2017年10月1日 更新

「プレイボーイ」創刊者ヘフナー氏、死去|”PLAYBOY”哲学のまま生きた彼が遺した名言

米「PLAYBOY」の創刊者、ヒュー・ヘフナー氏が27日、91歳で老衰のため亡くなりました。公式サイトには現在「人の夢を生きるには人生は短すぎる」という彼の言葉が掲載されています。彼は1953年12月に同誌を創刊し、現在20カ国以上で販売される人気雑誌に。最も長く1つの雑誌の編集に携わったとしてギネスブックにも載っています。父の死を受け、息子のクーパー氏は、偉大な父の功績を、声明文の中で称えました

467 view お気に入り 0
米男性誌「プレイボーイ」の創刊者で実業家として知られるヒュー・ヘフナー氏が27日夜(現地時間)、91歳で死去したことがわかりました。
プレイボーイ・エンタープライゼズの発表によれば、死因は「老衰」で、愛する人々に囲まれて米カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅(「プレイボーイ・マンション」の名で知られる)で息を引き取ったとのこと。米ハリウッド・レポーターなどが報じています。
 (54075)

「人の夢を生きるには人生は短すぎる」

「PLAYBOY」誌のTwitterアカウントには、「人の夢を生きるには人生は短すぎる」というヘフナー氏の名言が添えられた写真ととともに、「アメリカの象徴であり、プレイボーイ誌の創刊者であるヒュー・M・ヘフナーが今日この世を去りました」と投稿されました。↓↓↓
「性は金になる。」そう確信していたヒュー・ヘフナーは『PLAYBOY』を発刊し大成功。美女を愛し自由に生きた彼には31歳の妻もおり、そちらとは「赤ちゃんを望んでいるのでは?」と囁かれていたが、それは叶わぬまま米時間27日に他界した。

マリリン・モンローの隣に埋葬

また『デイリー・エキスプレス』誌は、ヘフナーは生前、『プレイボーイ』創刊号の表紙を飾ったマリリン・モンローのお墓の隣のスペースを1992年に購入しており、そこに埋葬されると伝えています。↓↓↓
ヘフナーは、1962年8月5日に36歳という若さで死去したモンローととても親しくしていて、モンローは1953年にPlayboy誌の創刊号で表紙を飾り、その中身ではヌード姿を披露している。
▼マリリン・モンローが表紙の創刊号
ヘフナーは、モンローが表紙を飾ったこの創刊号が1番のお気に入りだと語った。実は、ヘフナーとモンローは、彼女の生前ロマンスを噂されたこともある。ヘフナーは2回の結婚を経験し、何人もの女性と交際してきたが、それでもモンローの隣に埋葬されたいという強い思いを持っているようだ。
74 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん