2017年6月3日 更新

家計金融資産「米国2.32倍:日本1.15倍」|米国人と日本人の違い

“米国人 と日本人の違い”家計金融資産20年間で米国2.32倍に対して、日本は1.15倍。この違いはいつたい何からおきるのでしょうか?米国は「所得が高い」から、「生活やしやすい」から、もともと「親からお金持ちが多い」から……。どれかならまだ救われるかもしれませんが、そうではないようです。では米国と日本の違いは何でしょうか?お金に働いてもらうということの違いにハッキリ差がでているようです。

619 view お気に入り 0
所得の3分の1を働かないで得ることができると聞いてどのように感じるだろうか? 例えば年間所得900万円の人であれば、300万円は「財産所得」から所得を得ている計算だ。
真面目な日本人は、「おカネに働いてもらう」ことに罪悪感を感じる傾向があるかもしれないが、実際のところ憧れる方もいるだろう。
参考になるのが米国の家計だ。米国人の年間所得の3分の1は、おカネなどに働いてもらった「財産所得」となっている。米国の家計資産状況をみていこう。

勤労所得:財産所得

Free illustration: Cash, Money, Wealth, Assets - Free Image on Pixabay - 1169650 (27571)

現在の最新データーになるかと思われますが、日本銀行が公開している2016年第3四半期(7-9月)の「資金循環の日米比較」があります。
ここに、米国と日本の違い(資料にはユーロエリアもあり)がグラフで見ることができます。
明らかな違いの中に、家計資産の内訳となる部分。それは↓↓↓
日本が「現金・預金」で半数超えと大きく傾倒している一方で、アメリカ合衆国が「株式・出資金」や「投資信託」さらには「債券」を大量に保有している図式はこれまで通り。
Free illustration: Man, Presentation, Feeling, Mind - Free Image on Pixabay - 273397 (27574)

リスクを許容し投資を重視し成果に期待するアメリカ合衆国、確実性に重点を置く日本と、両国の貯蓄性向、金融資産への考え方の違いがそのまま数字に表れている。また日本で「現金・預金」が多いのは、主に高齢者による貯蓄性向の表れでもある。
日本の家計資産残高は増加、1752兆円に…日米家計資産...

日本の家計資産残高は増加、1752兆円に…日米家計資産推移(2016年Q3分)(最新) - ガベージニュース

米国での家計資産の伸びのうち、「運用リターン」(運用でもうかった部分)は収入のかなりの割合を占めている。おカネが働いている部分である財産所得が3分の1あるのだ。
それに対して日本では勤労所得:財産所得は約8:1となっている。
Free illustration: Qualification, Arrows, Top, High - Free Image on Pixabay - 692087 (27570)

勤労だけでは、限界が必ずきます。
やはりそれなりに一線を超えたお金のある層は、ただ「働くだけ」での収入を、ひとつとしていないことはわかります。
日本ではリスク“ばかり”をクローズアップするために、米国のような形成をしている家庭はなかなか少ないのは実情のようです。

米国と日本の家計「20年間の違い」

Free photo: Coins, Currency, Investment - Free Image on Pixabay - 948603 (27575)

「金融レポート」にはこんなデータもある。運用リターンによる米国の家計金融資産は1993年から2013年の20年間で、2.32倍になっている。日本は1.15倍だ。これらの違いはなぜ起こっているのだろう。答えの一つはポートフォリオの違いだ。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金の基本「資産形成」と「資産運用」の違い|知っているようで知らないマネーの基本

お金の基本「資産形成」と「資産運用」の違い|知っているようで知らないマネーの基本

あなたは、「資産形成」と「資産運用」の違いをご存じでしょうか。資産(資金)を殖やすこととして使われる言葉ですが、意外とその違いを明確に認識している方は少ないかもしれません。人生無理なく楽しむためにも、自分と家族のライフプランを棚卸し、今重要視されている「資産形成」と「資産運用」をもう少し身近に感じてみるのは大切かもしれませんね。
株式投資デビュー“初心者”が知らないと損をする|基本・利益を得る・少額投資ミニ株

株式投資デビュー“初心者”が知らないと損をする|基本・利益を得る・少額投資ミニ株

今は自分でお金を増やす時代ですが、市場にある投資方法は幾つかあります。株式投資について、まったくしたことのないという初心者向きにご紹介いたします。株式投資の基本、利益はどうしてでるのか、資金少額でできるミニ株など、初歩的なことから取り上げました。
貯金できない人の「残念」な習慣|あなたの子ども時代「夏休み」でわかる

貯金できない人の「残念」な習慣|あなたの子ども時代「夏休み」でわかる

ボーナスで何を買おうかな……楽しみに計画している方もいれば、「貯金をする」そんな方もいるのでしょうか。なかなかお金を貯められない人もいれば、しっかり貯金をしている人もいます。貯蓄だけが全てではありませんが、元のお金がなければ「増やす」ことはできません。あなたは「時間割引率が高い人」かもしれません。子ども時代の夏休みを、どう過ごしてきたかで分かる“貯金できる性質”なのか。要チェックかもしれませんよ。
お金と自由を増やす「不労所得」に必要な行動|資産を2倍にするには1000年以上かかる

お金と自由を増やす「不労所得」に必要な行動|資産を2倍にするには1000年以上かかる

あなたの貯金を2倍に増やすために、何年かかると思いますか?国債で計算しても、冗談にもならない1440年もかかるといいます。ならば、どうすべきなのでしょうか。働かずに収入を増やしながら、自由の時間を手に入れるためには「不労所得」に注目されるところですね。しかし、そのためには学ぶことと、多少の仕組みづくりが必要です。では、今すぐ取るべき行動とは?大切な考え方をご紹介します。
NISAとつみたてNISA「投資の利益に非課税枠」つき|堂々と税金がかからない資産運用

NISAとつみたてNISA「投資の利益に非課税枠」つき|堂々と税金がかからない資産運用

2014年からスタートしたNISAは利用しているでしょうか?新たな少額投資非課税制度である“つみたてNISA”も始まりましたね。通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をして利益を得ると税金は約20%。しかしNISAを利用すると、非課税になる枠があるのです。堂々と「税金なし」で投資できるのにターゲット層の現役世代には浸透していない様子。NISAとつみたてNISAの特徴を初心者むけにご紹介しますね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水