2018年8月14日 更新

ドラゴンボールの「重力室」が再現!”高いG”で運動能力アップ「超サイヤ人誕生?」と驚きの声

大人気アニメ「ドラゴンボール」で、主人公・悟空が「重力室で修行」するシーンを覚えておられるでしょうか?同じように”高いG”(重力)をかけた状態で、運動負荷をかけると・・運動能力が向上するという結果が実験的に確認されました!この発表は、中部大学の研究によるもの。実験を知った人から「超サイヤ人生まれちゃう」と驚きの声が上がっています。今回の成果により今後アスリートの練習への応用も期待されているようです

282 view お気に入り 0

「ドラゴンボール」流トレーニングで運動能力が向上?

「ドラゴンボール」で、ナメック星に向かう途中の悟空が、重力室で修行をするシーンを覚えておられるだろうか。あれと同じように、高いGをかけた状態で運動負荷をかけると、運動能力が向上するという現象が実験的に確認された。
 (93301)

「ドラゴンボール」より

人気アニメ「ドラゴンボール」には、主人公の孫悟空が「重力室」で修行するシーンが登場。
この発表は、中部大学の工学部ロボット理工学科平田豊教授らの研究によるもの。
▼同大学は「重力室の効果を再現した」としています。
中部大学工学部ロボット理工学科の平田豊教授は、地上の重力である1Gを上回る「過重力」状態にすると、人間の運動学習能力の一部が高まることを確認した。7 月下旬に同大学が発表した。
 (93323)

※写真はイメージです
▼中部大学の公式HPでの発表はコチラ。
ちなみにドラゴンボールに出てくる重力室は10G(現実の地球重力の10倍)であるとか、20Gであるとかの環境で修行をするためのものだが、流石に研究に使われたのはそこまでのものではない。2Gである。
 (93324)

実験では、遠心力を利用する過重力付加装置を使った。装置を使うと、通常の重力と遠心力を合わせ、2Gの重力加速度を体軸方向に付加することができる。
被験者4人は、2Gの過重力環境下で視界が左に約17度ずれるプリズムゴーグルを装着し、タッチパネル上の赤い円を正確に指差す訓練を行った。
 (93326)

※写真はイメージです
この結果、「1Gでは正確な位置を示すまでに約60回かかったが、2Gでは約20回まで短縮できた」という。効果は実験に参加した全員に確認されたと発表している。
 (93322)

過重力でパワーアップ!
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

野沢雅子「本音でハシゴ酒」で“悟空語”誕生秘話を語る!いつまでも張りのある声を保つ秘訣は?

野沢雅子「本音でハシゴ酒」で“悟空語”誕生秘話を語る!いつまでも張りのある声を保つ秘訣は?

8月17日放送の「ダウンタウンなう」にて、恒例の「本音でハシゴ酒」企画が行われました。ゲストは、声優界のレジェンド・野沢雅子さんが出演。野沢さんといえば、鳥山明の超人気コミック「ドラゴンボール」の悟空をはじめ、これまで演じてきたキャラクターは300以上!番組では“悟空語”の誕生秘話など、逸話が明かされました。また御年81歳の野沢さんが、いつまでも元気に変わらない張りのある声の秘訣について迫りました
空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

”歯に衣着せぬ”率直な物言いが、何かと話題の社会学者の古市憲寿。メディアやSNSなどで、度々”炎上”騒ぎを起こしていますが、本人は、いつも変わらぬ姿勢を貫いています。バラエティ番組では、密着取材が組まれ、幅広すぎる交友関係や、嫌いな人への持論も紹介され、注目を集めました。一見”ドライすぎる”ようにも見える発言に対し、視聴者からの”共感の声”が集まる理由とは?“炎上履歴”を振り返りながら読み解きます
子どもに習い事をさせてみたい人必見!「運動能力」を高める秘訣と注目の「ゴールデンエイジ」

子どもに習い事をさせてみたい人必見!「運動能力」を高める秘訣と注目の「ゴールデンエイジ」

文部科学省が、1964年から毎年行っている「体力・運動能力調査」によると、1985年ごろから現在に至るまで、子どもの運動能力の低下傾向が続いていると分かりました。実際に、現代では子供の運動能力低下は、怪我や事故につながるなど、深刻な問題となっています。実は、子供の年齢に応じて、運動能力が大きく伸びる重要な時期があるのだそう。そのタイミングで、どのように過ごせば、運動能力の発達につながるのでしょうか
芸歴78年目の声優、野沢雅子さん「ドラゴンボール」で2つのギネス記録認定!海外ファンからも祝福の声「ギネス認定式」では氷川きよしさんとも共演|2017年「バラエティで再熱!大ブレイク確実」な理由とは?

芸歴78年目の声優、野沢雅子さん「ドラゴンボール」で2つのギネス記録認定!海外ファンからも祝福の声「ギネス認定式」では氷川きよしさんとも共演|2017年「バラエティで再熱!大ブレイク確実」な理由とは?

テレビアニメ「ドラゴンボール」シリーズで、1986年の放送開始以来、放送中の「ドラゴンボール超」でも主人公・孫悟空役を演じ続けている声優の野沢雅子さん。同シリーズのゲーム版への出演で、2つものギネス世界記録に認定されました!今回ギネス記録に認定されたのは、「Longest time in the same videogame role(ひとつのビデオゲームのキャラクターを最も長い期間演じた声優)」と「Longest-serving videogame voice actor(ビデオゲームの声優として活動した期間の長さ)」の2つ。どちらの記録もアニメ「ドラゴンボール」シリーズのゲームでの受賞でした。認定式には、2月5日から新章がスタートしたアニメ「ドラゴンボール超」でオープニング主題歌「限界突破×サバイバー」を担当する歌手の氷川きよしさんが祝福に駆け付けたり、鳥山明氏からのお祝いのメッセージが公開されたりと会場は喜びに包まれました。お笑い界でも、野沢さんのモノマネをする芸人・アイデンティティが活躍するなど、大御所2017年の”再熱”大ブレイクの兆しがあるようです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事