2018年5月15日 更新

「第4回上方落語若手噺家グランプリ」大阪・天満天神繁昌亭で開催!

「上方落語若手噺家グランプリ」をご存知ですか。このグランプリは、入門4年目~18年未満の若手噺家(はなしか)を支援するプログラムとして、若手40人を対象に、2015年から始まりました。6月19日に開催される決勝戦に出場する若手噺家をピックアップしてみました♪

62 view お気に入り 0

桂米朝一門の女性落語家桂二葉(31)

桂二葉さんは、1986年生まれの若干26歳。
京都橘大学文学部を卒業後、2011年に桂米二師匠に入門。

京阪神エルマガジン社 「SAVVY」にてコラム連載中で、 定期的に自身の落語会「によによチャンネル」も動楽亭で開催している噺家さんです。
趣味は、お絵かきのほか、おさんぽやくだものについてるシール集めだという。
くじ引きで1番手に決まった二葉は「嫌です。めちゃめちゃ嫌ですね…。しょうがないですけど」と意気消沈。ライバルを問われても「私、一番だからたぶんアカンと思うんですけど…」と弱気に話した。

世界のナベアツこと桂三度(48)

世界のナベアツが芸能界から消えたと思っていた人も少なくないのでは?
消えてません。しっかりと落語家に転身していました。

決して若手ではないのではと思いますが、
6月4日の月曜日は紀尾井小ホールで「桂三度と素敵なゲストによるめっちゃええ落語会3」が開催予定です。ゲストには、東野幸治さんと、天津木村さんが高座にお目見え。
かなり豪華な顔ぶれです。

入門17年目の桂ちょうば(39)

的確にお客さんの笑いのツボをおさえる桂ちょうばさん。

関西ではテレビのレポーターとしても活躍しています。

また約3日に1回の割合で、各地での落語会に参加し古典落語を披露している毎日を送っている噺家さん。

趣味はギターや昆虫採集なんだそう。

桂三四郎

桂 三四郎さんは1982年生まれの34歳。
六代桂文枝の13番目の弟子として活躍しています。

ハリウッドやインドネシアで落語してきた世界規模の落語家と豪語している噺家。

【落語】桂三四郎「竹の水仙」

林家染吉

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部


おすすめの記事

今注目の記事