2017年12月26日 更新

インフルエンサーで成功する5つの条件|インフルエンサーとは何フォロワー必要か

ファンを抱え人の言動へ影響力をもつ憧れのインフルエンサー。有名になり報酬ももらい、好きなことを発信したいインフルエンサーになりたい人が増えているようです。では、インフルエンサーと呼べるのは、“何フォロワー”からなのでしょうか。また、インフルエンサーで成功するための条件とは?詳しくは本文をご覧くださいね。

425 view お気に入り 0
Free photo: Beautiful, Fashion, Model, Outdoors - Free Image on Pixabay - 3027662 (70733)

インフルエンサー(influencer)とは、言動が世間に与える影響力が大きい人のことをいいます。
影響力のある人物が発言することで、その情報を有する企業が宣伝活動として行うインフルエンサー・マーケティングと呼んでいます。
2007年頃から急増したブログ利用者の中には、数千・数万の読者を持つ「カリスマブロガー」
などと呼ばれる人が出現。
この頃より、大きな宣伝効果を持つようになり、頻繁に使用される言葉になりました。
では、率直に気になる

①「インフルエンサー」と呼べるのは、何フォロワーからなのでしょうか。

②「インフルエンサー」として成功するための条件とは。

まずは、①インフルエンサーと認められる数字はでているのでしょうか。

インフルエンサーマーケティングを実践するLIDDELLが調べた独自のアンケート結果が公開されています。(2017年9月~11月、男女110人調査)
Free photo: People, Beautiful, Bride, Bright - Free Image on Pixabay - 2943016 (70740)

①「インフルエンサー」と呼べるのは、何フォロワーから?

「インフルエンサーと呼べるのは何フォロワーから?」という問いに対しては、平均で「1万450人」という数字が得られ、
インフルエンサーと呼べるのは何フォロワーから?|@DI...

インフルエンサーと呼べるのは何フォロワーから?|@DIME アットダイム

“企業からの依頼が来始めるのが5000人を超えたあたりから、1万人を越えると目に見えて環境が変化する”という概ね一般的とされるSPIRIT会員の印象と一致した。
一方で、“フォロワー数ではなく、エンゲージメントの高いフォロワーの母集団を持てるようになったら”という意識の高い回答も得られた。
また、参考として調査したインフルエンサーの職業も公開されていました↓
調査の同運営社では、中心となって活躍している世代が20代後半から30代前半ということもあり、フリーランスが多いのではないかと思われます。
インフルエンサーと呼べるのは何フォロワーから?|@DI...

インフルエンサーと呼べるのは何フォロワーから?|@DIME アットダイム

職業は「フリーランス:49%」、「会社員:15%」、「大学生・専門学生:12%」と続き、フリーランスのなかにはパティシエやバレエ・インストラクターなども含まれ、業界では美容系や医療系など、特殊技能を活かして活躍する人の存在も散見された。また、少数派ですが「美容師」「看護師」「調理師」など専門職に従事する人もいた。
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Facebookグループで「強いコミュニティ」構築|2018年は熱いフェイスブックグループに

Facebookグループで「強いコミュニティ」構築|2018年は熱いフェイスブックグループに

今回は、ますます利便性が向上するであろうという「Facebook(フェイスブック)グループ」について取り上げました。これから価値が高くなるかもしれない最高のコミュニティ作りを、「Facebookグループ」で構築する方法をご紹介いたしますね。繋がるコミュニティづくりとして、高い評価も得られているFacebookグループを活用できればニッチなコンテンツになる可能性があるかもしれません。
SNSフォローされる理由は「内容」|主役は“ユーザー”調査結果から読み解く

SNSフォローされる理由は「内容」|主役は“ユーザー”調査結果から読み解く

SNS(ソーシャル)、企業でも個人でもビジネスにかかせないツールになっていますね。しかし、実際にはフォロワーを増やすことができないという声もチラり。そんな方に、最新の「調査データー」をもとに、ユーザーが求めて“フォロー”するきっかけはなにかをご紹介します。SNSを荒らす空気が読めない企業にならないよう、そして大事なのは「SNSの主役はユーザーさん」ということです。
“うざい”と思われない「LINE、企業アプリ、メール」|調査からわかるユーザーに求められる配信

“うざい”と思われない「LINE、企業アプリ、メール」|調査からわかるユーザーに求められる配信

データー分析を提供しているエクスペリアンジャパン株式会が「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017」を発表しました。今回の調査は、やはりメールだけではなく、利用がひろがるアプリやLINEも対象としています。利用の実態、関心度、そして気になるユーザーの使い分けも明らかになりました。ユーザーがチャンネルに「求める情報」、そして「うざい」と思われないための取組に焦点をあてている記事をご紹介します。
「おじさんLINE」と「Facebookおじさん」の特徴|若者が探す“おじさんのいないSNS”

「おじさんLINE」と「Facebookおじさん」の特徴|若者が探す“おじさんのいないSNS”

そもそも、SNSは若者のものだったといいますが、ソーシャルメディアの拡大には年齢層の拡大は必要なこと。しかし、女子高生や若い女子は、「おじさんLINE」ごっこで遊び、「Facebookおじさん」に違和感をもっており、おじさんのいないSNSはどこか探して移動をしています。キモイといわれる〇〇おじさんとは、どんな特徴があるのでしょうか。「おじさんLINE」「Facebookおじさん」を取り上げてみました。
あなたに眠る「サディスト」度|SNSのネット“いじめ”はサディズムが関係か

あなたに眠る「サディスト」度|SNSのネット“いじめ”はサディズムが関係か

ひっそり眠る「あなたのサディスト度」を知りたくありませんか?性的な感覚ではなく性格的な部分へのフォーカスです。ナルシシズム、サイコパシー、マキャベリアニズムの3要素に、サディズムも加えて研究されているようです。最近はSNSでもネット上で「いじめ」などを受けることがあるようですが、それはこのサディズムかもしれません。いくつかの問いの中に、あなたや気になるあの人は、当てはまるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水