2017年7月21日 更新

「Yahoo!知恵袋」の投稿が映画に!榮倉奈々主演で来年春公開

「Yahoo!知恵袋」の投稿が発端になったコミックエッセーが、榮倉奈々と安田顕のW主演で実写化することが明らかになりました。同作は、2011年に投稿された「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」という文から始まる質問をもとにした作品。家に帰る度にさまざまな方法で「死んだふり」をする妻に対してどうしたらいいか、とたずねる奇想天外なその質問が話題となり、翌年にはコミックエッセー化になりました。

120 view お気に入り 0
「Yahoo!知恵袋」の投稿が発端になったコミックエッセー「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、榮倉奈々さんと安田顕さんのダブル主演で実写映画化することが25日、明らかになりました。
 (25718)

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」1巻の書影(左)と映画の場面写真(右)。
榮倉さんと安田さんは結婚3年目の夫婦役で、榮倉さんは夫が帰ってくると必ず死んだふりをしているという、一風変わった妻を演じる。
原作は、「Yahoo!知恵袋」に実際に投稿された質問が基になった異色のコミックエッセー。
本作は、ハンドルネームK.KajunskyがYahoo!知恵袋に投稿したものが原作。
 (25728)

2010年にK.Kajunsky(ケー・ケーエージュンスカイ)さんが「Yahoo!知恵袋」に「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という質問を投稿。
Yahoo!知恵袋では質問に1700以上の回答が寄せられているという。
家に帰る度にさまざまな方法で「死んだふり」をする妻に対してどうしたらいいか、とたずねる奇想天外なその質問が話題となり、翌年には作・K.Kajunskyさん、イラスト・ichida(イチダ)さんでコミックエッセー化。第3巻まで発売され、発行部数は累計15万部を超えているそうです。
 (25730)

内容にインスパイアされた「ほぼ日P」がボーカロイド・初音ミクで作った同名オリジナル楽曲を発表し、そのミュージック動画はニコニコ動画で再生回数1位を獲得し、現在200万回以上の再生を記録している。

気になるストーリーは?

サラリーマンのじゅん(安田)が仕事に疲れて帰宅すると、玄関で妻のちえ(榮倉)が口から血を出して倒れていた。慌てて介抱するじゅんだったが、傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていただけだった。
 (25733)

それから、ちえはじゅんが帰宅すると必ず死んだふりをする。理由を聞いても「月が綺麗ですね」とちえは笑うだけ。寂しいだけなのか。それともSOSのサインなのか。
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事