2017年11月14日 更新

再生回数2000万回以上! 世界一優雅な”野獣”セルゲイ・ポルーニンの”肉体美”に隠された思い

従来のバレエ界の型にはまらない、若き孤高の天才ダンサー、セルゲイ・ポルーニン。全世界で2000万回以上再生されている動画が話題です。そんな彼の人生を追ったドキュメンタリー映画「世界一優雅な野獣」が7月15日に公開。その孤高の半生を辿り、彼のメッセージと共にご紹介します。ダンスシーンのみならず、天才として生まれた宿命からの挫折、そして再生への道と進む姿は、ひとりの人間ドラマとして興味深く描かれています

611 view お気に入り 0
毎週たくさんの新作映画が劇場公開されるなかで、知的好奇心を満たしてくれる、そして、心はいつでも熱くなりたい!と思う躍動感あふれるドキュメンタリー映画をご紹介します。

『セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』

従来のバレエ界の型におさまりきらない、若き孤高の天才ダンサー、セルゲイ・ポルーニン。そんな彼の人生を追ったドキュメンタリー映画が7月15日に公開されました。
予告編はこちらから。↓↓↓

映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』予告編

バレエダンサーというのは、一見華やかに見えても、肉体的にも精神的にも本当に過酷な職業。だからこそ、その努力が垣間見える鍛え上げられた肉体は、見どころ満載。スクリーンでじっくりと堪能してみませんか?

全身全霊のダンスはまさに鳥肌モノ!

ポルーニンは、バレエに興味がある人にとっては、とても有名なダンサー。知らない人もグラミー賞にノミネートされた大ヒット曲、『Take Me To Church』のMVで彼の姿を見たという人も多いかもしれません。(ちなみに私もこのMVで彼のことを知りました。)

早速、観てみましょう。↓↓↓

Sergei Polunin, "Take Me to Church" by Hozier, Directed by David LaChapelle

この動画は、2015年2月にYouTubeで公開されて以来、これまでに2000万回以上視聴されるほど注目されています。
 (40086)

真っ白い倉庫風の建物。

差し込む光の中で、優雅に回転したかと思えば、驚異的な跳躍から、一気に床に倒れ込み、身をよじって苦悶する姿・・・
王子様のような高貴さがありながら、野獣のような破天荒な一面を持ち合わせているギャップも魅力ですが、もうひとつ注目すべきは、逞しくてしなやかさのある筋肉を持った理想の肉体美。
映画公開に先立つ4月末、天才ダンサー・ポルーニンが来日。記者会見と『Take me to church』をライブで踊ったトークイベントが行われました。孤高の半生を辿りつつ、彼の言葉をご紹介します。
 (40103)

ウクライナの貧しい家に生まれ、13歳でイギリスへ

1989年、ウクライナの貧しい家庭に生まれた彼は、4歳から体操を始め、その傑出した身体能力と「踊るのが好き」という本人のきわめてシンプルな想いから、天性の才能を、たゆまぬ努力で開花させ、13歳でイギリスに渡り、名門、英国ロイヤル・バレエスクールへ入学。

そして、彼は飛び級を繰り返し、数々の世界的な賞を総なめにします。
67 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

世界の名峰に挑む登山家やXスポーツに挑むアスリートに迫った「ドキュメンタリー映画」が凄い

世界の名峰に挑む登山家やXスポーツに挑むアスリートに迫った「ドキュメンタリー映画」が凄い

世界の名峰に挑む登山家やエクストリームスポーツに挑むアスリートに迫ったドキュメンタリー映画「クレイジー・フォー・マウンテン」が日本でも上映決定!昨年、オーストラリアで、興行収入150万ドル超え、ドキュメンタリー部門で1位の大ヒットを記録。世界の映画祭でも喝采を浴びた本作から貴重なショット写真の数々や、新たに解禁された雪山を優雅に飛びながら滑る「カイトスキー」を楽しむスキーヤーの姿を捉えた映像も必見
グリーン・デイがアクシデントを奇跡に変えて6万人と「ビバ・パンク・ロック」!

グリーン・デイがアクシデントを奇跡に変えて6万人と「ビバ・パンク・ロック」!

昨年10月7日に待望の新作「レボリューション・レディオ」をリリースし、全米・全英アルバム・チャートで見事1位を獲得した「グリーン・デイ」。現在、ワールドツアー中ですが、そのライブ中に起きたハプニングを見事な方法で対処したと話題になりました。6月24日にドイツのSouthsideフェスティバルに出演した際、なんと電源が落ちてしまい・・6万人を超えるファンに向かって呼び掛けると、ある奇跡が起こりました
美人モデル・滝沢カレンの”不思議な日本語”に、なぜかハマる?

美人モデル・滝沢カレンの”不思議な日本語”に、なぜかハマる?

“日本語が変な美人モデル”として話題の滝沢カレンさん。父がウクライナ人、母が日本人のハーフ。24年間ずっと日本で育っているにも関わらず、英語が話せないという彼女。日本語ネイティブなはずなのに、なぜか変なカタコト語を使うという個性的なキャラで人気を博しています。そんな彼女が繰り出す”抱腹絶倒の発言”は、結構鋭く、時には共感することも・・?名言が飛び出していく“カレン節”を、まとめて紹介していきます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん