2018年2月28日 更新

心底ナゾな婚活イベント開催決定!|電車内の振る舞いでマッチング?

最近は色んなタイプの婚活イベントが催され、出会うことよりもそのテーマ性に注目が集まるケースも多い。さすがにもう驚くような設定は無いかと思いきや、「赤い糸電車」なる新しい婚活サービスが開催されることになりました。

60 view お気に入り 0

電車内の振る舞いでマッチング!?ナゾの婚活イベント開催決定

 (77724)

電車の中での振る舞いがぴったり合う運命の人にマッチング
結婚応援イベント「赤い糸電車」を開催
東京都交通局は、東京さくらトラム(都電荒川線)に親しみを持っていただくとともに、新たな出会いの場を設け、交流を図っていただくことを目的として、結婚応援イベント「赤い糸電車」を平成30年3月17日(土)に、懐かしい都電車両を展示している「都電おもいで広場」内で実施するのでお知らせします。
最初にこのニュースを見たときの衝撃と言ったら……。

純粋に「無理だろう!」と思ってしまいました。

だって電車内の振る舞いでマッチングですよ?どうやるんですか?

電車内の車両を貸切るの?でも貸切ってしまっては振る舞いもクソもないだろう。

そこで筆者が想像したのが……

おばあさんや妊婦、騒がしい子供などの刺客が現れて妨害してくる!

 (77726)

と考えたわけです。

そしてその不足の自体にどうスマートに対応するか。

それを見ることで、理想の振る舞いを探し、マッチングを狙うのではないか、と。

これは面白い!ぜひとも参加してみたい!

そう思い、詳しく調べてみたところ……。
電車内での振る舞いをテーマにした設問に答え、同じ回答を選んだ相手の数の大小によってマッチング度を診断します
いや、当然と言えば当然なんですけど、すっげぇ普通で、しょうもないマッチングでした!!

なんだそりゃって感じですよ。

勝手に期待値を上げた自分が悪いとはいえ、がっかりです。

「赤い糸電車」のコンセプトを改めてまとめると……

 (77729)

小さなお子様や年配者への心地よい優しさや、作り込まれていない自然体での気遣いなど、他人同士が一緒に過ごす電車内での些細な振る舞いには、その人の人柄が少なからず現れるはずです。
そんな普段の所作の好みが合えば、ずっと一緒にいたくなる、運命の相手も見つかるかもしれない ――
いや、わかるんですよ、言わんとしていることは。

でもそれを試す方法が雑すぎる。だってただWeb上で設問に答えるだけですからね。

ウソの答えだってできちゃうじゃないですか。

もっと本性を暴いていかないとダメなのに……
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ほっこり】フランスで列車内出産!日本とは違い美談に

【ほっこり】フランスで列車内出産!日本とは違い美談に

少し前のニュースになるが、電車内で子供を出産するという事態が、日本で起こりました。当時は賛否両論で、あまり良くない印象で広まったニュースですが、フランスでも同じようなことが起こり……
山岡ソースケ | 60 view
貧困が招いた悲劇?|最終電車に抱きついた男を逮捕

貧困が招いた悲劇?|最終電車に抱きついた男を逮捕

アベノミクスだなんだのと言っているものの、一般的なサラリーマンに関してはなかなか景気の良さを実感できない今日この頃。そんな真綿で首を締めるような貧困が招いたのか、変な事件が起きています。
山岡ソースケ | 144 view
チカン、あかん!その対策方法に関する何とも言えない脱力感

チカン、あかん!その対策方法に関する何とも言えない脱力感

痴漢は卑劣な行為であり、絶対に許してはいけないし、させてもいけない!のはもちろんなのですが、その対策方法に関して、なんとも珍妙な意見があったので取りあげてみます。
山岡ソースケ | 77 view
過剰すぎる日本の注意放送。求めているのは誰か?

過剰すぎる日本の注意放送。求めているのは誰か?

エスカレーターに乗れば「手すりにつかまって」、電車にのれば「傘などの忘れ物に気を付けて」など、日本の注意放送はそんなところまで言うか!?というぐらい丁寧で、どこか過剰すぎるレベルとも言える。こうなってしまった背景には、どんな理由があるのでしょうか。
山岡ソースケ | 99 view
電車の中スマホを触る人「70%弱」気になる隣のスマホ|みんなは“何”を見ているのか

電車の中スマホを触る人「70%弱」気になる隣のスマホ|みんなは“何”を見ているのか

隣の人も、目の前に立っている人も、電車の中でほとんどのひとが触っている「スマホ」。実際に一体みんな“何をしているのだろう”、そう思ったことはありませんでしょうか。隣を「チラ見」してみた経験もあったり……。ヴァリューズ「電車の中での行動調査」をモトにして紹介されている記事から、気になる「みんなは何を見ているか」をご紹介いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ