2017年1月26日 更新

2017年に話題にのぼるテーマを集めてみました!!注目3テーマは私達の生活をどう変えるのか?

2017年1月も終わりを迎えようとします。話題にのぼりそうなテーマがたくさんニュースやインターネットを騒がせています。今回は注目されている3テーマを集めてみました。

428 view お気に入り 0

●2017年話題になりそうな3テーマ

2017年が始まって1か月が過ぎようとしています。
短い時間ですが、世界や日本を揺るがす大きなニュースがインターネットやテレビを騒がせています。
2017年はどんなテーマが注目されるのか。政治、働き方、流行の3分野の専門家に予測を聞いてみました。
 2017年が始まりました。新年会などの年始のあいさつでは、干支(えと)にちなんだ「相場格言」がよく引用されます。
Free illustration: Road Sign, Attention, Right Of Way - Free Image on Pixabay - 663368 (2683)

●アメリカのトランプ大統領就任が決まる

トランプ大統領の時代になり、日米関係は大きく変わろうとしています。
アメリカ軍の問題でも安保理条約や自衛隊の国防問題、沖縄問題など日本という国の機能そのものや政治・経済、財政の分野に大きな影響を与えるでしょう。
 世界をリードしてきた超大国のリーダーが決まった。米大統領選の大接戦を制したのは、民主党候補のヒラリー・クリントン氏ではなく、共和党候補のドナルド・トランプ氏。「もし、トランプ大統領が誕生したら……」という懸念が現実になり、世界の金融市場を「トランプ・ショック」が駆け巡っている。その衝撃はしばらく、やみそうにない。
トランプ米大統領は25日以降、メキシコとの国境沿いでの「壁」の建設など、移民の流入を規制する複数の大統領令に署名する。
Free vector graphic: Uncle Sam, Hat, Stars, Usa, America - Free Image on Pixabay - 159463 (2688)

 9日の東京株式市場を「トランプ・ショック」が襲った。刻々と伝わる米大統領選の開票速報を受けて日経平均株価は乱高下し、一時、前日比800円超安まで売られた。
「まさか」「信じられない」ーーー市場関係者の予想に反する結果となったアメリカ大統領選挙。トランプ氏の優勢が疑いようもない事実となった11月9日の午後、投資家の不安心理が一気に高まり、株価は暴落。東京株式市場は“トランプ・ショック”の激震に見舞われました。
トランプ大統領が選挙で優勢と伝えられた直後に起きた「日経平均株価の下落」は記憶に新しいでしょう。
平均株価の下げ幅は500円までに拡大し、インターネットを揺るがせました。
売りが売り呼ぶ展開になり「トランプショック」という名称が生まれました。

破天荒な発言が話題を呼ぶ、トランプ大統領。
今後も影響を与えることは間違いありません。
Free photo: Chili Pepper, Red, Spicy, Drying - Free Image on Pixabay - 621890 (2692)

●ロボット・VRの分野

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「IoT」って何? 生活のモノにインターネットが導入されると私達の働き方はどう変わる?

「IoT」って何? 生活のモノにインターネットが導入されると私達の働き方はどう変わる?

「IoT」は「Internet of Things」の略でパソコンやスマートフォンなどの情報通信機器を超え、全てのモノにインターネットがつながる事です。ライフスタイルやビジネスに大きな影響を与えると話題を呼んでいます。
socialzine管理部 | 189 view
正社員副業はできるのか?禁止なのか?アルバイトや在宅仕事もありますが、本業に支障がないようにしましょう

正社員副業はできるのか?禁止なのか?アルバイトや在宅仕事もありますが、本業に支障がないようにしましょう

政府の発表により正規雇用の副業は原則禁止から原則容認に変わります。アフィリエイトなどいろいろな副業がありますが、どのように私達の社会に関係するのでしょうか?
socialzine管理部 | 416 view
10年後に消える仕事をしていませんか? ロボットや人工知能に奪われる未来は間近……

10年後に消える仕事をしていませんか? ロボットや人工知能に奪われる未来は間近……

レジやタクシーの運転手などが10年後に仕事を失う。 ロボットや人工知能に仕事を奪われる未来。 それが現実に起ころうとしています。 今まで人間にしかできない仕事がロボットや機械に奪われようとする。 何が起こっているのでしょう?
socialzine管理部 | 208 view
AI時代「食いっぷち」のある人|6割以上の仕事が存在危機

AI時代「食いっぷち」のある人|6割以上の仕事が存在危機

5年後か10年後か20年後か、いずれAIとの共存で、仕事の65%は存在しないものになると言われています。では、AI時代でも、生き抜ける「人」はどんな人なのでしょうか。「AIで無くなる仕事があるのではなく、人が受け持つ割合が変化」するのが、本当の意味だといいます。機械が苦手な4つはどんなことなのでしょうか。
SOCIALZINEの志水 | 805 view
いまさら聞けないマイナンバーの仕組み 経理や人事担当者なら即座に答えたい確定申告にも必要な知識をチェック!!

いまさら聞けないマイナンバーの仕組み 経理や人事担当者なら即座に答えたい確定申告にも必要な知識をチェック!!

2016年1月からスタートしたマイナンバー制度、確定申告の書類でマイナンバーの数字を集めた経理・総務・人事の担当者も多いのではないでしょうか?しかし、マイナンバーの仕組みをきちんと説明できる人はまだ少ないかもしれません。企業や担当者ならきちんと理解したいマイナンバーの制度。一緒に確認しておきましょう。
鈴木康平 | 213 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平