Blur, Brunette - Free Image on Pixabay - 1854443 (18517)

〇ソファの座り心地〇

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成功に必要な「影響力」を高める3つの手順|職場の会議や打ち合わせで学ぶ

成功に必要な「影響力」を高める3つの手順|職場の会議や打ち合わせで学ぶ

ビジネスにおける「成功」は、ほとんどが“他の人”に影響力を及ぼせるかという点が重要になります。時に権力とも言うことがありますが、人に命令や強制することではありません。では、どのようにして立場の低い自分でも、職場で影響力を高めることができるのでしょうか。どんなに下っ端でも大丈夫、会議や打ち合わせの場で学ぶ「高め方」3ステップをご紹介いたします。
ビジネスに活かす「色」の効果的な使い方|ビジネスマンの武器“色”の力

ビジネスに活かす「色」の効果的な使い方|ビジネスマンの武器“色”の力

「色の効果」を取り入れているビジネスパーソンもいますが、あなたはどうでしょうか?普段の仕事や生活で意識したことはありますでしょうか。色が与える影響は、想像以上に大きなイメージを与えることがあります。ここぞというときの「勝負」、相手に印象を強くするときや、説得したいときなど、自分のライフスタイルに合わせて上手に活かせるかもしれません。
ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ジョブスのようにイノベーションを起こし、ビジネスで成功するために必要なのは「疑う力」。疑う力は、リスクに備え、潤滑な対人関係、そして人生の大きなチャンスをつかむことができるそうです。しかし日本の教育では「正しく疑う能力」が育たないのです。これからでもできる「正しい疑う力」の身につけかたをご紹介します。西洋哲学の“エポケー”、そして広告業界の“ブレスト文化”がヒントになります。
ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

時間やお金に余裕がでたら人間は誰かのために行動を起こしたくなるのかもしれません。それは大学生などの学生かもしれませんし、社会人や主婦、シニア世代という事もあるでしょう。ボランティアを始めるのは人間的に素晴らしいですが、「何からスタートすればいいの?」と迷ってしまう人も多いでしょう。そんなボランティアの始め方を紹介します。
鈴木康平 | 282 view
ビジネスシーンで「損」していませんか?|商談・会議で使ってほしい好印象フレーズ7つ

ビジネスシーンで「損」していませんか?|商談・会議で使ってほしい好印象フレーズ7つ

ビジネスシーンで必ず直面する「相手への印象」は、たった一つの用語を取り換えるだけでも印象を悪くも良くも変えてしまいます。それ「損してる!!」と言われるようなフレーズを使っていないでしょうか。幾つもある中より、今回は「初対面編、会議・プレゼン編、商談編」に集中した7つの事例をご紹介いたします。相手に与える印象がプラスに働くだけで、成績もグッとアップするかもしれませんね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水